ある日、森の中(恋する暴君)に 迷い込んだ、哀れなウサギさんの萌叫び・・・
森永君について・・・

非公開コメくださったP様へのレス記事です。
思い当たるP様のみお読み下さいませ~m(__)m


P様★

<隠しますのでドラッグしてお読み下さい m(__)m>

コメントありがとうございました。
Pさんとたぶん同じ気持ちなんだと思います。
私もまだ、ウソをついて真崎さんに会いに行った
森永君のことが許せない気持ちなのです。

許せないと言うと僭越ですね;;
当事者の兄さんでしかそんな言葉は使えないはずなのに。

兄さんと森永君の間で
その話し合いがないままなので
モヤモヤが残ったままなのです。

せめて・・・
兄さんが森永君に「もういい」と言ってくれる
(もういいさ・・・)と思ってくれる・・・

7巻の書下ろしが森永君側の話だったから
8巻の書き下ろしは兄さんの気持ちがわかる
エピソードだったらいいのにな・・・と思います。

磯貝さんとの電話で
あんなに悔しがって哀しがって
居た堪れない思いに駆られていた兄さんが
どうやってその気持ちを克服したのか・・・

森永君を受け入れると決めた
兄さんの気持ちの軌跡が知りたいです。
それを知れば吹っ切れる気がするんですよね。

でも、他のファンにとってはもうそれは
済んだことだろうし・・・
もっと読みたいエピソードがあるんだろうな・・・。

いつまでもそこに引っ掛かってる自分って
なんなのって思う・・・。
森永君ファンにしてみれば
アンタ何様?って感じかもです・・・orz

兄さんはそのことに関しても全部含めて
森永君を受け入れたんだろうし・・・
済んだことを蒸し返すなんて兄さんらしくない
これでいいんだよ・・・
二人が幸せならそれでいいじゃん・・・
兄さんがいいならそれでいい・・・

私もそう自分を納得させようとするのですが・・・

現実でもそういうことってありますよね。
当人達は納得してても第三者であるこっちが
納得いかなくていつまでも拘ってるって;;
第三者で入り込めないから余計モヤモヤしちゃうんだね。
漫画の中のことだからさらに入り込めないし~orz

えっと・・・なんだろ・・・?
女々しいこと言って蒸し返さないのは
カッコいいけど、兄さんの弱いところや
ダメなところ見せてもいいとも思う。
見せてくれとも思う・・・。

兄さんがぐじゃぐじゃになって苦しむのは
辛いけど、一緒に悲しんで一緒に悔しがって
一緒に克服したかったなぁ・・・と
思うんですよね。


森永君はハンターだというのは・・・
そこはちょっと意見が違うかもです。

森永君は自分だけの
<一人>を求めてたんだと思うのです。

森永君があんまり幸福な子供時代を生きてないという
勝手な妄想が前提なので、ただの願望に過ぎませんが
自分だけを見詰め自分だけを思ってくれる
自分も我を忘れて愛せる
この世でたった一人の誰かを探してたんじゃないかな?

そういう意味ではハンターだけど
この人こそって確信できれば
一生その一人だけを愛し続けるタイプの
一途な人間だと思うんです。
7巻の書き下ろしはそういう
森永君の恋の本質を見せた話だと思います。

ただ確信が持てないと
あっさり手放すことも厭わない
自棄になれば自分を汚すように奔放にもなれる・・・
言葉なり行為なり絶対の意思表示がないと
不安になったり揺らいだりするのは
森永君の家族や真崎さんが落とした
森永君の影の部分だと思う。

そういう影の部分があるから森永君は
兄さんに惹かれたのかもしれないし
兄さんに愛されたいと願ったのかもしれない。
森永君の兄さんへの思いは
手に入れたからそれで叶ったと喜べるほど
単純じゃないんだと思います。
兄さんは・・・あのとおりの人だし;;
兄さんはあのままでいいですけど ←激甘;;

それではまた気軽にコメント下さいませ~
ありがとうございましたーm(__)m





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する