ある日、森の中(恋する暴君)に 迷い込んだ、哀れなウサギさんの萌叫び・・・
トリック・オア・トリート~2

             仮装2-3-B



「・・・センパイ・・・
 この仮装・・・なんか悪意を感じるんですが
 気のせいでしょうか?」

「悪意とはなんだ? 2時間も掛けて描いてくれたんだぞ」

「・・・それって先輩に1時間45分、オレ15分って内わけでは?」

「・・・たとえそうだったとしても気にするな
 似合ってるから」

「似合ってます? ミイラ男?
 最初、フランケンシュタインの怪物にするつもりだったらしいですよ
 なんでやめたんだろう?」

「お前は童顔だからな ごつい顔にするとお前に見えなくなったんだろ」

「このほうがオレだか誰だかわかんないですよー」

「ごちゃごちゃうっさい 夜が明けるまでのことだ 我慢しろ!」

「先輩がそういうなら・・・」

「じゃ行くぞ! 合言葉はわかってるな」

「トリック オア トリート!」

「酒か 餌食か ・・・だ!」

「センパイ なりきってますね!
 あ・・・オレ 見えないんで
 手を繋いでてくださいね

「・・・(-"-;)



***** 楽しい夜を・・・ *****





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する