ある日、森の中(恋する暴君)に 迷い込んだ、哀れなウサギさんの萌叫び・・・
剣士&隠密<3>

10月になっちゃいました。
9月はとうとう3つしか記事が更新できなかった・・・すみません;;
それでも通って下さった方コメ下さった方、ありがとうございますm(__)m
エピローグも迫ってきてちょっと気持ちが萌えてきましたww
なのでがんばってお絵かきしてみました。

剣士&隠密<2>の続き~です。
えっ・・・と完結しとりません;;^^)
続きがあるかどうかもわかりません。
お先真っ暗なお絵かき妄想~

え・・・とこういうありえない設定がありますので;;
何でもありの寛容な方のみどうぞ~

隠密森&宗様9C
(こころを澄ませば・・・見える・・・!)

隠密森&宗様D2
(そこだ!!)

隠密森&宗様E3
「見事です・・・宗一殿・・・」

隠密森&宗様F3
(・・・何処へ行った?)

隠密森&宗様G2
(この血では・・・生きてはいまい
 殺さずともよかったのに
 なにを俺は血迷って・・・)

隠密森&宗様H2
「わぁー!」(・・・・・・!)

隠密森&宗様I2
(ばかな・・・?!
 この季節に桜など咲くはずがない・・・

 そもそも これは
 桜の樹ではない・・・

 これも・・・あの隠密のまやかしか・・・)



*** つづく かもしれない ***



ども・・・
期待してくださった方の期待を裏切った感のあるエロ気の無さ・・・(冷汗)
つづきはなん~~~~も考えてません・・・;;
ってか今回もこうなるとは絵を描き始めた時には予定してなかったというか~はは(乾いた笑)
いやなんてゆ~か・・・兄さんを「ちゃん」って呼ばせたかったって言うか~ww
おかっぱ頭のちっさい兄さんを描きたかっただけと言うか~wwww

お粗末さまでした~~~~((((((((((逃亡(;;^^)⇒


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する