ある日、森の中(恋する暴君)に 迷い込んだ、哀れなウサギさんの萌叫び・・・
ずっと・・・

兄さんの日です。


手にキスA

森永君の恋は
叶ったんだな・・・

でも
兄さんの思いは
叶ったんだろうか・・・?

「初めて好きな人とひとつになれた気がする」

・・・と
森永君が言ったとき・・・
正直・・・寂しかった。

森永君が言いたいことはわかる。
体を繋げても心が繋がっていない・・・
そんな満たされない気持ちをずっと抱いていたんだろう・・・
真崎さんに恋している時から。

でも
兄さんは
真崎さんと違う。

兄さんの心の中には
森永君以外の誰の影も無い。

兄さんが森永君に抱かれていたのは
森永君を離したくないという
がむしゃらな思いだけ。

そのために
セクシャリティの壁も
アイディンティティの山も
とっくに飛び越えてた。

その思いは不器用で無自覚で
それゆえに
一途な思いをあるときは踏みにじり
酷く傷つけもしたけれど

それでも
兄さんは
森永君に抱かれているとき
いつも誠実だったと思う。

森永君がどんな抱き方をしても
兄さんはそれを受け入れてきた。


<膝ぐりぐり>もね。
なんかすごくぞんざいに見えて、私は好きじゃないけど
でも兄さんが許すならしょうがないのか・・・?
plan・11のエチシーンに関しては
もっと書きたいことあるんですが・・・
今回だけはブラックになってほしくなかったな・・・とか
でもどう書いても森永君を悪く言っちゃう気がして困ってる・・・;;
森永君、好きだよ。好きだから困ってる・・・



閑話休題。

兄さんは
森永君が真崎さんと完全に離別したことをまだ知らない。
森永君が嘘をついてまで真崎さんに会いに行った理由も
納得はしてない。

森永君が「怒ってる」との思い込みは
(オレ 森永に嫌われたのか?)ってことだし

だから
兄さんは必死なんだ。
必死だったんだ。

森永君が望むなら
兄さんはどんなことだって
したかもしれない・・・

それくらい
兄さんの思いは熱く激しい。

だから

「ずっと・・・思ってくれてたんですね」

って言って欲しかったな・・・

ずっと・・・
ずっと前から

森永君が
兄さんに告白する前から
兄さんは森永君のこと
大好きだった・・・

気づいてあげて欲しい

兄さんの恋


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する