ある日、森の中(恋する暴君)に 迷い込んだ、哀れなウサギさんの萌叫び・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は森永君のお誕生日ですー★
7月5日・・・

森永哲博くん、お誕生日おめでとう~

今年は愛しき巽宗一先輩から
お祝いしてもらえると思います。良かったね~*^^)


森誕生日1Aケーキ

「え・・・これ・・・なんですか?」

「何って・・・ケーキに決まってんだろ!
 ろうそくは忘れちまったけど」

「ケーキ・・・
 ・・・え・・・?!
 バースディケーキ?! 
 もしかして
 先輩が作ってくれたんですか?!」

「土台はかなこに焼いてもらった
 オレはクリーム塗って
 チョコペンで似顔絵を描いただけだ」

「似顔絵・・・あ・・・
 これ オレの顔なんだ・・・?
 オレってこんな顔なんだ・・・;;
 ははは・・・」

「なんだよ? ヘタで悪かったな」 (拗ね・・・(*  ̄っ ̄)

「いえ! とんでもない 嬉しいです!!
 すっごく嬉しいです!!
 ありがとうございますー!!!!!」
 ヽ(*⌒∇⌒*)ノ::・'゚☆。.::・'゚★。.::・'゚☆。ワーイ!!

「んで これ誕生日と就職祝いと込みで」

「え・・・なんだろう~開けていいですかー?」

「ああ オレとかなこで買ったんだ
 選んだのはかなこだけどな」

「わ~~ネクタイだーーー
 似合います? 似合いますー?」

「ああ・・・まぁまぁだな」

「ありがとうございます!」

「んで 
 誕生日くらいお前が喜ぶことしてやれって
 かなこに言われてさ」

「オレが喜ぶこと?」

「家事もなんもみんなお前がやってから
 誕生日くらい労えってさ
 たく・・・あいつも生意気言うようになったよなー
 だからさ・・・
 いつも、ありがとうな」 (^^)ニコ

「先輩・・・」 (うるうる・・・*T▽T*)

「な、なんだよ 泣くようなことか・・・」 (照れ・・・(〃 ̄- ̄〃)

「先輩・・・オレが喜ぶこと・・・
 して・・・くれるんですか・・・?」

「ああ 一年にいっぺんの特別の日だからな
 なんでも言ってみろ
 オレにもできることにしろよ
 肩叩きとか
 あ、明日の朝食オレ作ってやろか?」 (それなりにわくわくo(^^o) 

「じゃあ・・・」 (わくわくうきうきどきどき)
( )( =)( = ̄)( = ̄∇)(= ̄∇ ̄)(= ̄∇ ̄=)vニィ♪

「なんだ?」

「耳を貸してください」

「ん?」

(ごにょごにょ・・・)

(・・・!!!!)

<ぐっ・・・さり・・・>

森誕生日ケーキ&出刃

(ぎゃああああああああ@@@@@@@@~~~~~~~~~~~~!!!!!!!
(((((T◇T)))))
 なんで出刃~????!!!!!・・・ 怖怖怖(;۞㊀۞;)怖怖怖

「さっさと切り分けろよ!」 凸( ̄ヘ ̄)

「はい~~~~~~;;
 頂きます~~~~~~~~;;
 美味しいです~~~~~~~」 ((((*T▽T*))))


問・・・森永君は兄さんに何をおねだりしたんでしょうか~???(笑)


ハッピーバースディ~森永君ー★
君の幸福を心から祈ってます~ホントだよーーーーーーー♪♪♪




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。