ある日、森の中(恋する暴君)に 迷い込んだ、哀れなウサギさんの萌叫び・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
回想シーンは・・・

今月また記事数が一桁で終わりそうなんで
ひとことだけ書いておこうと思います。
今、某E様の記事に拍手コメしたのと同じ内容なので
コメ読んだ人はあらためて読まなくていいです(笑)

plan・9・・・
兄さんが森永君との過去のえちシーンを
思い出す場面について・・・です。

まず初キスを思い出し
激しくゲロしたことは遠い過去のこと・・・ですか?www

おずおずとキスしたいと口にした
森永君の表情はちゃんと覚えてる兄さん・・・
気持ち悪いでしょと苦笑する森永君も覚えてる・・・

あらためてドキドキする兄さん・・・

ページをめくるとえらくセクシーに迫る
1巻の2回目のときの森永君です。

1巻をみるとここの森永君って読者には表情がよくわかんないんだな。
でも兄さんにはこんなにセクシーに見えてたんだな~

もっとも当時の兄さんがセクシーな森永君にドキドキしたかは疑問。
思い出してドキドキし出す兄さん。

もしかしたらセクシーだと感じるより
怖い・・・と感じたのかもしれないな・・・

いつものヘタレな後輩が他人に思える瞬間・・・こわい・・・抵抗できない

だから・・・ムリヤリ・・・キョウハク・・・

その次の森永君の笑顔・・・

兄さんの兄さんが吐き出したものを手に受けて
嬉しそうに笑う森永君・・・

1巻の兄さんの(・・・・・・)って何か感じてる答がここにあるんだね。

森永が喜んでる・・・

こんなことで?

森永君の喜ぶ顔・・・笑顔・・・兄さんは好き・・・だよね。

何してんだ・・・オレ

笑顔に魅入られ
その顔を傍に見ていられるなら・・・

そこまでして・・・?

3巻までの兄さんの行為は
たしかに兄さん自身は欲してないし
できればしたくないと思ってた・・・と思う。

森永君を

引き止めるため・・・

森永君を引き止めるためだけに
行為に応じてたとは思わないよ。兄さん。

兄さんは森永君の笑顔が見たかったんだよ。

森永君が嬉しそうに笑う顔が
兄さんはずっと前から好きだったんだと思う。

森永君を受け入れることが森永君を笑顔にするなら
兄さんにとって森永君との行為は苦痛でも恥でもなかったんだと思う。

兄さんが

ホモフォビアである兄さんが
今まで自分の行為に矛盾を抱かなかったのも
自分を壊すことがなかったのも

森永君が好き・・・という恋の自覚はなかったとしても
森永が喜んで嬉しそうに笑っているのは好き・・・って
気持ちがあったからだと思う。

でも

何度も何度も

その度に許し・・・

そうすることで兄さんの中の何かが確実に変っていく

回想のラストのコマ・・・

あれは6巻のえちシーンだと思う。
描かれなかった部分・・・
兄さんの中で封印されてた部分。

兄さんが欲しがった・・・
兄さんが求めた・・・

何度も何度も

「森永 もりなが もりなが」

何度も名前を繰り返し呼び続けながら

壊れかけた森永君のこころを呼び戻そうと
必死でその背を搔き抱きながら・・・

無我夢中で

あとさきもなく行為に没頭していた自分を
兄さんは今更ながら思い出してしまった・・・

兄さんをまさぐる森永君の指先を
兄さんのなかにいる森永君の熱や硬さを
唇の甘さを

その瞬間リアルに感じてしまって
そこに本人が現われたものだから・・・

兄さん、居たたまれなくなってしまって
席を立ち上がった・・・

俺は・・・
こいつと・・・

何度も何度も何度も何度も・・・

うん 兄さん・・・

ただ引き止めるためなら
笑顔を見たいためだけなら

何度も・・・する必要なかったよね。

ずっと
こうしたかったのか

まだ少しばかりためらいが残ってる気がする・・・

でももう・・・元には戻れない・・・ね・・・?

兄さん・・・

・・・

・・・

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/06/01(水) 03:27:07 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。