ある日、森の中(恋する暴君)に 迷い込んだ、哀れなウサギさんの萌叫び・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
兄さんのおののき×森永君の失望=7章、兄さんからの・・・の期待。

『7章plan・5』の感想追記(考察)です。
勝手なことほざいてます。ネガティブモードです。

実況感想は見開き単位で読みながら
初見の印象だけで書いてるので
あとで読み返して別の考えが浮かんだりします。

他のブロガーさんの感想読んで目からウロコが取れたり
チャットに参加して目も覚めるような萌えや
期待や勇気をもらったりします。

特にね。今回は兄さんの暴言に、頭の中ぐるんぐるんになって
二時間も逃避してますから~;;(こんなこと初めて;;)

今、実況読み返したら
「兄さん、酷い・・・森永君、可哀想・・・」って
兄さんを一方的に責めてるような感想になってた~;;

前回は森永君をめっちゃくっちゃ責めてた~;;
もちろん、噓を付いたことは今でも嫌ですけど
その噓の不器用さに憎めないんですよ;;

前回のラストからして、私が想像した最悪の展開は
兄さんがこころを閉ざすこと・・・だと思ってた。
でも実際はさらにその上を行くどん底の展開が待ってた(泣)

まさか・・・兄さんが森永君を傷つけてしまうとは・・・;;

本音をぶつけ合うのはだんまりよりマシだけど
兄さんが森永君を蔑む言葉を吐くのは嫌だ・・・・(;;T△T)
どんなに気を許した相手でも絶対言っちゃいけない言葉ってあると思う。

今までも兄さんの心ない言葉で
森永君がショック受けたり落ち込んだりしたことはあったけれど
兄さんがまったく恋愛脳でなかったことと
森永君の恋愛脳のおかげで救われてた気がします。

二人の愛情が別な方向に向いてるから
かえって上手く行ってたのかも。
というか、兄さんが森永君との関係性に
深く考えを巡らすことがなく
一緒にいることが当たり前と思っていたから
森永君も希望を持ち続けることが出来た。

しかし
その希望が今回無残に打ち砕かれてしまった。

今度は森永君の方がこころを閉ざしてしまうかもしれないと
新たな不安が過ぎる・・・。

真崎さんが促したように、今すぐ兄さんが森永君を探しに行って
抱きしめてあげられればいいけど・・・

・・・兄さんは行けない・・・気がする。

だって、森永君に何て声を掛ける?
なにを森永君に言ってあげられる?
自分の気持ちに何ひとつ折り合い付いてないのに。

いや何も言わなくても抱きしめなくても
森永君が気づいたときに傍に兄さんの姿があれば
それだけでも森永君は嬉しく思うかもしれないけども。

でも・・・<動けない>気がする・・・兄さんは。

(GUSHのあおりは嘘つきだとチャットでSさんに言われましたが~;;)

それに、現時点で兄さんは、自分の言ったことが
どんなに森永君を傷つけたか、わかってない・・・
というか、自分が何言ったか、ぜんぜんわかってない。
だから謝ることもできないのでは・・・?

「恋愛脳なのもいいかげんにしろ!!」

って兄さんの台詞聞いたとき
一瞬・・・え? 
兄さんなに言ってんの?!って思ってしまった。

(オレを恋愛対象として見るな!)って意味だと思うので
まんま受け取れば、森永君の思いを完全に拒絶する言葉。

でも裏を返せば
兄さん自身が森永君を『恋愛対象(性愛対象)』として意識し始めたってこと。
兄さんの脳が恋愛脳に変化しつつあるってこと。
その変化に気持ちが付いていけなくて慄いてるってこと。

兄さんはいつ森永君を性愛対象として意識し始めたのか・・・?

・・・森永君の背中に無数の掻き傷を見
それは自分が付けたものだと知ったときではないかと私は思う。

そのあと、森永君に抱かれた記憶の幻影に悩まされることになり
(plan・1にしかそういう描写はないけど
 7章の兄さんはずっとそんなんだったんじゃないかな?)

森永君の前で平然とした顔してても、普段どおり一緒に実験こなしてても
兄さんの体の奥で森永君を意識する気持ちが
日毎、膨れ上がっていったんじゃないかと思う。

でも
認めることはできない。
意識すればするほど
(違う!違う! そんなはずはない!!)
(オレはほもじゃない!)(森永とのことは契約だ)
(オレからやりたくてやったことなんか一回だってない!)

自分に言い聞かせ続ける。
そうでないと兄さんのアイデンティティが崩壊する。

そんな危うい状況のときに・・・真崎さんと出会う。

真崎さんとの再会を喜ぶ森永君を見る。
傍にいるにも関わらずその存在さえ忘れられた自分を知る。
真崎さんの美貌にちょっと気後れした(?)気持ちになる。
噓を付いてまで真崎さんと会っていた森永君を見る。

一緒にいる二人にショックを受ける自分に動揺する・・・

就職のことを隠し事された(これは誤解だけど、兄さんにしてみれば)
男子としてのプライドを踏みにじられた(これも誤解だけど、兄さんにしてみれば;;)
  これが決定打だった気がする・・・

二人が男女だったらもっと話は簡単だったのかな。

男性同士でも、肉体関係は全く無い間柄での
研究に対する純粋な経済的援助を持ちかけたんなら怒る道理はない。

「お前はオレをなんだと思ってるんだ」

今まで森永君に女のように抱かれてても
それを男として屈辱的な行為をされてるとは
兄さんは思ってなかったと思う。
兄さん、最強のほもフォビアなのにね。

なのに森永君に「経済的に支えたい」と言われて
男として<無能>の烙印を捺されたと思った。

森永君に惹かれ自分が自分じゃないものにどんどん変わっていく。
凄まじいまでの畏怖を感じてる。
それでも欲望は止められずどうしようもなくなってるその瞬間に
男としての自分を否定された・・・と思い込んだ。

森永君としては(先輩の力になりたい)
(自分ができることなんでもしたい)
ってすごく健気な願いなんだよ~。


「でも・・・最近は 気持ちがあったでしょう?
 先輩も少しくらいは・・・
 オレとの行為を受け入れてくれてた・・・よね?」


森永君の切ない一縷の望みを込めた必死な言葉も
兄さんの心臓を抉る凶器となってしまう。

「恋愛脳なのもいいかげんにしろ!!」

これは兄さんの本心ではない。
でも言った瞬間の兄さんの気持ちとしては
本音とも言えなくも無い。

森永君の言葉を肯定すれば森永君は喜んで
兄さんを抱きしめただろう・・・

そうやって今までのように欲望のままに流されるのを
兄さんは本気で怖れたんだと思う。
嫌だったんだと思う。

兄さんの悲痛な叫び・・・
望んでいるからこその激しい拒絶。

兄さんの頑なさが兄さんを裏切り・・・森永君を傷つける。

兄さんが自分の放った言葉の意味に気づくのはいつなんだろ?
その言葉が、森永君を絶望に突き落としたと知ったとき
兄さんはどんなに悔やみ苦しむだろう・・・

「オレが行く 今の君よりはなぐさめになる・・・」

真崎さんの言葉が、兄さんを駆り立てるための挑発だったとしたら
真崎さんはアパートを出た振りをして
兄さんが出てくるのを階段の下の影で待っているかもしれない。

でもなかなか出て来ないのに痺れを切らして
真崎さんが森永君を探しに行く・・・
なかなか見つからない。
やっと公園に辿りついた。

・・・しかし、すでに森永君の姿は無かった・・・

森永君、再び失踪か???!!!
いやいや1巻の二番煎じになるので、その展開は無いと思う。

でもこのままじゃ、森永君は
兄さんのいるアパートに戻って来れない。

兄さんのケータイにメールして(通話じゃなくてメール)
ヒロト君のところでも泊まらせてもらう・・・

え?ヒロト君ちじゃ危ない? じゃ山口君でもいいけど(笑)
いややっぱりヒロト君がいいな。
森永君がもし誰かに話を聞いてもらいたいと思ってるなら。

ヒロト君ならノンケに惚れた森永君の気持ちわかるし、なんか大らかに
「あほやなぁ~ そんな先輩さんの本心と違うに決まってるやん
 しっかりしぃ エンゼルくんらしくない そんな弱音~」(すいません;;大阪弁がしゃべれません~;;)

とかなんとか癒し系ボイスで言ってくれそう~
本気でヒロト君が森永君に手を出すことはないよ~私はヒロト君、信じてるよ~

兄さんが公園にいる森永君のところに
<走らない>こと前提に書いてますね。

すみません・・・;;
私がネガティブ思考ってこともあるけど

真崎さんの言うがまんまに
兄さんが行動するっていうのが嫌なんですよ~;;

真崎さんの言葉は正しい。
真崎さんの言ったように、兄さんが森永君を抱きしめれば
森永君の涙は止まるかもしれない。

いや・・・それじゃあまりにあっけなさ過ぎる・・・。

人に言われてその通り兄さんが動いて
それで仲直りしてえちしてハッピーエンド・・・?

だめだ・・・それじゃ何も解決してないのと同じだ。

真崎さんの言葉は兄さんの中に
何かヒントを与えてくれたと思う。

でも私としては
兄さんがちゃんと考えて感じて
後悔もして・・・苦しんで
それでも森永君を手放せないと覚って
森永君の傍に行ってあげて欲しいんだ・・・。

でなきゃ
森永君だって心の底から
笑顔になんかなれないと思う。

一度ね。
森永君にそっぽ向かれたらどう? 兄さん。(←鬼;;)

(森永に嫌われた?)
(森永がオレの傍からいなくなる?)

胸が張り裂けそうな思いをしなきゃ
森永君の存在の大きさに気づけないかもしれない。

今度は兄さんが森永君を追いかける番だ。

抱きしめなくても傍に立ってるだけでいい。
兄さんと森永君はそれだけでいいのだ。


***** 真崎さんへ *****

真崎さん、あなたは、わかっていない。
兄さんと森永君のことわかってない。
兄さんは、あなたみたいに誰かの身代わりに
森永君と関係したわけじゃない。
兄さんは森永君のこと、心の深い深いところで愛しく思ってる。
森永君とずっと一緒にいたいと思ってる。
ゲイじゃない兄さんが森永君にだけすべてを許してる。

あなたの国博さんも一緒でしょ?

国博さんのあなたへの執着もきっと同じだと思う。
兄さんが森永君のこと、放って置けないと思っているのと同じ。
国博さんもあなたのこと放って置けないんだ。
危なっかしくて可愛くて、傍にいたいと思ってくれてるんだ。
あなたが望むならあなたの望むようにしたいって
あなたの笑顔を見たいって思ってくれてるんだ。
だからさっさと国博さんのところに帰ってください。

森永君のことは心配しないで。
彼はどんなに絶望しても手首を切ったりしない。
二度と黙っていなくなったりもしない。
森永君に今必要なのはひとりの時間。
森永君もひとりで考えなきゃならないことがある。
二人には二人だけの時計がある。
それはじれったいくらいゆっくり進む時計だけど
それでいいんだ。
兄さんと森永君の間には何ひとつ矛盾なんてない。
二人を放って置いて。
あなたはあなたの幸せだけ考えて福岡行きの新幹線に乗ってください。

***** かしこ(笑) ******



チャットでも皆言ってたんだけど
7章のえちは<兄さんから求めて・・・>じゃないかって・・・

「オレがやりたくてやったことなんか一回もねぇ!」
という言葉が森永君の将来の希望さえ失わせたならば
その逆・・・兄さんから望む言葉でえちに・・・

たとえば~
「して・・・くれよ・・・」(間の楔OVA~byリキ)とか・・・

言葉より行動かな?
森永君の部屋に行くとか
部屋の鍵、そっと渡すとか・・・

兄さんからキス・・・兄さんからハグ・・・

兄さんから押し倒す・・・兄さんから乗っかる・・・
兄さんから・・・ないないないない~;;まだ無理~;;(←なにが;;)
20章くらいでよろしく~~~~~~~~~~~~~~~~(←だからなにが;;)

でも、たぶんそういう方向で
あちこちで<兄さんからの***>SSも上がるんじゃないかと思います。

期待してますからブロガーのみなさん、宜しく~~~♪

え? お前は書かないのかって?
いや・・・ほら、私は濡れ場担当じゃないから~;;~~~
 ((((((( ‥)ノ |EXIT|

最後までお付き合いありがとうございました
お茶して行ってね~




コメント
この記事へのコメント
あのまま数日が経ちました・・・となると真崎さん帰っているかな
こんにちは~だいぶん前にお邪魔させていただきました。
今回2回目か3回目ぐらいのコメントです。
私は割と今回落ち着いて見ていて、この二人が纏まる為には一度全てが壊れてしまうような状態になるんだろうな~と思っていたのでどちらかといえばキタキタ!という感じでした(森永くんゴメン)
私も兄さんがあの後すぐ動くとは思いません。自分の行動も理解出来ていないのに自分で納得しないで動く兄さんではないと思うからです。じゃあ森永をしばらく放置するのか・・・という事になるんだけど。
恋愛脳発言は私の中では恋愛対象としてみるなという意味ではなく森永くんが恋愛メインで就職のこと未来のことを考えていて、今兄さんが判断できる範囲を越えているんじゃないかと(恋愛経験値低いんで)思うのです。
兄さんがこれで森永くんがあんな状態なんでえちの方は兄さんがきっかけを作るんでしょうけど、兄さんの事だから6章の洗面所みたいに無意識に行動してしまうんではないかと毎日妄想して次号待ちしています。

では失礼します。
最近暴君ブログめぐりをしても皆さんツイッターに流れているみたいで色々な人の考察が見れずちょっと寂しかったんです。
考察みれてとても嬉しかったです。
2011/01/13(木) 14:23:17 | URL | うら #-[ 編集]
うら様~★
いつもありがとうございます!(^^)
私も兄さんの言葉にショックを受けながら、ストーリー的には
キタキタキターーーー!!よーーーし!兄さんもとうとう年貢の納め時だぜ~と
わくわくする気持ちもあって・・・ホント、ごめん森永君;;ごめん兄さん;;
そっか!恋愛脳発言!ありがとうございます~目からまたひとつウロコが取れました。
ホントに兄さんの判断能力超えてますよね。
「パートナー」として一生一緒にいたい森永君と、森永君に傍にいてもらいたい
兄さんの気持ちは同じようでいて根っこが違うので、森永君の思いを
ストレートに話しても、なかなか兄さんに伝わらない気がします。
でも一緒にいたい、一緒にいることが心地いいという思いは同じなので
兄さんがその気持ちを素直に受け入れられればいいのになと思います。
6章洗面所のシーンは兄さんの思いが何の囚われもなく表れましたよね!
ステキでした!!うんうん、あんなふうに自然に森永君を愛しいと感じて
そっと森永君に触れて欲しいなぁ~(*^^*)
きっかけは兄さんから・・・ですよね!期待が膨らみますねー。
これからも気軽にコメしてくださいね~ありがとうございましたー★
2011/01/13(木) 19:50:22 | URL | ぐらたん #Neb3My6c[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。