ある日、森の中(恋する暴君)に 迷い込んだ、哀れなウサギさんの萌叫び・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
気になる「書き文字」・・・BEST・1

「暴君」気になる書き文字・・・BEST・1



「恋する暴君」1巻

媚薬による****を・・・森永君に「お世話」してもらって・・・







 「あっという
    間でしたね」

   「薬のせいだろ?!」

・・・の横の書き文字・・・



     (いつもは

    もうちょっと・・・!!)




・・・いつも・・・????

いつも・・・してるんですか?? 

       ~~~~(^◇^;)~~~~~



そりゃ、若く健康な男子ですから・・・・当然といえば当然ですが・・・・

宗一兄さんが、「一人遊び」しているとこなんか、妄想すら出来ないというか・・・

それとも・・・・女性と????

ますます妄想出来ない・・・・(^^;)



森永君なら、15分置きにしていても納得できるけど・・・



宗一兄さんって・・・

そういうことから、物凄く遠い処にいる感じが私にはあったんで

この「いつもは」という書き文字台詞に、うわわわわわわわわ~~~~~~~~と

ジタバタ、ジタバタしてしまった~~~~~ (^^;)


森永君との、濃厚な♂♂を何度も覗き見して

その艶やかなお姿を、何度も何度も拝見しているにも関わらず、相変わらず私の中の

宗一兄さんのイメージって、「性」と結びつかない・・・・



そのギャップが魅力なんですけどね (*^^*)











コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。