ある日、森の中(恋する暴君)に 迷い込んだ、哀れなウサギさんの萌叫び・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
恋する暴君~第7章~plan・3~実況ネタバレ感想~★

ではさっそく行きますーーーー!
今回は前置き無し!!でも長いよ;;

「真崎と森永の再会。眼前の出来事に宗一は・・・。」

宗一は・・・?
(宗一って書くとなんか照れちゃう~~;;)
やっぱ「兄さん」よねぇ~~*^^*)

私の文で「兄さん」とあったらそれはもれなく
「巽 宗一」のことなので、よろしく~

ではGUSHめくります~~~あ、その前に目次確認。
暴君は2番目です。ならば慎重に・・・ぺらぺらぺら・・・

わ・・・;;

すっごい切ない・・・
タイトルページの兄さんの俯いた横顔・・・

「関係ねえし、見たくもねぇ。
 ---人の過去なんか。」


<目の前で、真崎の手を握る森永。
 自分以外を見つめる彼の表情を
 宗一は初めて見た・・・>


ダメだ・・・;;
タイトルページ見ただけで泣けてきそう・・・
いやマジで泣けてきたよ・・・(;;T◇T*)
こわいよこわいよぉ~~~ページがめくれないよう~;;

ちょっと気付にコーヒーを一口・・・はぁ~;;

じゃ覚悟して中に行かせていただきます・・・

plan・2のラスト・・・

真崎さんの手を握る森永君の姿を目にして
怒りの表情の兄さん、森永君の名を2回呼びます。

その2回目でやっと
兄さんの目の前であることに
真崎さんの両手をしっかり握っていることに
気付いた森永君。
あわてて真崎さんの手を離し
「この人は・・・っ」と説明しようとしますが

「聞いてたよ
 こいつが真崎なんだろ・・・!!」


という兄さんの言葉で遮られます。

森永君に手を取られた
真崎さんの横顔がちょっと可愛い~(悔しいけど(笑)

あっけに取られているような照れてるような・・・
でも兄さんに睨まれて真崎さんの表情にも不安が・・・

タイトルページの兄さんが哀しいほど美しくて
動転してしまいましたが
なんだかいつもの兄さんなんで
ちょっとホッとしてます;;
ちょっと元気出た!


つぎ!

「てめえ・・・
 何しに来たんだ・・・?」


いいね
いいね
いいね~~~~~~~~~

♪"Φ( ̄▽ ̄Φ)シャンシャン(Φ ̄▽ ̄)Φ"♪

兄さんのこういう噛み付きそうな顔ってイイね~~~~~~~~~~~~~!!

兄さんはぎりりと真崎さんを睨みつけてます!

森永君はとうぜん
兄さんが真崎さんに何か不穏なことを言ったり
したりすると思ったんでしょう。
兄さんを制止します。

兄さんに睨まれて
一瞬不安そうな表情を浮かべた真崎さん・・・
でしたが・・・

・・・ちょっと・・・;;
また真崎さんの別の一面を見た思いがします。

一瞬の不安そうな表情は瞬く間にかき消え
伏せ目がちの憂いのある表情で真崎さんは
森永君に突然押しかけたことを詫び

一番上のコマの真崎さんの表情が
(侮れないな・・・こいつ;;)と思わせます;;
なんでここでそんなセクシーな顔するの?!

「付き合ってる人がいるのは
 聞いて知ってたんだけど
 一緒に暮らしてるとは
 思ってなかったから・・・」


こんなことを他人から言われたら
兄さんとしてはとうぜん!

「つ、つ、付き合ってなんか
 いねーぞ オレはっ」
(くわっ)

 ↑
赤面しドモリ歯をむきだす兄さん★(可愛い~)恫喝力皆無;;

つぎ~

とんでもないことを言い出した兄さんに慌てた森永君。
真崎さんに「待ってて 帰らないでよ」と言い置いて

兄さんを玄関に押し込めながらドアを閉め
兄さんを説得に掛かります。

しかし・・・
真崎さんに「元気で良かった」とすべてを許そうとする
森永君の態度に納得がいかない兄さん。

「来てくれた・・・だと!?
 バカか お前は!!」

「なんでだよ?
 甘すぎんだろ!!」

「まず一発ぶん殴って
 謝らせろよ!!
 てめーが出来ねーなら
 俺が代わりに・・・」


臨戦態勢な兄さんをなんとか宥めようとする森永君。

「俺だって・・・思うことが
 ないわけじゃないけど 
 でも」


森永君の切なげな必死の表情。
兄さんは森永君の次の言葉を
じっと食い入るように待ってます・・・

つぎ・・・(だんだんめくるのが辛くなってきたよ・・・;;)

おお・・・森永君の説得が兄さんに効いたようです(珍しい~;;)

「今・・・わざわざ来てくれたのには
 何か意味があるんでしょう・・・

 オレも思うとこあるからこそ・・・
 聞きたいこと色々ありますし・・・」

「ぶん殴るかどうかは話を聞いてから決めます」

と言う森永君に兄さんは渋々
「・・・勝手にしろ」と臨戦態勢を解きます。

「ありがとうございます
 俺の代わりに怒ってくれて・・・
 安心して下さいね?
 今 オレが好きなのは
 先輩だけですから・・・」

「!!」


うんうん、それはちゃんと言っておかないとね!

つぎ~

あはははははっはっはっはははははははははっはhhh~~~~~!!

なんでここでいきなりギャグタッチ;;
(こういう展開が神過ぎます! ひなこ先生~★)つか

さすが兄さんだーーーーーー!!!!!

そう易々と森永君に丸め込まれる兄さんじゃないよね!
納得なんか全然してないよね!
そうこなくちゃ!!

「そんなことチリほども心配してるか!!
 オレが怒ってんのはそーゆーことじゃねえ!!」

   ↑
真っ赤になって叫ぶ兄さん。
可愛いなぁ~兄さんてばぁ~*^^*)

(ぎっ)とものすごい形相で真崎さんを睨みつける兄さん。
真崎さんも一瞬(ぎく・)と怯みます;;

「てめーも用が
 済んだらさっさと帰れよ!
 今日は見逃してやるが
 次に顔を見せたら
 ぶっとばすからな!!」


兄さんらしい素晴らしい啖呵を切って
兄さんは森永君を追い出し
ドアを閉めてしまいました;;

ちょっと・・・
森永君外に追いやってどうする気?
真崎さんと二人きりにしたらアカンじゃん;;

兄さんに叩き出されて涙ぐむ森永君・・・
そんな森永君に真崎さんの・・・鋭いつっこみが;;

「もしかして・・・
 少し好み変わった・・・?」


少し?(笑)
何もかもが真逆だもんね・・・。

つぎ~

森永君を追い出した兄さん

(あのバカ 
 あのバカ 
 あのバカ!!)


収まらない怒りに駆られて
部屋の中をどすどす歩き回ってます;;

(人がマジメに心配してんのに
 色ボケ野郎が!!
 お人好しが過ぎて
 又泣くことになっても知らねーぞ!!
 ・・・・)


ソファーにうつぶせた兄さん・・・

(あれが・・・真崎か・・・)

2巻で森永君の告白を聞いてから
兄さんの中で<真崎>という人間の存在は
どれくらいの大きさだったんだろう・・・?

どんな男かと想像してみたりしたことは
たぶん・・・
なかったんじゃないかと思うんですよね。

基本、他人に無関心だし
そういうことに想像力を働かせる性格ではないし・・・
そんな兄さんが

(なんつーか・・・あれだな
 いかにも・・・ってかんじの
 見た目・・・だったな・・・)


兄さんの目に真崎さんはどう見えたんだろ?
いかにもイケメンだとか思った?

たしかにね。
真崎さんは正統派のイケメンだけどね。

大丈夫だよ! 
兄さんの方が
ずーーーーーーーーーーーーーーと
何億倍も何兆倍も
魅力的だから!!
可愛いから!!(力説!!)


兄さんが気になるのはそんなことじゃないね;;

真崎さんを見た瞬間の森永君の顔を思い出し

(嬉しそうな顔・・・
 しやがって・・・)


だよねだよね!嬉しそうな顔しやがってーーーーー!!
けしからんよ!! まったくーーーー!!!!!!!!

つぎ~

(゚∇゚ ;)エッ!?

((゚m゚;)アレマッ!!

(◎_◎;) ドキッ!!


うわーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!

じたばたじたばたじたばたじたばたじたばた・・・・

あああああああああああ@@@@@@@@@~~~~~~

?工エエェ(゚〇゚ ;)ェエエ工!?

に、に、に、に、にいさ・・・にいさん~~~~~~~!!!!!!

その台詞・・・
ヤバイヤバイヤバイヤバイヤバイヤバイヤバイヤバイヤバイヤバイヤバイヤバイ
ヤバイヤバイヤバイヤバイヤバイヤバイヤバイヤバイヤバイヤバイヤバイヤバイ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


(あんな顔・・・
 オレにだって見せたこと
 ねえくせに)



~(゚〇゚;)~?????~(*0*;)☆ ~~~~~~~!!!!!

まるでしてるみたいだよ!!!!!!!!!!
兄さん!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


真崎さんの手を握った
森永君の映像が
兄さんの中にしっかり記憶されてしまったよう・・・

そんな兄さんを残して
けっこう広めの良い雰囲気のカフェで
真崎さんとテーブルを共にする森永君。

真崎さんと国博さんはやっぱりまだ
時々飲む程度な付き合いらしい。
それでもそうやって
真崎さんと国博さんに付き合いがあることに驚く森永君。

国博さんの離婚・・・
もしかしてそれは真崎さんに関係があるのかと
森永君も少しは思ったようです。

「言っとくけど それ
 オレのせいじゃないぞ」


たしかに・・・
国博さんの離婚は国博さん自身の問題・・・
真崎さんのせいではない。
真崎さんと再会する前に壊れていたことだし・・・

でもわざわざ「オレのせいじゃない」と言う
真崎さんがずるく見えるのは偏見かな?;;

つぎ~

がお~~~~~!!ー( ̄へ  ̄ 凸ー!

し、失礼しました;;
森永君の手の上に
真崎さんが手を置いたので・・・!

ちょっと!!真崎さん!!
森永君に気安く触んないでよ~~~~~~~(怒)って思ったもんで;;
(某M様の妄想が当たった~~~;;)

「もう・・・平気なのか」・・・と真崎さんを案ずる森永君。
「オレも国博も
 あの頃のままではないってことかな」
と暗い眼をする真崎さん。

真崎さんと国博さんとの間に何があったか
森永君には当然想像も出来ないだろう・・・

森永君の記憶の中には
涙を流して許しを乞うた繊弱な真崎さんしかいない。

そして真崎さんは
森永君が真崎さんの秘密を
ずっと守ろうとしてくれていたことに
「・・・ありがとうな」と礼を言いました。

そして・・・

がお~~~~~~~ー( ̄へ  ̄ 凸ー!

だから!!
森永君に触んないで~~~~~~~~!!!!!
なんだろ?
ものすごい嫉妬心めらめらめらしてきてます;;^^)
そ、そ、それ以上森永君に近づいたら
アタシがアンタをぶっ飛ばすからねー!
(ーーーー真崎ーーーーー!! てめ~~~~~~!!)←かなりマジ!

つぎ~

がお~~~~~~~~~~~!!!!!!!ー( ̄へ  ̄ 凸ー!
(また・・・;;すいません~;;)

真崎さんを嫌いではないけどね;;
真崎さんも苦しんでた・・・
傷ついた・・・
悔いてた・・・
それはわかってるつもり・・・

でも
森永君にそんなことしないでぇ~~~~~~~とか思っちゃった;;

5章で
過去の少年森永君と
真崎さんの抱き合う様子を見ても何とも思わなかった・・・
ああ、二人とも可愛いな~とも感じてた。

なのに
なんだろ・・・?
すっごいヤダ・・・;;
こんなのは見たくなかったな・・・というのが本音;;

森永君が真崎さんに手を取られてる・・・
それだけ・・・だけど・・・すごいヤダ・・・;;

・・・なので
次に行きます・・・
(真崎さんの謝罪の台詞書くのもヤダ・・・;;)←大人気ない;;

つぎ~

森永君がシェアハウスに帰ってきました。
兄さんはソファーにもたれたまま・・・眠っています。
テーブルには何本ものタバコの吸殻
ビールの空き缶・・・食べかけのつまみ(さきイカ?)

それを見て
「待っててくれたのかな」
森永君は兄さんを揺り起こそうとします。

眉根を寄せた兄さんの寝顔が・・・
なんだか苦しそうで(辛い夢見てそう;;)・・・

つぎ~

わお~~~~~~~ん!!!!!!!!!!

★.。・:*:・゚'☆ヽ(´▽`*)人(*´▽`)人(´▽`*)人(*´▽`)ノ★.。・:*:・゚'☆

眠りからまだ覚めてない兄さんの手が
おもわず
兄さんの肩を揺する森永君の手を強く握り・・・
「もり・・・な が・・・」と呼びかけながら
目を開けました・・・!

いやまだ・・・
兄さんうと・・・と完全に目が覚めてません;;

無意識の所作・・・

(行くな! 森永!
 オレから離れるな! 森永!)・・・
なんだかそんな兄さんの心の声が聞こえた気がします~*^^*)

きっとね・・・やっぱりね
森永君がどっかに行っちゃう夢・・・
見てたんじゃないかな・・・ああ~兄さん(;T0T*)

兄さんの無意識の行動に森永君も驚いて
おもわず「はい・・・?」と返事をします。

そこで完全に兄さんの目が覚めました。
時計を見て「げっ もうこんな時間じゃねーか!!」と叫ぶと

「・・・随分 
 のんびりだったなー・・・
 で
 ぶん殴ってきたのかよ」


きつい目を張って森永君に凄む兄さん!
(ああ・・・兄さんのこういう顔好き~★)

しかし・・・

森永君ーーーーーー!!!!!!
また君は兄さんが傷つくような顔をするーーーーーー!!!!!!

(失礼しました・・・;;ダメだ・・・
 今回は理性がぜんぜん働かない;;)←いつもだろ;;


しかし森永君は
「ちゃんと謝ってくれました」
頬を赤らめて・・・

(この顔はいかんぞ;; 
 真崎さんとのこと思い出して・・・
 こんな顔、兄さんに見せないでくれぇー~~~~!!)


つぎ・・・

・・・はぁ~ちょっとホッとする・・・
(なんか今回情緒不安定・・・;;)←だから!いつもだろ;;

兄さんの隣に森永君座ります♪
真崎さんがちゃんと謝罪してくれたことを話し

「・・・スッキリしました」

そんな森永君に
「・・・そっか
 良かったじゃん」

と兄さんは横を向いて言いますが・・・

内心はぜんぜん(良かったじゃん)って顔じゃないですよ!
兄さんはぜんぜん納得してませんよ!

「先輩・・・ 
 ありがとう
 大好きですよ」


森永君に「好き」と言われるたび真っ赤になってうろたえる
兄さんがもう~~~~~~~かあいい~~!!

★.。・:*:・゚'☆ヽ(´▽`*)人(*´▽`)人(´▽`*)人(*´▽`)ノ★.。・:*:・゚'☆

「オレ 今が幸せだから・・・
 過去を許せたのかなって思うんです
 だから・・・
 先輩のおかげでしょう?」


森永君
兄さんの手を取ってそう告白します。

つぎ~

きゃお~~~~~ん~♪"Φ( ̄▽ ̄Φ)シャンシャン(Φ ̄▽ ̄)Φ"♪~

「先輩・・・ 大好き」

森永君は兄さんにキス・・・
抵抗しないばかりか
すっかり待ってる兄さん・・・(唇開いてるし~♪)

真崎さんがいつまでこっちにいるか
気にする兄さん・・・
明日には帰ると聞いて

「じゃあもう
 会わなくていいな?

 会うなよ?
 二度と!」


そう言い捨てて「おやすみ!!」
兄さんは行ってしまいましたー!

ああ・・・兄さんてば~~~~ヤキモチやきもち~

つぎ~

兄さんの部屋の閉じられたドアを見ながら
(今のは・・・
 センパイ・・・)

そうそうそうだよーーーー兄さんわかりやすい~!

翌日・・・実験室の二人~

どうも実験の結果が芳しくない様子~
「うーーーん
 どーゆーことだ
 これは・・・」

と顕微鏡を操作する兄さん。

それを手伝う森永君にメールが・・・

・・・
・・・

ねぇ・・・エンゼル君
モトカレに今のメルアド教えちゃあかんやろ~;;
知られたら先輩さんにまた怒られるで~~~(ヒロト君風;;)

つぎ~

たぶん
帰る前にもう一度会いたいと
メールしてきたんでしょうね。
真崎さんは・・・

(どうしよう・・・)と迷う森永君・・・


plan・3は終了~次回は1月号ということで・・・

え???? えええ・・・!!
ここで二ヶ月おあずけですか~~?!

高永先生、アメリカに行かれるそうです。
なので一回お休みということです。

(どうしよう・・・)

って迷うなー!
森永ーーーーーーーーーーーーーー!!
兄さんに隠れて
真崎さんに会うつもりなら
兄さんとはもう二度と会えない覚悟で行けよ!!

・・・とお尻パンパンしたい気分ですー;;

今回のクリーンヒットは
何といっても

(あんな顔・・・
 オレにだって
 見せたこと
 ねえくせに)


ですよねーーーーーーー!!!!!!!

それとそれと
無意識で森永君の手をつかんでしまった兄さん!

ああ・・・もう完全に恋してるなぁ~兄さん~~

なのに無自覚なのよね・・・;;

でもそこが兄さんの弱点でもあり
強みでもある・・・と思う。

次回
真崎さんがどう出るのかわからないけど
真崎さんとしては
兄さんの
「付き合ってない」という言葉が
引っかかっているだろう・・・
そこを追求してくるのか・・・?

・・・

一回見ただけの印象ですが;;
誤解かもしれないけど・・・;;
真崎さんの謝罪が
(森永君の手を握り涙を流したシーン)
・・・どうも嘘っぽく見えてしかたがない・・・;;

なんかね・・・
闇の帝王のイメージがチラホラ見え隠れするんだ~;;
闇の帝王ってイメージがそもそも偏見だけどね;;

ますます彼がわからなくなる・・・;;
ますます彼の存在が不安になる・・・;;

誰か・・・そんなことないよ
真崎さんは本気で涙を流したんだよ
と言って下さい・・・
そしたらあと二ヶ月
穏やかな気持ちで待てるから・・・きっと

最後までお付き合いくださって
ありがとうございましたー★

 
お茶して行ってね~

コメント
この記事へのコメント
こんばんは、お邪魔します。

こちらはまだ本誌が手元に無いので何とも言い難いのですが…多分、真崎さんは真崎さんなりに精一杯なんだな、と思うのです。
そして何より、宗一兄さんが真崎さんを殴らなくて本当に良かったと安心しました。
森永くんの目の前で宗一兄さんが真崎さんに手を上げたら、多分それは宗一兄さんの負け。いくら森永くんが傷付くのが嫌…と建前を言ったところで、森永くんが違う意味で傷付いてしまうんです。
国博さんの場合は森永くんの実兄なので、殴ってもあの程度で済んだのでしょうが(何せ身内ですので)、でも真崎さんは過去の恋人で、今でも恋愛抜きにしても大事な人である事に変わりは無いんです。
そういう意味で、宗一兄さんが惨めにならずに済んでほっとしました。

話がやや逸れましたが、真崎さんは「企む」タイプの人間では無いと私自身は思うのです。己の感情にどこまでも正直で、そしてその感情の命ずるままに行動してしまう。過去の手首を切った事件も、国博さんとの一件も、全てその延長線上にあると思うのです。だから腹黒いと思った事はありません。そういう意味で、真っ直ぐに前だけを見つめ、己の感情の赴くままに振舞う宗一兄さんとは、対極の存在であり、また良く似た人物なのだなーとも思えるのです。
だからこそ…なのでしょうか、森永くんが恋したのは。

宗一兄さんが打算で涙を流す事が無いように、真崎さんも打算で涙を流せるような器用な人物だとは思えないのです。
「自分の心なのに自由にならない」…既に恋愛感情を知っている真崎さんの慟哭の台詞は、状況こそ違うけれど、今の宗一兄さんにも通じるところがあるのではないか、と私は思うのです。

今回宗一兄さんは嫉妬剥き出し、苛々剥き出し、真崎さんに対して敵意剥き出し…と「森永くんに恋する故の嫉妬」の感情を剥き出しにしていますが、それを森永くんは宥めつつもちゃんと衝突しないように上手くコントロールしていると思うのです。
前回の終わり方から考えると、いつ衝突してもおかしくない状況だっただけに、ふたりの大事なひとを争わせなかった森永くんは凄いなと。
そして揺ぎ無い愛情を宗一兄さんに向け続けているのだと、ちゃんと真崎さんの目の前で表明?してしまっているわけですから、そこに真崎さんの入り込む余地は無いと言っているも同然なのではないかと思うのです。
メアドの件に関しては、元々森永兄弟は真崎さんととにかく連絡を取りたいと切望していましたので、これは仕方無いんじゃないかなと思います。宗一兄さんが携帯のメールで森永くんと連絡を取る描写が無かったから、メアド交換は吃驚されたのかもしれませんが…多分宗一兄さんは、森永くんがいつも傍にいる、一緒にいる事が前提で、そして連絡を取り合う時も「肉声で」を貫いているので、これは一概に森永くんがふらついているとは言えないのではないかな、と。
本当は連絡を取り合う時には、メールよりも肉声に限るんですよね、1巻の時もそうでしたし(メールだと相手の思いまでも推し量る事が出来ないし、意思疎通も難しいのです。それ故に「どうしよう…」に繋がるのかもしれませんが)。

段々ずれて来ましたが、宗一兄さんと森永くんに話を戻しますと、宗一兄さん…かなり森永くんに眩んで来てしまってるんですね。
「今好きなのはあなただけ」に対して、「チリほども心配してるか!」であっさり肯定してしまっているんですね…ここ、結構重要な気がするんですが、どうでしょう?
森永くんが真崎さんと話し合いのために出掛けた後、嫉妬で悶えていますが、森永くんの愛情を疑っている訳ではなくて、ただ単に面白くない。そういう感じがするのですが…。
揺ぎ無い愛情を与え注いでくれている(浮気の心配ゼロの)恋人が、他の相手、しかも過去の恋人と恋愛抜きで話をするのだとしても、やっぱりそれは頭で理解していても面白くは無いと思います。
「あのバカ あのバカ あのバカ!」は宗一兄さんの本能の叫びなのかなーと思ってみたりもします。これは仕方無いですね。本能・感情と理性は別物ですから、解っていても認めたくない、それこそが宗一兄さんの心の、はっきりとした「嫉妬」なのではないかと…。

段々纏まりがなくなって来ましたが、このplan3のラストだと、何とか11月はやり過ごせるかな?と私自身は思っています。OVAも出ますしね。そして年内には続きが読める訳ですから、暴君欠乏症にはならずに済みそうですし、先月号での不穏な空気ほど不穏な感じはしないのです(実際読んでいないからこその言い分かもしれませんが)。
多分もう一波乱は確実にあるのでしょうが、あまり心配はしていません。きっと何とかなると思っています。多分せつないんでしょうが…。

長文&乱文で申し訳ありません。
2010/10/08(金) 01:13:11 | URL | 夜来香 #-[ 編集]
夜来香様~★
コメントありがとうございます!
今回で真崎さんのイメージが固まるかなと思っていたのですが
ますます真崎さんが不透明になって、わからなくなってしまったんです。
あちこちで<ズルイ>と真崎さんの表情や言動を感じてしまったのですが
カフェで森永君の手を握って涙を流すシーンも、嘘・・・というより
ここで涙はズルイ・・・と思いました。
いや・・・森永君の手を握ってなかったらもっと違って見えたのかな?
ただ頭を下げて謝罪したなら違った感想を持ったかもしれません。
理性が働かないです;;ホントに森永君に触れて欲しくなかった・・・!
メアド交換は・・・森永君への信頼が揺るぎそうですよぉ~;;
だって磯貝君が兄さんのメアド知ってたら怒ってたじゃないか?森永君;;
自分がケイタイを持たない人間なんで余計にそう思うのかな?
でも真崎さんにケイタイの番号を知りたいと言われれば森永君なら断れないかな?
兄さんに「二度と会うな!」と叱咤され、それを兄さんの嫉妬だと覚った時点で
カフェで交換した真崎さんのメアドは削除すべきだったんじゃないかと・・・
それよりもなによりも・・・次回・・・兄さんに内緒で真崎さんに会いに行って
しまいそうで・・・それが・・・
そのことを知った兄さんがどんなにショックを受けるかと思うと・・・
だから前回より今回の方がガマンできん状態です;;
兄さんが真崎さんを殴らなかったことは兄さんのために良かったと私も思います。
(私は殴りたいですけど~(汗;;^^)←しつこい(笑)
兄さんと真崎さんは背合わせで同じところに立っているのかもしれませんね。
「チリほども心配してるか!」・・・そうか~肯定なんだ!!
チャレ時代から森永君より兄さんの執着の方がむしろ強いと思ってましたが
それがやっと表層に浮かび上がってきて兄さんの感情を波立たせているようです。
暴君は基本的にコメディだし、最終的にはハッピーエンドに落ち着くだろうと
思いながら・・・やっぱりそこまでの上り坂で動悸息切れパニックになりそうです;;
そうだ~11月はアニメがあった~~~!!!
これからも心強いコメントよろしくお願いしますね~★
ありがとうございましたー*^^*)
早く本誌が手に入りますように~!!
2010/10/08(金) 03:45:31 | URL | ぐらたん #Neb3My6c[ 編集]
ぐらたん様へ
はじめまして ゆずる と申します。

コミック派の私ですが最近、皆様の雑誌ネタばれ、感想、意見等を読んで共感し、居ても立っていられず・・・
GUSH発売日、我慢出来ずに書店行っちゃいました。
目次、見ないで探しちゃったから
「あっぶねっ!」途中見え!? ふぅっ・・・何とか免れました。

すみません。雑誌読み慣れてなくて・・・ぐらたん様にならって次回からちゃんと見ます。(常識・・・)

ぐらたん様のネタばれは漫画通りセリフがたくさんで
色分けもしてあって、とても見やすく最近ちょくちょくお邪魔させて
頂いてました(^^) って挨拶が遅れましてすみませんvv
間に入るコメントが楽しくてすごく共感出来たり・・・発見があったり
「暴君」を更に楽しく読ませていただいております。

私は宗一兄さんファンです。
表紙の兄さんかっこいいですよね・・・
でも切ない感じで・・・強がってるの兄さん・・・?
(前はだけはエチないからサービス?)
5章フィジカル、7章メンタル・・・

既にどの話も読みながら頭の中でCD化されてます。(皆様そうでしょうが・・・)
2ページ目の2回目の「森永!!」は兄さん、結構、声張ってるでしょうね~。

森永君と真崎さんが出てった後、兄さんが
『あれが真崎か・・・』の後
(なんつーか・・・あれだな いかにも・・・ってかんじの・・・見た目・・・だったな)兄さんはどんな感じにみえたのかな~なんて
「いかにも(守ってあげたい)ってかんじ」?
「いかにも(森永の好きそうな)ってかんじ」?
「いかにも(初恋の相手)ってかんじ」?
「いかにもゲ〇って感じ」(失言・・・これはない)
読み返しながらこんな事考えて楽しんでます。
ぐらたん様はどんな感じだと思いましたか?(って初対面でふるなよっ!すみませんvv)

兄さんが辛い顔すると読んでるこちらもズキズキしますね・・・
森永君すごく優しいな・・・兄さんにも、真崎さんにも。
優しいから隙が出来て知らぬ間に罪つくり(メアド交換)なのかな~

兄さんが携帯見たらブチ切れそう・・・傷つく兄さん見たくないよ・・・

私も5巻の真崎さんにはちょっと引いてて・・・(怖かったので)苦手だったのですが、国博さんが「哲博は話さなかった 俺や家族が何年も誤解したままだったのに それでもあいつはずっとはなさなかったよ」で真崎さんのブラック魔法が解けたって言うか・・・
(国博さんからの謝罪&キスで解けたって言うか・・・)
一時的にブラックだっただけかなって
本当は優しい人なんだろうね

考えより行動が先だと言う(兄さんもだけど)事で本当読めない難しいキャラですねvv

真崎さんの次回の出方次第でしょうか・・・
真崎さんいないと兄さんが自覚しないままだろうし・・・
あっでも、森永君の手握って涙は反則って・・・同感です。(でも仕方ない?)

当たり前ですが、皆が幸せになって欲しいですね。
2010/10/08(金) 17:26:40 | URL | ゆずる #qJ4/HFUk[ 編集]
ゆずる様~★
こちらこそ、はじめまして!
コメント下さって嬉しいです!!
私もおんなじですよ~最初はコミックス派で他のブロガーさんのネタバレ読んで
満足してましたが、4章の最終回をたまたま、発売日からかなり遅れて買って
読んでから、雑誌派に転身しました。
もうコミックスになるまで待てないカラダになってしまいました(えろい意味じゃなく・・
初めての方に何言ってんだ;;アタシ・・・失礼しました;;^^)
ゆずるさんも兄さんのファンなんですね~!私も相当兄さんに眩んでます;;
そのせいで今回は真崎さんに嫉妬メラメラで、感想も嫉妬&敵意むき出しに
なってしまってます・・・;;
タイトルの兄さんのシャツがはだけてるのはサービスショットですよね!
実は切ない横顔に涙してて(マジで涙出てきました;;)気付かなかったんですよ~;;
「いかにも・・・ってかんじ」・・・そこ気になりますよね!
そうそう私も、何が「いかにも」って思ったんだろうって考えてるんですよ~
「初恋の相手」として相応しそうな容姿をしてるな・・・とかかな・・・?
あのシーンの兄さんはすごく切ないですよね。
ものすごく傷ついた顔をしてますよね・・・でも兄さんは自分が傷ついてることに
気づかないし、気づいたとしても何故だかわからない・・・
だから余計に遣る瀬無くて見ててつらいです・・・;;
そうそう森永君は優しすぎるんですよ~!
誰も傷つけたくなくて、みんな自分一人で引き受けてしまう・・・。
でもその気遣いがかえって皆を、兄さんを傷つけてしまうかもしれないってことに
まだ気付けてないところが、ヤキモキします~
真崎さんのことはもう~~~・・・・・わからん・・・;;(白旗;;)
秀麗に見えながら激情家な部分は兄さんと同じタイプですよね。
でも自己肯定感の強い兄さんと自傷的な方向に走ってしまう真崎さんとでは
まったく重なるものが見つからないです。
真崎さんのどこがそんなに好きだったのか少年森永君に聞いてみたい~(笑)
でもそう!皆に幸せになってもらいたいです!
兄さんと森永君はもちろん!!
真崎さんと国博さんもお互いを許しあって受け入れて幸せになれたら
その時が本当の森永君の初恋の傷からの開放かもしれませんね。
これからも気軽にコメして下さいね~!
ありがとうございました~(^^)
2010/10/08(金) 21:25:37 | URL | ぐらたん #Neb3My6c[ 編集]
ぐらたんさんこんばんは!ご無沙汰しております…!お邪魔します。
変わらずの素敵な感想、キャーキャー言いながら拝読いたしました。

破り捨てたい~と仰っていた(笑)(そして同意)シーン、やっぱり意味深ですね。闇の帝王って称号は凄いセンスだ!と思わず口ずさんでしまいました。闇の帝王!闇の帝王!
森永くんが真崎さんとメルアド交換したのは、森永くんにとって真崎さんが「過去の人」だっていう証拠なのかなーと思いました。兄さんの心を思えば、「アホンダラーッ!」と森永くんをドツき倒したくなりますが、森永くんから見れば、元カレでもずっと行方が知れず心配してた人で遠方に住んでる「親しかった人」、が会いに来てくれた。そしたらメルアド教え合うのも自然な流れなのかなーと。真崎さんの本意は不明ですが…。

上で夜来香さんも仰っておられますが、私も兄さんが真崎さんを殴らなくって良かったなあと思っています。
兄さんにとって真崎さんは「森永を傷つけた奴」イコール「敵」で「制裁を与えるべき野郎」という私見が入っていたとしても、たとえ純粋に正義感から殴ったとしても、もしも実際に真崎さんを殴ってしまったら…森永くんは真っ先に真崎さんの方へ付くでしょう。森永くんからすれば「せっかく会いに来てくれた」のに何てことするんですか!と、責められるのは兄さんになってしまう。結果的に、Plan.2ラストからの兄さんの孤独感が、より深まってしまったのではないかと。。。
次回以降で、兄さんがどう出るか分かりませんが(もっと暴れて!と思ってしまう自分がおりますが…!)、今回はあの程度で済んで良かったのかな、と。

そして別記事についてですみませんが、森永くんの「…スッキリしました」と「大好き」ていう台詞は…そうか…どうなんでしょうね…。どういう気持ちで言ったんだろう。
私は「…スッキリ~」のコマの森永くんの表情は、過去とちゃんと決別できたからこその、過去の痛みや想いを思い出しつつの遠い目だと思っていました。
昔、真崎さんと付き合っていた頃の幸せな気持ち、「もしかしたら…」という不安な気持ち、周囲から聞こえてくる噂、国博さんに発見されてしまった後の決定的な別離、その後の引きずっていた傷、そんなものを回想して、今の自分がやっとちゃんと「スッキリ」できたと実感しての表情かな、と。
「大好き」は、兄さんの反応が2巻の時と全く同じなので、それを素早く察した(笑)森永くんが兄さんに言い聞かせる、という意図ならいいなあ、と思いますが。
そのスッキリ感が、森永くんの台詞「オレ 今が幸せだから…」に続いて、それで改めて告白したかったとか。うーん、どうなんでしょうね…。

真崎さん関係なコメントになってしまいましたが、やっぱりPlan.3のキモは兄さんの森永くんへの傾きっぷりですよね!!
無自覚ゆえの独白、そして無自覚ゆえの独占欲バリバリ宣言!読み返すたびにメロメロ溶けてしまいます。
Plan.4以降、その無自覚がどう作用するのか不安でもありますが、(真崎さんと国博さんも)皆がしあわせになれる結末まで、先生がどう素敵に描かれるのかを楽しみにしております。

久しぶりにお邪魔しての長文乱文、大変失礼いたしました。
またお邪魔させていただきます!
2010/10/13(水) 22:40:09 | URL | 清明 #idux5a3Y[ 編集]
清明様~★
コメントありがとうございます!
清明さんも感想アップお疲れ様~(^^)
なるほどなるほどと目からウロコで読み応えありました。
メルアド交換のことは私が嫌なだけで、兄さんがどう思うかはわかりません。
案外何とも思わないかもしれない・・・。それはそれでショックかも;;森永君が;;
メルアド交換は、森永君が真崎さんに聞い出したことかもしれませんね。
真崎さんとの縁がまた途切れることの恐れが森永君の中にあるのかなと思います。
国博さんと真崎さんとの間に親交が復活したのなら、もう切ってもいいじゃないと思う。
でもそうは出来ないとしたら、森永君の傷は途方もなく深い・・・
そう思うと改めて、許せない気がしてきます。
ファントムペイン・・・すでに無い(許してる)のに疼く喪失感。
それを一生森永君が背負っていくとしたらつらい、そばでそんな森永君を見てる
兄さんもつらい・・・(嫉妬でなく)
やっぱり真崎さんのことは、ここで断ち切らなきゃならないと私は思います。
でないと森永君の止まったままの時計も、真崎さんと国博さんの時間も
回り始めない・・・そんな気がして・・・。
殴る件に関しては、私がぶん殴ってやるよ!いつでも呼んで!と思ってます(笑)
「・・・スッキリ」にもコメントありがとうございます!
そっか・・・? そうなのか・・・
私にはあの目がなんだか哀しそうに見えてしょうがないんです。
一生懸命笑顔を作ってるように見えて、そう見え始めるとますます寂しそうに
見えてくるし・・・;;「スッキリ」って言葉の選択も意味深だよな~とか;;
勝手に自分で迷路を作ってぐるぐる彷徨っている感じ;;
国博さんはすでに決心している(真崎さんとそうなること)ように思いますが
ホントのとこ、アンタ達どーなってんの? と問い詰めたい!!(笑)
2010/10/14(木) 01:03:03 | URL | ぐらたん #Neb3My6c[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。