ある日、森の中(恋する暴君)に 迷い込んだ、哀れなウサギさんの萌叫び・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
未来を見つめる瞳

暴君7章plan・2~のタイトルページ・・・

初見では
森永君、誰を見てるの?

真崎さん(過去)?
兄さん(現在)?
それとも自分の心?

・・・と、思ってたんだけど

何度も読んで
何度も見て思った・・・

あの瞳が見てるのは

未来・・・なんだなって

森永君の前には
きれいな秋の空が広がっていて
爽やかな風が吹いていて

もしかして大学からの帰りか
もしかして兄さんのお使いに出たのかもしれないけど

その途中で
空がキレイだなって見上げて

秋なんだな・・・
もう・・・

そう季節の移ろいを感じたとき

森永君の瞳に見えたのかもしれない

兄さんと歩いていく
自分の未来が・・・

今までのように
ただ
兄さんの後を追いかけるんじゃなくて

肩を並べて
手をたずさえて

ゆっくりと

しっかりと

ひたむきに

二人で歩いていく未来


未来に思いを馳せている・・・遠い目


そう思ったら・・・ちょっと切ない気分になりました;;

なんだろ・・・?
ファンとして
暴君の二人ってここで時間が止まってるって
思い込んでたところがあって

たとえば『○ザエさん』とか『ク○ヨンし○ちゃん』みたいに
二人は成長しないんだって・・・

永遠に大学院生で永遠に一緒に実験してるって・・・

でも

成長していくんだな・・・

森永君も

兄さんも

自立した一個の人間として
二人がそれぞれに未来を選択して
二人のそれぞれの道が寄り添えば

二人の道は独りで歩くより
広く遥かに開けて行くんだろう・・・

ファンとしても成長しないと
二人に置いてかれちゃうね・・・;;

いやもう置いてかれちゃってるのかな~;;
だから切ないのかな・・・

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/09/13(月) 23:47:39 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。