ある日、森の中(恋する暴君)に 迷い込んだ、哀れなウサギさんの萌叫び・・・
2010・夏コミ小冊子~ネタバレ実況感想~★

ふふふ・・・今
目の前に美味しいご馳走があるんですよ!

そう!
高永先生の
この夏コミの小冊子~
『2010夏 ANAGURANZペーパー拡大版
 暴君ちょっとだけラフ集』
(タイトル長いよ先生~;;)
です!

え? とらの委託はまだですよ。
ん? オクかって?

違います!
違います!

西から女神様が贈ってくださったのです~★
それもタダで! 
ああ、なんという太もも~
違うー太っ腹~ああ、それも失礼な;;

ありがとうございましたー★
 m(__)m 感謝!

A(*゚ー゚*)R(ー゚* )I(゚ )G( )A( ゚)T(* ゚ー)O(*゚▽゚*)ノ~☆

では~

さっそく実況ネタバレ感想行ってみよう~!!

※R-18指定~なので18歳未満は以下ご遠慮下さい。


ではでは~


まず表紙~~~

表と裏合わせて一枚絵のラフ画です。
『ある日、森の中。Ⅲ』のためのイラストかな?
この大きさだと表紙用に用意してた一枚かも。

実際使われた森Ⅲの表紙とは状況的(時間経過)には前・・・な感じですが
(オオカミ兄さんの表情がまだ快楽に負けてない、耳もまだ立ってる)
姿態的には、かなりクマ森永君の行為が佳境~に突入してます。

オオカミさん、服着てません。

いや左腕にシャツの袖の輪郭が描いてありますが
下半身はむき出しです。(むき出しにされてます)
クマ君の右手は背後からオオカミさんの右胸を探り
左手はオオカミさんの下腹部に・・・
オオカミさんの左手は
腰を押すクマ君の大腿を押さえているような・・・

必見なのは
むき出しにされた下腹部を
隠すように深く曲げたオオカミさんの
左下腿とその足先のカギ爪。


何をされているか、されるのかわからない
オオカミさんの未知の恐怖と抵抗が
必死で土をかく爪に表れてます。
Ⅲの中でもかぎ爪が土に擦れ折れそうでしたが
ここでもラフの線が何度も濃くなぞられてます。

Ⅲの表紙のクマ君の表情はブラックというより
夢中で必死な感じでしたが
このラフのクマ君は完璧、漆黒です。

ではそろそろ中へ

中表紙・・・
お!これは以前たしか
先生のブログに期間限定でアップされたラフじゃなかったっけ?

Ⅲ17ページ下の伏せたオオカミさんを起こして
クマ君の膝に乗せたようなポーズです。
下半身やクマ君の手はまだはっきりしたラインではないのですが
オオカミさんの表情だけはしっかりと表現されています。
特にオオカミさんの目は一本線です。
浮かんだ涙も描かれています。
うすくメガネのあたりもあるので、これもⅢの
表紙用に描かれたラフのようです。

では次~

<まえがき>がここにありました。
枠内下に表紙と中表紙の説明もありました。

中表紙はやっぱりⅢのカバーイラストボツ案ということで・・・

今回の表紙はな、な、なんと~~~~
描き下ろしだそうですーーーーー!!


おお~先生グッジョブ
森はまだ先生の中で終わってないね!
なんだかそう感じられて嬉しい

もう一度表紙裏表紙~じっくり堪能~

★.。・:*:・゚'☆ヽ(´▽`*)人(*´▽`)人(´▽`*)人(*´▽`)ノ★.。・:*:・゚'☆

♪~d(d≧▽≦)~♪~(≧▽≦b)b~♪~q(q≧▽≦)~♪~(≧▽≦p)p~♪

ヽ(*^^*)( *^^)( *^)( *)(  )(* )(^* )(^^* )(*^^*)ノ

☆~♪~(p≧▽)p~♪~q(▽≦q)☆(p≧▽)p~♪~q(▽≦q)~♪~☆

♪♪♪"Φ( ̄▽ ̄Φ)シャン♪シャン(Φ ̄▽ ̄)Φ"♪☆♪"Φ( ̄▽ ̄Φ)シャン♪シャン(Φ ̄▽ ̄)Φ"♪♪♪

★.。・:*:・゚'☆ヽ(´▽`*)人(*´▽`)人(´▽`*)人(*´▽`)ノ★.。・:*:・゚'☆

ああ、至福ですーーーーーー!!!!

まえがきページにあるラフは
6章連載開始の見開きタイトルページ。
森永君の目が、瞳が描いてなくて真っ白・・・なんか可愛い
兄さんも眉間のシワがまだ描かれていないので
実際のものより穏やかな表情です。
花もラフの段階から花びら一枚一枚ていねいに描き込まれています。


この左ページから
描き下ろしのショート
『川遊び』が始まってます。

川で魚を獲るクマ君を川辺で見ていたオオカミさん。
魚捕りのコツを教えろとクマ君に。

オオカミさんの様子がとてもリラックスしてて
表情も心なし幼く見えます。
オオカミさんとクマ君は友人として
とても善い関係を結んでいるようです。
オオカミさんの瀕死のケガが治ってから
たびたびこうして一緒に過ごしているんでしょうね~

「格好いいだろう
 一発でこうばしゃっと捕れたら」


オオカミさん
クマ君の魚捕り、カッコイイなぁ~って思って見てるんですね~!

次~

ぎゃお~~~~~~~ん;;
他の方のネタバレ読んでたけど
実際その姿を目にする衝撃は・・・
はんぱ無かった♪ 
あう~~あう~~あう~~;;

クマ君が説明しながらお手本を見せてる間に
テレッしてるクマ君可愛い~~~
 ホントにⅢの漆黒クマと同じですか?;;)

な、な、なんとーーーー
オオカミさん
服濡れんのやだから・・・と
ぬぎっ・・・
出した・・・(**T▽T**)

「何してるんです?」
とクマ君真っ赤になってます。
OVAの小冊子、兄さんの裸白衣見た森永君と同じ反応です。
目に毒・・・いや目に桃源郷~~

♪ボクサーパンツ♪のオオカミさん★

ジーンズ脱ぐために片足立ちになったものの
バランス崩して(お約束♪)
助けようとしたクマ君と川の中へダイブ。

といっても浅い川なので
オオカミさんの長い下腿は水面から出てます。
上半身は半袖のシャツ。前は開いてます。
びっくり目のオオカミさんがかわゆい~~~~~★

次~

ああ・・・
目の桃源郷に真っ青・・・真っ赤・・・(どっちなんだ?(笑)
あたふたわたわたしてるクマ君がと~~~~ても気の毒;;

水に濡れたオオカミさんの上半身
下半身・・・(パンツはいてますが)
えっと・・・兆してませんが
だからね。
しょうがないね;;
ちょっこしふっ~くらしてるのあたりまえ。
しょうがないけど罪;;
目のやり場に困る・・・

「やっちまった」ははは

と笑うオオカミさん

すごーーーいレア!
兄さんの笑顔!!!!
気恥ずかしそうに声を立てて笑い
頭をかいてる表情も

本編じゃ当分見られないかも・・・
オオカミさんと人間兄さんは同じキャラでありながら
その行動や表現はかなり違います。

たぶん兄さんの本質はオオカミさんみたいに
おおらかで朗らかで無邪気なんだろうな。

人間っていろんなもの背負ってるもんね。
でも人間兄さんのこだわりや頑なさも魅力です。
そんな兄さんを知ってるからこそ
オオカミさんがより愛らしく見えるんだろうな~

そんな無邪気なオオカミさん見て
キョトとしたクマ君も可愛いのだ~

おまけに必死で煩悩と闘ってるクマ君に
まるで頓着なく
浅い川で泳ぎ始めたオオカミさん。

濡れて水面から浮き上がるオオカミさんの
ヒップを見て

クマ君とうとう泣き出した・・・らしい・・・;;
(後姿だから顔はわかんない・・・鼻血も流してそうだな;;)
大きく丸い広い背中が・・・
いと哀れ・・・;;

「おーっ
 気持ちいい~~~♪
 もう少し深いとこねーのか?
 クマ」

「おい クマ?」


とクマ君を泳ぎに誘うオオカミさん。

・・・

無防備すぎる・・・

<♪>飛んでるし・・・

クマ君にされたこと・・・覚えてないのか~?
それとも(食いません)と約束したクマ君を
信じているのか?

無垢な少年のような
オオカミさんが
なんとも可愛いです~~~~~~~~~~~~~~

ああ、たまらん・・・

★.。・:*:・゚'☆ヽ(´▽`*)人(*´▽`)人(´▽`*)人(*´▽`)ノ★.。・:*:・゚'☆

ってとこで描き下ろしは<おわり>です。

次~

OVAのキャラ設定表と先生のコメント。
そしてOVAのパッケージイラストのラフ(小さいけど)です。
このラフをトレスして完成原稿にされたのかな?

キャラ設定表はGUSHでも載りましたが
ここには<かなこちゃん>がいます。
1巻でのかなこちゃんの登場は
森永君の電話を兄さんに取り次ぐだけですが
設定表はしっかり全体像、服装まで指定されています。


立ちポーズに兄さんの身長の高さとの比較が
ちょっとメモってあるのですが
兄さんが4cm4mm(この絵での実寸で)
かなこちゃんは3cm5mm・・・ってことは
かなこちゃん身長いくつだ?
かなり小さいですよね?
まだこれから伸びるでしょうけど。

兄さんや森永君の立ちポーズの後姿が
なんだか新鮮です。

横顔で笑ってる兄さんの顔がいいなぁ~
目を閉じてる兄さんも。
OVAは横顔が全体的にキレイに描かれてましたが
設定表でも横顔の兄さんや森永君、かなり気に入ってます。

次~

ラフいろいろ
ということで

5巻カバーイラスト
6巻カバーイラスト
GUSH8月号、6章開始時のアイス兄さん
うちわの柄がラフはアサガオっぽい。
GUSH11月号<追い詰められた二人>(私は勝手にこう名付けてる;;)
GUSH7章開始時(今月号)
おまけということで
GUSH11月号ふろく小冊子の表紙・・・

・・・すごい・・・全体図はこうなってたんだ・・・
下方がトリミングされてるけど・・・それでも
すごい・・・(それしか言えん;;・・・)
トリミングされてる部分・・・想像しかできんけれども
青年の***にも拘束ベルトが巻かれてて
もう一人の存在を示す男の手が道具を使って
青年の***を犯してる・・・
床が石畳っぽいので
どっか大きなお屋敷の地下壕とかで
青年の周りには他にもギャラリーがいるのかもしれない・・・
とか・・・?????

想像してわたわたしてしまいました;;
(~私の純情を返して・・・;;)




見たことのないラフが2枚。
一枚はコミケ申し込み用イラストの失敗ボツ。
どこが失敗かというとクマ森永君とか。
え? 可愛いのに~どこが?
オオカミ兄さんはちょっと拗ねたようなイイ顔してるので
もったいないです。

もう一枚が・・・
兄さんのアップなのですが
たぶんベッドに仰向けて
涙を浮かべた目を横に流して
放心状態なのか
(ちょっと悔しい感情も入ってそうな・・・)

何かを説明したくて勝手に描いて、結果満足して人知れずボツった何か。・・・ということです。
アシさん一押しの未発表ラフ。

ぱっと見、OVAラストの涙目兄さんを思い出しました。
でもこれは<居た堪れない>って赤面してる表情なので
1巻でなく、もっとずっとあとの兄さんだろうな。
最近の兄さんのような気もします。

次~

ラストです。
あとがきと
6巻限定版のパーケージ&カバーイラストのラフ。
シチュの構想がまとまって
よしこれで行こうーと決まった時点での
ラフのようです。
ポーズも手足や兄さんの表情もかなりしっかりした濃い線で
描かれてあります。
森永君の表情はまだ未完成で
このラフでは森永君に見えないですが・・・

なんだろ・・・
いっぱいラフ見てきて思ったのは
兄さんの顔はアタリの段階から
けっこう一本線で描かれてるんだなって。
紙に描く前に先生の頭の中に
すでに描きたい兄さんがはっきり映っていて
白い紙を前にした時に迷い無く描けてる感じがします。

それに比べると森永君はラフの段階ではまだ
森永君らしさにもう一歩って気がしました。

瞳が描かれてないからかもしれません。
あらためて森永君の個性&魅力って
あの<目>なんだなって思う。

今日~名○屋の松▽屋で開催されてる
<ごーごーミッ◇ィー>展を見てきたんです。
そこで製作者のインタビュービデオが流されてて
○ッフィーのあのシンプルな点々だけの黒い目が
少し哀しそうに見えるように
少し幸福そうに見えるように
描くためにどれほど苦労してるか・・・と
いった内容のことを喋っていて


森永君のことを思ったんです。
そうあの目・・・
円らな黒い瞳
可愛いだけじゃなくてキレイなだけじゃなくて
哀しさとか切なさとか
あるいは狡さとか脆さとか
そういった深い色を宿す瞳。
兄さんもきっと
そんな森永君の瞳に魅了されてるに違いない

ミ◇フィーの作者と同じように
少し哀しげですこし幸福な目を描くために
高永先生も心を砕いているに違いないって
思ったんですよね。

ってとこで

はぁ~~~~
・・・・・・・
・・・・・・
・・・・・
・・・・
・・・
・・


あ・・・すみません;;
放心状態でした。

私はこういうラフ画ってすごく好きなんですよ。
絵画の展覧会に行っても
ラフや試作を見るのが楽しみで楽しみで
いいもんですよね。
作家や画家の手の動きとか心の動きとか
完成作品ではわからないことが見えてくる気がします。

ということで
薄々小冊子ということでしたが
とんでもない!
内容が濃すぎて
感想も・・・長っ・・・;;

さ、最後までお付き合い下さってありがとうございました!

とらあな委託をお待ちの方はもう少し
ガマンして・・・
私と同じように女神様の贈り物を受けた方は
一緒にごろごろしましょう~~~~

もし暴君に最近はまって
『ある日、森の中。』をどれも未読という方は
とらのあなで今Ⅰ~Ⅳまで揃ってますよ。
ⅢだけはR-18ですので17歳までの方は
大人になるまでガマンして・・・

お茶して行ってね~



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する