ある日、森の中(恋する暴君)に 迷い込んだ、哀れなウサギさんの萌叫び・・・
「改正案に反対する請願署名」~<3日追記><8日追記>

「東京都青少年の健全な育成に関する条例改正案」について
明治大学准教授、藤本氏弁護士、山口氏両名代表で

「反対する請願署名」を始められたそうです。

署名に参加したい旨の方は
山口氏のサイトから

<3日追記>
オンライン署名サイトからも署名出来ます。
郵送は面倒という方はぜひこちらに。


※条例改正案は廃案にはなっていません。
 たとえ廃案になっても、白紙になっても
 そこにさらに改悪案が盛り込まれてしまう
 危険は常にあるのです。
 気を抜かないで長期戦で見守り
 声をあげていくことが大切だと思います。


<8日追記>
都の漫画児童ポルノ規制条例で自公が修正案を提出

規制推進派は5万の署名を集めたそうです。
反対派は2万にも届かない。
このままではマンガとアニメの未来は危うい・・・


<手書きの署名を送るには>

署名用紙をダウンロードして印刷し(A4サイズ)
手書きで<住所、氏名、子供の有無>を
書き入れて山口氏の事務所に送付してください。

※プリンターのない方は
 最寄のセブンイレブンから用紙を印刷できるそうです。


6月から都議会が始まるそうなので
なるべく早急に~~第一〆切が6月4日だそうです。


5人分書き入れるようになってるけど
一人だけでももちろん大丈夫!
もちろん都民でなくても大丈夫!
未成年(実在青少年!!)の方々も大丈夫!
女性で未成年の子供を持ってる方~ぜひぜひ~!!

私は早速用紙印刷しました。
プリンター持ってて良かった~~~!!

山口氏のサイトをよく読んで
ご自分の意思で署名に参加してください。

ご家族、友人などに頼む時もちゃんと
改正案の仔細を知ってもらって
納得してもらってからにしましょう。

無理強いしたり署名を渋ったからといって
その人を非難しないことが大切です。

無理強いや一方的な非難は
規制推進派のやってることと
同じになってしまいます。

それぞれの人の思いを尊重すること。
それが「反対」派が守ろうとしてる
表現の自由なのだと
思う。


<この記事しばらくトップに置きます>

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する