ある日、森の中(恋する暴君)に 迷い込んだ、哀れなウサギさんの萌叫び・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
有害図書だとぉ~・・・。

CharaSelectionって・・・
やまねさんがそうだっけ?

GUSHやマガビーやシエルは
入ってないと安心はできません。

明日は我が身。
BL業界は震撼としてるだろうな。
怖いのは指定や規制以上のものがあるからだ。

一番怖いのは
業界側が過剰に反応して
自主規制してしまうこと・・・

それが結局は
表現の自由を奪ってゆく・・・

BLを規制して・・・

青少年の性的育成が健全になる?
青少年の性犯罪が減る?
少女達が援助交際しなくなる?

たしかに
私だって
小学3年生の姪っ子に
「おねえちゃんの買ったマンガ(GUSH)見せて」
と言われた時はきっぱり断りましたよ。

いや

BLは特殊なジャンルなんだ。

大人になったから
解禁していいってものじゃない。

だからさ

<BL>とか<耽美>(昔はこう言われてた)って
ジャンルで棚分けするのは良いと思う。

でも

<有害>って何?
どういう意味??

たとえば
リアルゲイの男性が
「BLは俺たちを侮辱してる」みたいに思うなら
それはわからなくはない。
そう感じてBLや私たちを嫌悪するゲイの人は多い。

BL好きなゲイ男性もいるだろうけど
それは少数派だと思う。

でも
誰が何んと言おうと
BLはあくまで私たちの物語だ。

女性による女性のための
男性同性純愛物語だ。

どんなにえちシーンが過激だろうと
露骨だろうと濃厚だろうと

底に流れてるのは純愛なんだぜ!!

それのどこが有害だぁ~?

えちシーンのパーセンテージなんかで
決めるな~~~~~~~~~~~~!



コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/04/29(木) 13:54:15 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。