ある日、森の中(恋する暴君)に 迷い込んだ、哀れなウサギさんの萌叫び・・・
ヒヨドリ君

今朝
けたたましい鳥の声
目が覚めました。

あれ・・・?
同じ記事前にも書いたっけ?



そう書いてたよ;;
去年の春も。

同じ声・・・
去年は姿を確認できなかったんだけど

今年は姿をしっかと見たよ!

窓の外ガラス窓のすぐ前
手入れもしないせいで
伸びっぱなしのヤツデの枝に止まってた。

スズメよりかなりデカイ。
全体が灰色
白い斑点がお腹にある感じ。
尻尾が長め。
くちばしが細い。
頭がふわふわふわと
天辺がちょっと毛が持ち上がってて
目がまぁるくて大きくて
ルックスはけっこう
可愛い系のイケメン君です。
(♀かもしれんて?;;)

私は野鳥の名をぜんぜん知らない。
スズメとカラスが区別つくくらい
(それはひど過ぎるって;;)

ツバメは昔よく
車庫の中に巣を作ってた。
何年か前けっこう大掛かりに
家をリフォームしてから
ぴったり来なくなった・・・
ちょっと寂しいです。

でも車庫の中に巣を作られると
車庫のシャッターを日中はずっと
開けておかなければならないのよね。

夜、親鳥が二羽とも帰ってることを
確認してシャッターの鍵を閉め
朝はツバメ家族のために
夜明けとともに開けてあげなきゃならない。
野鳥との共存もけっこう大変。

もっとも孵ったヒナが
成長していく過程を間近に見られて
5羽全部が無事巣立って
親や仲間とともに旅立っていく姿を見送れたことは
ステキなことだけどね。

あらら・・・?
話が脱線してました。

閑話休題。

そんなわけで
春の朝にあらわれる
けたたましい声の持ち主の名を
今日こそ知ろうと
検索開始。

なんつーかあっさりわかってしまった・・・;;

ヒヨドリ

  ↑
このサイトに載ってる画像の
2番目・・・そう!!こんな感じ。そっくり!!
可愛いよね。けっこう。

ヒヨドリって名前は聞いたことあったけど
姿と声と名前のイメージとが合わさってなかったみたい。

ヒヨドリって
あんなけたたましい鳴き声の鳥なの?

  ↑ そうそうこの声・・・;;^^)

「ひよひよひよ」とは聞こえないよ。
「ぎょいぎょいぎゅーーーーいぎゅいぎゅい」とか
名前に似合わず悪声なんですけど・・・::

いやハスキーボイスと言うべきですかー?
鳥の声と言ったって方言もあるそうだから
個体差もあるよね。きっと。

それにしても

顔はけっこう可愛いけど
身体がデカクて
甘いもの好き
気持ちいい春の眠りを
脅かす
ちょっとウザイヤツ・・・

どっかの誰かさんみたいですねぇ~*^^*)

どっかの誰かさんも
毎朝
ツンデレ主君様を起すために
しっかり鍵の掛かったドアの向こうから
声を嗄らして鳴いてるかもしれないです。

以下もーそー;;



「センパイ 
 起きてください 朝ですよ~」

(しーん・・・)

「センパイ! 朝ですよ! 起きてください!」

(しーん・・・)

「センパイってば! 遅刻しますよ!
 センパイ! 朝ですってば!」

(しーん・・・)

「朝ごはん冷めますよ!
 オレがセンパイの分も食べちゃいますよ!
 いいんですか!!」

(しーん・・・)

「センパイ!
 せんぱい!
 センパイ!!
 せんぱい!!!
 起きて!! 早く!!!」

<バタン!! ドン!! どたっ!!・・・ぶー(ドアに鼻をぶつけて鼻血ふいた;;)>

「うっせーなぁー!
 朝っぱらから
 ぎゃんぎゃん吠え立てやがって!
 とっくに起きてるつーの!!」

「お、おきてるなら
 そういってくださいよ~」

「うっさい! 
 間も空けずに
 けたたましく吠え立てられて
 口挟むひまがいつあるってんだ?!
 お前と違って
 オレは朝から大声は出せねーんだよ!」

「いえ・・・
 充分大声です・・・」

「何か言ったか?」

「・・・いえ なんでもありません
 すいません うるさくして・・・」

「ふん 飯!」

「あ、は、はーい」

(はー・・・
 同居延長決まっても前途多難・・・;;
 オレの夢見る
 一緒に迎えた
 朝の日の光の中で
 微笑み合う
 甘い甘い朝は
 いったい
 いつ来るんだろ・・・);;┏(_ _;)┓ガックリ




すいません・・・
うちの兄さんガラが悪くて;;
亭主関白まっしぐら
「メシ、フロ、ネル」しか言わなくなりそうだ;;
つーかなんで最後は妄想になっちゃうんだろ・・・
日常記事のつもりだったのに;;^^)



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する