ある日、森の中(恋する暴君)に 迷い込んだ、哀れなウサギさんの萌叫び・・・
兄さんの日

ネコの日の次は
兄さんの日・・・

兄さんって言ったら
やっぱりタバコ・・・


タバコに火をつける6


「あ オレ点けましょか?」

「ああ・・・」

「・・オレも吸ってみようかな・・・タバコ」

「止めとけ 体にいいもんじゃないし」

「先輩はいつから吸ってるんです?」

「いつから・・・? 覚えてねぇーよ」

「何かきっかけがあったとか?」

「さぁな・・・」

「子供の頃に、お父さんのタバコの吸いかけ
 好奇心で口にしたとか?」

「オヤジは吸わねぇーよ」

「・・・じゃ何がきっかけ?」

「だから 覚えてねぇーって」

「・・・先輩は・・・女の人と・・・」

「はぁ?」

「・・・いや なんでもないです」

「(ふーーーう)」

「・・・どんな味なんです?」

「ん?」

「タバコ・・・」

「だから お前は知らなくていいって
 体にいいもんじゃないんだから」

「・・・そうじゃなくて」

「ん?」

「ください オレに」

「はぁ?」

「・・・先輩の体の中を通ってきた
 タバコの・・・」

「ちょ・・・(ん・・んん)・・・」

「(すう)・・ごほ・・・ご・ホ ゴホゴホ・・・」

「ば・・かやろ・・なにやってんだよ・・・!」

「・・・甘い」

「・・・なわけねーだろ」

「・・・甘いです・・・なにもかもが」

「・・・」

「せんぱい・・・」

「・・・なんだよ」

「・・・(せんぱい)オレ寝ます 先に」

「ああ」

「・・・いて・・くださいね ここに」

「・・・」

(せんぱい・・・ずっと オレのそばに・・・)

「・・・おやすみ」

(おやすみなさい せん・・・ぱ・・・い・・・)

・・・

・・・

・・・



Hのあとのピロートークしちゅ・・・

でも兄さんは
いつも昇天したまま熟睡しちゃうんで
こんなシーンは82巻以降かな~・・・;;^^*)

ところで
兄さんは恋愛経験は無い・・・と
かたーく信じてるわけだけど
実際どうなのかは・・・
まだわからなかったりするわけで
そのあたり
森永君はどう思ってるんだろう・・・?

森永君は煮詰まると
たびたび兄さんの<男>との<浮気>を疑うけど
そこがよくわかんないんだよな~;;

兄さんの浮気=女がいる・・・という想像にいかないのは
単に森永君がゲイだからなのか?

それとも兄さんの体を知って
(この人異性との経験は無いな・・・と推察したからなのか?)

兄さんも<3巻で>
「女相手ならともかく」と怒ってたけど

そこんとこどーなの??


森永君もさ

森永君って子供の頃から
もてる男の子だったと思うんだよね。

女の子に・・・

いったいいつ
いったい何がきっかけで
自分がゲイだって気づいたんだろ?

閉鎖的な故郷の町で
悩んだり苦しんだりしたんだろうか・・・

いろんなことが
まだまだ未知数で
わからないことだらけで
知りたくて

でも
一番知りたいのは

ねぇ
兄さん

森永君のこと・・・






コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する