ある日、森の中(恋する暴君)に 迷い込んだ、哀れなウサギさんの萌叫び・・・
宗くん 何もしてないね・・・

「宗くん
 何もしてないね・・・」


6章・plan・4~での宗仁パパの台詞。

ワタシ的にすごくツボでした!
爆笑でした!!


アイロンの掛かった
ぴかぴかのシャツは
たぶん
兄さんの白いシャツでしょうね~

森永君の家事の完璧さを
見るに付け

宗仁ぱぱは
父親として
申し訳ない・・・って気持ち
あったのかもしれません。

しかし
父親にも弟にも
十近くも年下の妹にも心配されるほど

「ない」

・・・と断言されてる
兄さんの生活能力とは
如何なるもんなんでしょうか???

一緒に暮らしてない松田さんにまで
そうもはっきり言われてしまうのは
たぶん・・・
過去に
かなり重大な
過失を犯したってことですよね!(罪人かよっ?;;)

洗濯しようとして
洗剤を入れすぎて
泡が立ちすぎて
洗濯機から溢れ出して
洗面所や廊下まで
べとべとにしたとか・・・

アイロンを掛けようとして
シャツを全部焦がしたとか
(おまけに家まで焦がしそうになったとか)・・・
(おまけに両手に火傷を負ったとか・・・)

掃除機を掛けていて
吸い込まないでもいいものまで吸い込んで
掃除機を何台も壊したとか・・・

でもまぁ・・・
洗濯もアイロンも掃除も
極端な話
しなくても・・・
生きていけないことはありません。

しなきゃ生きていけないこと・・・

やっぱり料理・・・

かなこちゃんがシェアを言い出したときも
かなこちゃんの心配は
兄さんの「ごはん」だったし・・・

お母さんがいつ亡くなったのか
いまだに謎ですが

かなこちゃんがすでに物心付いて
ちゃんと記憶してる時期
幼稚園に通ってる時期と仮定して・・・

兄さんは中学三年生か高校生になったばかりの頃

宗仁ぱぱはまだ仕事から帰らず
(この頃はまだ日本で研究者として
 仕事してると仮定して・・・)

松田さんはたまたま用があって
巽家に夕飯の支度に行くのが遅れたと仮定し・・・

幼い巴君(小学生)とかなこちゃんが
お腹が空いたとぐずぐず言い出したのを見て
弟妹思いの兄さんは
オレが何か作らなきゃ・・・と思い

台所に立ち・・・

お母さんが遺していった料理本を
見ながら
包丁を持ち・・・

料理が出来ない(したことない)人間の怖さで
えらく難しい料理に取り掛かってしまって・・・

ありったけの鍋をつかって
焦がしたり吹き零したり
ありったけの調味料を使って
甘すぎたり辛すぎたり
濃かったり薄すぎたり

ありったけの皿に乗せたものは・・・
とても
人間が食べるものとは思えない代物で・・・
恐る恐る口を付けると
まさかなんで
何を使ったらこんな味になるかわからない代物で・・・

巴君もかなこちゃんも泣き出してしまって

そこへ現われた松田さんは
台所の惨状に驚愕し

茶の間のテーブルに積みあがった
わけのわからない
コゲコゲどろどろ物体の悲惨さに呆然とし・・・

泣いてる弟と妹を
必死でなだめる
兄弟のうち一番年嵩の少年の
10本の指に
全部バンソウコウが巻かれて
ところどころ血が滲んでいることに肝を冷やし・・・

(宗くんに台所仕事なんてさせちゃあいけないわ・・・)
松田さんは密かにため息をつき・・・

幼い巴君と
かなこちゃんの脳の海馬には

(そういち兄さんにごはんをたのんじゃダメ
 命に関わる危険アリ)
・・・という
強烈なトラウマが植えつけられ・・・

兄さん自身は
それを失敗とはカウントしてないかもしれない・・・;;

しかし
みなの中には

「宗一兄さん=生活力皆無」との伝説が生まれ

今に至った・・・のか??

でも

少年兄さん・・・というと
ぬりえの兄さんが思い出されますが

あの兄さんが
(あの兄さんは森永君の妄想の兄さんですが)
巴君とかなこちゃんのために

一生懸命何か作ろうとしてる・・・
そういう想像って
なんかほのぼのとしてて
良いなぁ~~~~~(♪♪v(⌒o⌒)v♪♪)

たとえば
森永君が風邪を引いて寝込んでしまったら
兄さん、お粥とか
作ってくれないかな~

お粥、無理でも
リンゴとか
むいてくれないかな~

キレイにむけなくて
いっそ
皮ごと食え!
とか言って
ごつごつに切れた
リンゴ
森永君に食べさせてあげて欲しいなぁ~

って
なんで病気になるとリンゴなんだろ?(余計な話だけど;;)

カナダで二ヶ月間も
兄さんは独り暮らしをしていたから
みくびるなと言っていました

・・・が

たしかに
森永君が兄さんのコンドミニアムに
行ったとき
部屋はキレイでした。

ロッカーの中も
衣類がきちんとたたまれて
入れてありました。
ベッドもちゃんと
ベッドメーキングされてました。

それくらいは兄さんだってできるとして
(シェアマンションの自室も自分で片してたようだし)

食事は食堂でしてたらしいけど
洗濯はどーしてたんだ??
〇×◇も自分で洗わない人が!!

(ああ・・・色気のない話になってしまった・・・;;)

生活(家事)能力がなくても
兄さんが兄として
巴君やかなこちゃんを守ってきたのはたしか。

かなこちゃんの幼稚園の送り迎いとか
巴君の授業参観とか三者面談とか
兄さんは自分の授業や行事を犠牲にしてでも
父親に代わってやってたかもしれないし

どちらかが病気にでもなったら
夜中でも
おぶってでも病院へ連れて行って
医者を叩き起こしていたかもしれないし

苛めっ子なんかいたら
間違いなく
仕返ししに吹っ飛んで行ってたと思うし

だから
兄さんは家事できなくていいよ。

兄さんには兄さんにしかできないことが
いっぱいあるんだから・・・

兄さんの
さりげない挨拶とか
言葉とか所作とか

兄さんという存在そのものが

どんなに
一緒に暮らす森永君の生きる糧になっているか
森永君を幸せにしているか

兄さんがいるから
森永君は
天使でいられるのかもしれない・・・











コメント
この記事へのコメント
そうです!
ぐらたんさん
こんばんは~
台風は大丈夫でしたか?
がっつり萌え死んでますよ~
ここ数日。
やばいです。

さて・・兄さんの生活能力。。
ある意味なくていい派です。
だって~森永さんがそのために?いるんですもんね。
でも・・森永君看病のためのリンゴむいて欲しいです。
それだけで可愛い。可愛い。

壊れっぱなしです・・・。戻れません。
(先月も言ってたけど)
2009/10/10(土) 01:18:30 | URL | えるりーく #-[ 編集]
えるりーく様★
そうですよね!!
ご賛同感謝です~!!!
ありがとうございます~!!!
兄さんは兄さんの存在自体が偉大なのです★
森永君の目には兄さんが天使どころか
神さまに見えてるに違いないです~!!
兄さんのむいたリンゴ食べたら、どんな病気も
治っちゃいますね。
森永君の喜ぶ顔が見えるようです~★
来月どうなるんだろ~すでに待ち遠しくてたまりません。
私も壊れっぱなしです~~~(;;^^*)

2009/10/10(土) 01:55:16 | URL | ぐらたん #Neb3My6c[ 編集]
私も
「宗くん 何もしてないね・・・」
この台詞に大爆笑しました(≧ω≦)ツボ過ぎる!!
ぼそりと言ってるんですけど超的確で!さすがパピー!

次号がホント楽しみですね~!
2009/10/10(土) 21:38:19 | URL | 梔子 #-[ 編集]
梔子様★
コメントありがとうございます~!!
宗仁ぱぱ、素敵すぎですよね!!
表情もすごく良い★
次号が待てません。
我慢できませんよね!!
2009/10/10(土) 23:15:41 | URL | ぐらたん #Neb3My6c[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する