ある日、森の中(恋する暴君)に 迷い込んだ、哀れなウサギさんの萌叫び・・・
松田さん

松田さんって何者

未だに謎な女性ですよ

それから

兄さんって

松田さんちの合鍵・・・持ってるのかな??

ん・・・




「こんちわー」

・・・って兄さんが松田さんちに
入っていった時
兄さん、誰にもドアを開けてもらわずに
入っているよね?

松田さんちの玄関には
鍵が掛かってないのかと
初見では思ったんだけど
今時そんな家ないよね?


田舎では
在宅してる場合
昼間は鍵掛けない家も
昔はありました。
庭に面した縁側の戸も
開け放したままだったり。

お客さんがいっぱい来る時はとくにね。

和風の木の引き戸は
鍵掛けるのがちょっと面倒だったりもします。

引き戸の鍵を掛けないでおいて
勝手知ったるご近所さんが
回覧板とか
間違った郵便とか
持って来た時に
<ガラッ>と開けて
玄関に入ってから
「下駄箱の上に置いとくわよー」
「はーい、ありがとねー」
なんて
玄関先と奥(洗濯でもしてるのね)で
声を掛け合うってのは
うちの田舎じゃ
そんなに珍しくない光景だったんだけど
(今は昔、昭和、戦前の話ね・・・;;)←さすがにまだ生まれてないです;;

いやいや戦後「三丁/目の/夕日」あたりは
まだそんなだったと思うよ。

でも今は
田舎でも昼間でも在宅でも
鍵をきっちり掛けてないと
物騒なご時勢です。


<ガチャ>
ってのは
引き戸でなく
開き戸のノブを開閉した音だと思うし。

兄さん
勝手に入っていったのか?
まさか
育ちの良い兄さんがそんな不躾なこと!!??

でも
兄さんが
松田さんちの合鍵を持ってる可能性は
大いにある。

かなこちゃんが
兄さんに
「おかえりなさーい
松田さんに
「宗一兄さんも帰ってきたよー」
と言ってることから

兄さんにハート飛ばす
かなこちゃんがかわゆい

兄さんのこと、大好きなんだなぁ~
うん、アタシも大好きだよ ←意味違うし;;


巽家が全焼した今
実質的には
松田さんちが
かなこちゃんはもちろん
兄さんや巴君の
実家と同じなんだから。

兄さんも
巽家が燃えてから
シェアマンションが見つかるまでの
短い間(数日)は
松田さんちで居候してたんだろうし・・・
森永君も・・・


そうだよ・・・
兄さんと森永君
松田さんちに泊まってたんだよね・・・
松田さんちの二階の二部屋・・・
それぞれを借りてたのか??
(それってかえって怪しくないか?・・・ふふ・・・)
いかーーん(;;><)考察が妄想に歪み始めて・・・←いつものこと;;



そういう場合・・・

合鍵を持っているのに
インターホン鳴らしたら
かえって他人行儀で
不躾になるかな??


だから
兄さんは合鍵で開けて
玄関で大きく声を掛けながら
入っていったんだね?!

ん・・・そっか・・・そういうことか
(自分で疑問振って勝手に納得しました;;)


森永君も居候してた間は
合鍵持ってたかも
でも森永君はマンションに
引っ越してすぐ返してるだろう。

兄さんはそのまま持ってる可能性高いですね。
身内だし、松田さんが留守の時
かなこちゃんに会いに行くこともあるだろうしね。

でも・・・
兄さんにとって
松田さんちって
実家って(あるいはそれに近い)感覚あるんだろうか?

ない・・・と思う。たぶん・・・

兄さんと森永君が
松田さんちに居たのって
一週間も無かったと思うし
手荷物もほとんどなくて
(かなこちゃんは鞄と教科書?
 ウサギのぬいぐるみを持ち出してるけど
 兄さんはゼロ・・・だもんね(;;T0T)
 大事にしてた本とかあったかも・・・
 それとも大学に住んでた(らしい;;)ので
 大学に置いてあって無事な事を願う・・・
 モノに執着するタイプじゃないと思うけども)


兄さんにとって
「家」って
失ってしまった巽家だけだったと思う。
(↑過去形ってことに*^^*)

兄さんが大事に守りたかったのは
お母さんとお父さんと
幼かった兄さん、巴君、かなこちゃん
5人で暮らした
「巽家」そのものだったんだ・・・;;

それ無くなって
命あっても
心が空っぽになっちゃった感じ・・・;;

でも
大事なかなこちゃんは無事だったし
おなじくらい大事な
森永君は自分の手で助けられたし
森永君に慰めてもらって・・・(*^^*)

その瞬間から
兄さんの帰る場所は
森永君居る場所になったんだと思う。



あれ????
この記事は何を書くつもりだったんだ?

そうそう
松田さんのことをね・・・;;

書いてて訳わからんようになるのは
いつものことですが・・・
ここまでズレるのも・・・;;珍しく・ない・か;;><;


りせっと~~~~~~~!!
(でもせっかく書いた文章
 消すのももったいないので
 残したまま~~~~リセット~)



そう!!


松田さんです!! 


御年・・・(60代前半)←推測
続柄・・・(巽母の姉)←推測
家族・・・(逝去した連れ合い+独立した子供二人)←推測 

すべて推測・・・;;

年齢は絵から
(50代後半とも思ったけど、今時の50代
 まだあそこまで落ち着いてない気が;;)

60代でも若々しい某エステシャンの方とかいるけども。
20代から30代前半までは
各人各様による差ってそれほどないけど
30代半ばすぎるあたりから
凄まじいギャップが生じます・・・
20歳くらい違って見える同級生とかね・・・;;うう;;

麗子さんが
あの若々しさと
個性的な美貌で45歳だし。

おっとりした心乙女な遠野ママも
すごく若く見えるけど
40代前半から半ばでしょ。
ゆうちゃんのママも遠野ママと
同年齢くらいだろうけど
一人で頑張って働いて子供育ててるってことで
遠野ママよりちょっと年上に見える。

だから
高永先生の絵的に
松田さんは
60代かな・・・と

「子供が二人
 今は独立してる」
・・・のは
単純に、二階に二部屋
同じ広さらしい空き部屋があるから。

今、70代から50代の方って
子供が二人から三人いる人が
一番多いというし。
別に娘一人、息子二人でも
息子ばっか五人でも二部屋で
住めないことはないけど。
でも大勢の食事作り慣れてそうだから
子供が無いとか、一人だけってことなさそうな気も。

さて

問題は連れ合いさんなのです。
4章の時から気になってたんです。

巽家が全焼して
兄さん達が
松田さんちへ非難した時も
今回も
松田さんの連れ合いさんの
気配さえ感じない・・・

だから・・・

亡くなっているのかなと・・・;;

それに
松田さんちの一階で
松田さんと
かなこちゃんが
一緒に寝てる???

連れ合いさんがいたら
一階では松田さん夫婦が
かなこちゃんには
二階に部屋を与えるのが
ふつーだよね。

かなこちゃんが
二階で一人で寝るのを怖がって
松田さんと寝てるってこともありうるけども。
(あんなことがあった後だから
 無理ないよ;;
 かなこちゃん怖がりだって
 兄さんも言ってたし
 しっかりしてるように見えてもまだ
 13歳の女の子なんだね~
 かなこちゃん、かわいいよぉぉ~
 男共の愚かな争いには全く動じず
 なんでも「うまうま」食べるかなこちゃんが
 キュートです~(^^*)


巴君が部屋割りで
「僕が松田さんの部屋で
 かなこと寝れば 3人で」

と言っているのが
連れ合いさんの存在を感じさせないのです・・・

連れ合いさんがいれば
巴君は
「松田さんとかなこが一緒に寝て
 僕はとなりで伯父さんと寝るよ」
・・・って言いそうだよね?

でも
いくら身内でも
伯母さんと甥っ子が一緒の部屋って・・・
気詰まりじゃないか?
甥っ子が二次成長前ならまだしも・・・
巴君も立派な大人の男性だよ!!
オバサン、困っちゃうわ
そんな可愛い甥っ子と同室なんて
(*^0^*)

いか~~~~~ん(;;><ノ〃〃ペシペシ

(欲求不満が暴走しました;;スマン)
だってさ~
夏コミ行った人達は
森Ⅳ見て萌えてると思うとさ~~~~あうあうあうあ@@@@・・・


あれ?
巴君っていくつだ?
二十歳になってる??よね?たしか・・・

いかんいかん
また
松田さんから
話ズレそうだ;;

松田さんが独身ってことはアリ??
そうすれば松田家は巽母の実家ってこと?

松田さんって
ふつーに結婚して
専業主婦で
今は定年退職した連れ合いさんと
ふつーに暮らしてる・・・っぽく見えるけども。

結婚した子供達が
孫連れて時々帰ってくるのを楽しみに
美味しそうなご馳走作りに励んでる・・・
(趣味で短歌とかもやってそう)

ホントに
日本の何処にでもいる
品の良い
大らかで親切な小母さんって感じですよね

巽家が燃えてる時
「消防車やっと来た!!」
って言ってる青年が
松田さんの息子ってことは・・・
(スープが冷めない距離に住んでて火事を知って駆けつけた)
ナイか・・・;;(想像が行き過ぎてます;;)

もしかしたら
松田さん
もっと遠縁の親戚ってことも。

早くに連れ合いさん亡くして
子供もいなくて
ずーと旅館の仲居さんとかして
生計立ててて
たまたま近所だった遠縁の
巽家の三人兄弟妹を
我が子のように可愛がってた。

特に
巽家のお母さんが亡くなってからは
懇意に世話をしてくれてた。
(独身の場合も以下同文;;)



根拠のない推測妄想は
さておき・・・;;

松田さんが
素敵な女性~ってことは
確かです!!


今回
大いにもめにもめた
部屋割り・・・

あれだけの
騒動を見ていて

「なんかフクザツなのね」

と言っただけで
それ以上詮索しない
松田さん!
ナイスです

オトナだわ~~~~~^0^



この一言が言いたかっただけなのに
無意味に長くなってしまいました・・・



アタシが松田さんなら
スケッチブック持ってきちゃうね。
あんな美形な男子諸君が
5人で雑魚寝って
美味しすぎる・・・ふふふ・・・


い、いかーーーーーーーーん、また(;;><ノx。w・。vぺしぺしぺし


こ、こ、こんな考察に
(考察でいいんか~い??って毎回思う;;)
お付き合いくださって
真に真に~さんきゅう~でした(多謝♪♪♪)
お茶していってね












コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する