ある日、森の中(恋する暴君)に 迷い込んだ、哀れなウサギさんの萌叫び・・・
恋する暴君~5巻~描き下ろし~『後』・・・実況ネタバレ感想~★
やっと~~~~

q(*T▽T*)p~q(*^O^*)p

暴君5巻
 ゲット~~~~~~~!!

こみこみもやっと~~~~~~~着たよ!!

かけかえカバー・・・やっぱり~国博さんのでした~!

5章のパートカラーと言ったら番外編しかなかったしね。
たぶんそうだろうと思ってました。
タイトルも『ぼくたちの失敗』になってました。

とうとう国博さん&真崎さん~★
番外編じゃなくて、本編主役を乗っ取る気らしい(;;^^*)

ペーパーも付いてましたよ!!
そりゃそうよね。
これだけ待たせたんだからペーパーくらい付けてくれなくちゃ!!

それにしても分厚い~!!
こっそり目次を覗くと
本編、番外編、パラレルショート(灰かぶり姫)、あとがき

そして・・・

今回~待って待って待ち望んだ

描き下ろし~~~~~~~~~!!

『後』 

な・・・何ですか??
その恐ろしいタイトルは・・・
目次のタイトル見ただけで心臓が止まりそうになったんですけど・・・;;

いつまでもドキドキ
早鐘のように心臓を働かせては体によくないので
いつものように

実況~~~!!ネタバレ感想~行きます!!




まず本編~♪
ザ~~~~~~~~~~~と流して読みました。

本編最後のページが終わるといきなり・・・
(なにしろ左側のページだから)
目に飛び込んできた・・・

ぶちぬき縦に3分割の
大胆なコマワリの真ん中・・・

兄さんらしき
(目から下しか描いてないです)
人物の上半身(もち裸体★)

(は、はっ)と荒い息。
汗、腰骨あたりに・・・なにやら粘性のある分泌液が・・・

「なんで なんで こんな簡単に」

・・・つまりこれって森永君に手でされて
あっと言う間に***して悔しがってた「後」の兄さんなわけ??

森永君らしき(顔は口しか見えてません)人物が
兄さんらしき人物の腿(?)を押し広げて・・・

「先輩・・・ ね? ほら 全部・・・入るよ・・・」

ぎゃあああああ@@@@@@@@~~~~~~~~~
(1ページ見ただけで危篤・・・;;)

めくるのが怖いよ~~~~~~~~(喜)
どどど・・・どんなあられもない姿が~~~~~?????

め・く・り・ま・す・・・お・も・む・ろ・に・・・

うわ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!
ももももも・・・・森永君!!
ににに・・・・・・兄さんになんてことを!!!!!!!!

あうあうあうあう~~~~;;;(言葉が無い・・・;;)

(ちょっとタンマ・・・スーハースーハー)←深呼吸・・・

森永君!!
完全ブラックモード~全開!!


本編読んだ時も「鬼畜」・・・とか思ったけど・・・
そんなの甘かった・・・

アンタ・・・ここまでしてたの??
兄さんに兄さんに兄さんに兄さんに・・・;;

見せるなんて・・・(;;>。<*)

ヘタレのくせにドS野郎め~~~~~!!!

でもブラックエンゼル君、カッコいいわ(本音;;)
イっちゃってる目がものすっごくセクシーだわ!!
こんな森永君初めてだわ!!素敵!!!!!!!!

「見える?」といって兄さんの腰を持ち上げ・・・

兄さんの反応を見て
(トーゼン兄さんは顔を上気させて)

「バカか お前は」と言い放ちます。

でも兄さんの指先は震え・・・
たぶん・・・兄さんの***も立・・・
左手が腿のほうに伸びてます
(見えるものを・・・あるいは起立したものを・・・
 隠くそうとしてる?)


兄さんの反応に満足したのか
真っ黒エンゼル君は(ふ・)と笑み
兄さんの腿にキス・・・

「動くよ?」と言って
兄さんの「待・・・っ」という制止も聞かず
腰を高く上げさせたままで・・・

め・・く・・り・・ま・・す・・(なんか一気に読むのがもったいないような)

涙目の兄さん・・・(かわいそ~~~~~;;)

兄さんの左手を握りこんでシーツに固定し・・・
完全に兄さんの体を手中にしたブラック森永君!!

これでもかの言葉攻め

「わかる・・・?
 先輩の中 いつもより・・・・・・・」

「オレが入ってるの
 ・・・・どんな感じ・・・?」


なななななん~~~~~~~~~なんて~~こと~~~~
まだ聞くんか~~~~~~~~~~~~~~????!!

(アタシ、心拍数300行ってんじゃないかな??呼吸困難・・・;;)

「先輩のいいところに
 あたってるでしょう・・・」


あたったらしい兄さんは・・・
森永君の顎あたりを押さえて・・・

めくる・・・・よ・・・・(これで5ページあと5ページ・・・)

「この場所・・・覚えてね
 オレの感覚も」


「それで また
 一人の時に・・・思い出してよ」


そうよね~まだ一ヶ月もあるしね~
一人で・・・もう毎晩しなきゃなんなくなるかもだし~;;^^*)

でも兄さんは快感に声を上げながらも
必死で抵抗を試みてます。

(何言ってんだ ドアホ
 ぜってえしねえから)

(くそっくそっ
 ぶん殴りたい)


しかし・・・
あちこちキスされ
ちく美をもまれ
激しく動かれ

与えられる快感になすすべもない兄さんは・・・

(ヤバイ
 今 しゃべると
 なにか)


何か・・・森永君を喜ばせてしまうようなこと
口走ってしまいそう????・・・ってこと????

何も口にすまいと
口元に手を当てて
それこそ全身全霊で耐える兄さんが愛しい~~~(*^^*)

あと3ページだよね・・・い、息が・・・
め・・めくります・・・ぜいぜい

その瞬間・・・
兄さんの全身に電流が走ったかのような衝撃・・・

(ぎゅうう)
(びくびくびく)

・・・って
・・・これって
つまり内壁が(どこの??)

締まって
痙攣して
律動して・・・

兄さん意識飛んでしまったようです・・・
ぐったりと力の抜けた兄さんの表情が

ひどく儚げで
痛々しいほど
美しいです・・・

もちろん森永君も相当快感だったと思うのに

「え・・・いまのって
 うしろで・・・
 そうだよな?」


分析するな~~~~~~~~~~~~!!
森永~~~~~~~~~~~~~~~!!

兄さんがおっ死んでて、森永君がレーセーなのが許せん(爆)

あと・・・1ページだよね~~~~~?!
めくる・・・・・・・・・・よっ

意識の無い兄さんに
森永君は(たぶん真っ黒でなくシルバーくらいには戻ってる?)
優しく語りかけます・・・

「こんなに感じてくれて嬉しい・・・」

れーせいだったわけじゃないんだ?
感動してたんだね!!森永君。
やっぱ良いやつ ←掌返したように褒める

(今度ちゃんと教えてあげよう)何を??あれ以上!!

「もっと一緒にいたいよ・・・」

「早く帰って来て下さいね
 先輩」


清らかな兄さんに
あ~んなこと
こ~~~んなことやりたい放題してた
ブラックエンゼルフェイスを脱ぎ捨てると
本当に森永君って
兄さん一途な好青年の顔するんだよねぇ~

キスする森永君の背中が
広くて穏やかで静かなのがすごく良いわ~~

これで・・・END・・・です。

ああ~~~~~~

まさに
桃源郷でした★

兄さんがこんなに感じてくれて
私も嬉しい・・・!!

まだドキドキしてるよ

タイトルの『後』って
「あと」じゃないんだね?
「うしろ」って意味なんだ!?

兄さんの
「うしろ」・・・・

ぎゃああああああああ@@@@@@@@~~~~!!
また心臓が~~~バクバクバクバク;;;

ところで兄さんは
朝・・・起きた時
どんな顔で森永君を見たのかな??

「おはよう」ってにっこにっこの森永君の顔見て
夕べのこと思い出して
ものも言わずにぶっ飛ばしたんだろうか??(それ期待)

翌日の
「もう機嫌なおして下さいよ」という
森永君の台詞の中には
お隣さんに聞かれたってことだけじゃなく

夕べの
そんなこんなの意味もあったのかな??と
ちょっと思いました。

それにね。
やっぱり気になります!!
森永君が帰った後・・・

その後の兄さん

「ぜってえしねえから」

と言ってたけど・・・
兄さんのことだから
がまんしてがまんしてがまんして
マジ全然しなかったとしても
不思議じゃないけど
真相は・・・どうなんだろ・・・??

ベッドに寝転んだら
どうぜん思い出すよね~

眠れなくなるよね~~~~~

毎晩
水風呂じゃ体によくないしね。
兄さん

たまには温まって
独りで
ほかほか兄さんに
なってください!!

ま・・・余計なお世話だって
兄さんにぶっ飛ばされないうちに


実況~感想~〆ます~~~~~!!



「あとがき」~~~
高永せんせのあとがきって
いつも面白い!!今回も3回笑った~~~~!!



6章はどんな風に始まるんだろう??

兄さんが帰国して・・・
二人の同棲同居生活が
こんどこそゆっくり楽しめるのかな??

私としては
真崎さんに再々登場してほしいけどな~

兄さんを「嫉妬」させたい

無自覚な嫉妬もいいけど
ちょっと自覚しても
そろそろいいよね~♪♪♪


ということで~
ここまで読んでくださった方
ありがとうございます~~~~

6章~始まったらまたお付き合いくださいね~!!







コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する