ある日、森の中(恋する暴君)に 迷い込んだ、哀れなウサギさんの萌叫び・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
少年~森永君


中学一年生くらいの~森永君です~★


             森永君1


もうこの頃・・・
真崎さんに恋してたのかな・・・







国博さんと喋ってる
真崎さんみて
ドキドキしたり
夢をみてしまったり・・・

それが
恋だと
いつ・・・
気がついたんだろ・・・

自分の性がそういうものだと
いつ・・・
知ったんだろ

告白するまで
いっぱい
悩んだんだろうか
苦しんだろうか

打ち明け
真崎さんも
同じだと知り
どんなにか嬉しかっただろう・・・

でも
抱きしめた
からだが
冷えているのに
気づいたとき

森永君は
それでもいいと
目をつむったのだろうか

いつか
自分だけを見てくれると
信じたんだろうか

なにもかもが
壊れてしまったあと

なにもかも
信じられなくなって

だれもかれも
信じられなくなっていた
森永君が

なぜ・・・

兄さんだけは
信じたんだろ・・・

信じることが
できたんだろ



もくもくと研究に勤しむ
孤高の青年に

恋に絶望していた少年は
なにを見出したんだろう・・・







初めて
レイヤーっての使って
描いてみました~

Pixiaではレイヤーの使い方が
全然わかんなかったんだけど
Saiはすぐわかった~★

すごく描きやすかった~

でもこんな描きかたじゃ
あんまし効果なかったかな・・・

質感も変えられたので
キャンバス地風にしてみました~











コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。