ある日、森の中(恋する暴君)に 迷い込んだ、哀れなウサギさんの萌叫び・・・
真崎順也さまへ・・・

以前書いた真崎さんのついての記事は
成長した真崎さんを知る前の

勝手な希望的(期待!!)考察でした・・・(;;^^)


GUSH・11月号読んで
・・・大人になった真崎さんに再会して・・・
思ったこと・・・いくつか・・・





Sっけのある美青年・・・好きなんで・・・
ついつい・・・
無責任に
真崎さんが・・・そうなら・・・と考えてしまいました・・・



でも・・・まさにそうだった真崎さんを見て・・・



あまりに痛々しくて・・・



今の森永君が
今の真崎さんを見たら・・・



きっと・・・悲しむ・・・

・・・そう思ったら・・・



喜んだ自分がすごく卑怯な人間に思えて
・・・まあ・・・それでも・・・読み返すたび
楽しんでんですが・・・(おい!!)




森永君は人の不幸を喜ぶなんて絶対出来ない
純真な人だから・・・

真崎さんに裏切られた・・・そのために荒んだ時代もあった・・・

それでも・・・
森永君は真崎さんの幸福を祈ってると思う

今、この時も・・・

兄さんのことで
いっぱいいっぱいな森永君が
過去の恋人のことを思い出すようなことは
ほとんどないと思うけど

自分がいい人に出会って
今、幸せなら
(兄さんにぶっ飛ばされても幸せなんだよ!)

きっと
真崎さんも幸福であってほしいと
願わずにはいられないだろう・・・
森永君ってそういう奴だと思う



なのに・・・

真崎さんは・・・



生来のSM好きならほっとけばいいけど・・・
真崎さんは・・・



違う気がする・・・



なんか・・・自分を自分から貶めている気がする・・・



国博さんへの行為も
言葉も・・・
国博さんを辱めてるのでなく

真崎さんは
真崎さん自身を辱めている・・・



すごく・・・心が弱い人だという気がする・・・



その弱さで
少年森永君と関係を持ち
少年森永君を裏切った・・・傷付けた・・・



少年だった森永君が
真崎さんを本気で好きだったことは
真崎さんは充分承知していたはずで・・・

だから・・・

そのことに対する罪悪感もあるだろうし
好きな人に自分の一番見てほしくなかった
浅ましい姿を見られてしまった・・・
知られてしまった・・・
そのショックもあるだろう



自分が
ゲイ・・・かもしれない・・・と
そのことだけでも
様々に悩み苦しんでいただろう・・・



繊細で多感な思春期に

密かに思っていた相手に

「汚い 変態」

・・・と罵られる・・・

死にたくなっても無理はない・・・



・・・死に損なったことで
ますます、自分を情けなく卑下してしまうのも
落ちてしまうのも
無理はない・・・と思う



それでも・・・
生きていかなければならないのなら



自ら・・・辛い生き方を選ぶことなどない



そうしないと生きていけないなら
そんなに哀しいことはない



手錠で拘束するような恋人と暮らし
その恋人に抱かれる事で
自分をもっと弱くしているようなら

その恋人を真崎さんが愛してなければ・・・
その病変はもっと根深い・・・



でも、自分を不幸にする生き方って
カンタンなんだよ
その不幸に甘えて流されてりゃいいんだから
自分を幸福にする生き方のほうが難しい・・・



国博さんのことは
あんまり危惧してない

あの人は弱くないから
たとえ・・・
あのまま
真崎さんに陵辱されても・・・

あの部屋に
真崎さんの今の恋人が帰ってきて・・・
そのSオトコが・・・
国博さんを犯す・・・
真崎さんはそれを冷たく見てる・・・
・・・というさらにSな展開も考えられるが・・・

道具とか使うSって・・・萌えないんだ~
心理的にダメージを与えるってほうが・・・(鬼畜)




それはさておき・・・



森永君が芯が強いように
国博さんも強いと思うんだ
優等生できた人で、免疫ないから
いったんは挫けると思うけど
この修羅場を乗り越えれば
今の森永君のように
もっと優しくなれる・・・
その力が国博さんにはあると思う。



心配なのは
真崎さん・・・

あのまま・・・
国博さんを犯したら・・・

一番傷つくのは
真崎さん自身だと思う・・・

男にとって
初めて愛した人って・・・宝物でしょ?

森永君が真崎さんを大切にしてやりたいと
思っていたように
真崎さんにとって
国博さんって
・・・もしかして・・・まだ未練があるならなおさら・・・
誰より大事な人・・・なはず・・・

そんな人を壊すようなことをしたら
真崎さんは自分の中の一番綺麗なものを
壊すことになる・・・

そんなことをしたら
それこそ・・・立ち直れなくなるよ・・・真崎さん



だから・・・
もう充分・・・



国博さんにとって
あの行為は
「複数の男に輪姦された」・・・ことに匹敵するショックだし・・・

友人だと
ずっと気に掛けていた男に
それをされた・・・
そのことだけで
もう罪を償った・・・と
許してやってもいいじゃないか?



だから・・・もう・・・やめようよ・・・
(読者である私は残念だけどね・・・)←鬼



言葉があるんだから・・・
言葉で
真摯に話せばいい・・・

どうして・・・
あんなことをしたか・・・

国博さんの何が自分を
あんな行為に駆り立てたのか・・・

そして
過去の自分の思い・・・



何もかも吐き出して
楽になろうよ



それが・・・
国博さんのためでもあると思う

人を愛する事の闇の部分・・・
国博さんはわからないのだから



だから・・・奥さんに

「愛されてる感じがしない」

・・・なんて逃げられたと思うし・・・



ぶちまけろ!!



人を愛した人間が

どんなに

馬鹿で
愚かで
変で
弱く
醜くなれるものか・・・

朴念仁・・・国博さんに教えてやればいい・・・






奪う事を知り
奪われる事を知る


与える事を知り
与えられる事を知る



それが恋ってもんでしょ・・・



兄さんと森永君も
そんな恋をしてる



だから・・・



兄さんは
夕べ
どんなに森永君に恥ずかしいことされたって

朝には
いつもどおりの暴君な顔で
まっすぐ前を向いていられるんだ



自分を恥じることなく


















































コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する