ある日、森の中(恋する暴君)に 迷い込んだ、哀れなウサギさんの萌叫び・・・
「ある日、森の中。Ⅲ」19p~20pの間の出来事・・・感想~★

森Ⅲの夏コミペーパー

昨日から目一杯堪能しています~!!

個人で楽しむだけなら保存OK!!・・・ということで
お言葉に甘えて、PCに保存しました~!!

専用フォルダにまとめて、スライドショーにして
繰り返し繰り返し見てますよ~

~~~~~~~~~~~q()p~~~~~



以下かんそ~!!









1ページ目・・・

多分・・・イった直後のクマ君
「はあ・・・はっ・・・」
息を切らしてます。

白衣は肩が脱げてます。
脚は・・・生脚っぽい・・・

森永君は上半身は脱いでても、ボトムは身に着けてることが常ですが
クマ君は反対です。
(右太ももの内側の滴りは・・・汗・・・ですか? それとも・・・)

なんか・・・新鮮だ~~~!!
イった直後の森永君って・・・こんな顔してんだ~~~!!??

いやクマ君ですよ!!
クマ君としては多分初めての行為・・・初めての感覚に
呆然自失といった表情・・・

そんなクマ君の下・・・
オオカミさんがうつ伏せで倒れてます・・・
全裸です。
・・・だけがかなり高く持ち上がってます。
まだつながってます・・・
シッポが背に乗かってます。
ヒップが濡れてます・・・
オオカミさん・・・意識がないようです・・・

注目すべきは・・・クマ君の左手・・・
血・・・だらけです。
特に第二指・・・するどい爪の下が真っ赤(黒ベタ)です。

いったい・・・なにがあったんだ・・・???・・・

そんな感じです・・・
兄さんが森永君にレイプされた時だって
ここまで凄まじくはなかったよな~・・・

さすが・・・獣・・・

昔・・・
つがいでワンコを飼ってたことがありますが・・・
発情期になると、♂君はギンギンになって・・・
嫌がる♀ちゃんの背中の毛を噛むものだから
♀ちゃんの背中は発情期の度に禿げてました・・・
(閑話休題)




2ページ目・・・

うつ伏せで横たわるオオカミさん・・・クマさんから見下ろした構図です。

このうつ伏せたオオカミさんの背の骨が好い~!!
なんか触りたいぞ!!!!!

それに妙に肉感的なのだ~
筋肉の厚みとか肌の質感とか
とても巧みに表現されてます
巧いです!!美味いです!!!!
高永せんせのデッサンの確かさに惚れます!!


未だ荒い息を吐くクマ君・・・
感情の無い・・・顔をしてます。
目にも何も見えてないような感じです。

・・・でいきなり・・・「ん」・・・ずる・ ・・・抜く・・・

いや~~~~~新鮮~~~~~~
こんな森永君!! かっこいい~~~~☆☆☆
右手の指の間・・・

・・・にあるものから・・・
オオカミさんのシッポに隠れた内腿の間から・・・

・・・どろ・ ・・・

・・・流血・・・

兄さんが森永君にレイプされた時は
テクニシャンエンゼル君のおかげで
十分ほぐされて十分濡らされて・・・そのおかげか
初めてにも関わらず流血には至らなかったらしい・・・
(でも奥がズキズキとかいってたから・・・奥が多少はダメージ受けてたのかな~?)

森にはローションもワセリンも売ってないし・・・
そもそもクマ君にそんな知識は無かったし
発情期の♂本能の赴くまま・・・
オオカミさんが欲しいという渇望のまま
やってしまったので・・・
こんなことになったんだ~~~~

獣だから爪も鋭いし、牙もあるし
ふつ~に触れたとしても傷が付くのに~

血を見て
やっと我に返ったクマ君・・・

冷めていた顔にやっと感情が戻ります。


4ページ目・・・

オオカミさんを仰向けに起そうとします。

しっかし・・・

オオカミさん・・・
傷だらけ・・・

えっ・・・ オレ・・・
オレがやったの・・・・・・


こんなはずじゃ・・・
こんなことするつもりじゃ・・・

そんな戸惑いと・・・畏怖を感じているのかな・・・
本能に突き動かされて何かしてしまった・・・ってこと・・・
初めてだったんだろう・・・
そんな自分の仕業に恐怖さえ感じている様子・・・

しっかし・・・
このオオカミさんが・・・

意識の無い傷だらけのオオカミさんが・・・

う、う、う・・・美しい~~~~~~~~~★☆★☆★☆ 

おまけに・・・ですね・・・
下腹の・・・かなり・・・ギリギリまで・・・見えてますが・・・
ヘアっぽいもの・・・描いてありません・・・??????


胸の大きな傷跡・・・
乱れた髪・・・
クマ君の欲望の痕跡で、ボロボロどろどろになってますが
引き締まった精悍な青年の肢体です。
凄惨たる風情が艶かしい・・・

こんな兄さん・・・新鮮~~~~~~~!!
兄さんが森永君をコテンパンにすることはあっても
森永君が兄さんを傷つけることは決してないから



4ページ目・・・

慌てて外に飛び出し
オオカミさんの傷を癒すための薬草を採りに行くクマ君。

・・・でも・・・

クマ君の棲かで
傷だらけの姿態を晒し
昏々と眠るオオカミさんを見ていて・・・



5ページ目・・・

とても・・・
悪いことをしたのは
わかっているのに・・・

オオカミさんが・・・
ここにいる・・・
オレの前に
横たわってる


採ってきた薬草を抱えて
オオカミさんを見下ろすクマ君の中に
うっとりとオオカミさんを見つめるクマ君の瞳の中に

とても・・・危険な

邪悪な・・・感情が湧き上がってきます・・・



6ページ目・・・

オオカミさん・・・
体をふいたら薬をぬってあげるから・・・
待ってね


意識の無いオオカミさんに語りかける・・・

笑ってる・・・

目がふつーじゃない・・・

ご乱心・・・

・・・病んでます・・・

ホント・・・

「146」の高永力石・・・



すっごい・・・

こんな森永君!!

 新鮮~~~~~~~!! 

(こればっかり・・・でもマジしんせんなのだ!!)



森永君の中にも
こんな欲望が
こんな危うさが
こんな狂気が
潜んでる・・・

いや・・・5章・最終回ですでに証明済み??!!



・・・でここから「森Ⅲ」・・・
オオカミさんが目を覚ますところへ続く~~~

目を覚ましたオオカミさん・・・
ちゃんと服を着てました(ボトムも)
メガネまでしてました・・・
ちゃんと毛布を掛けてふかふかの干し草のベッドに寝てました。

・・・ってことは・・・
あんなに傷だらけで
色々な分泌液にまみれていた
オオカミさんの体を
クマ君はふいて・・・(なめて)

身なりを整えてあげてるときにも
ずっと・・・
微笑んでいたのかな・・・

オオカミさんが
自分の手中にある・・・
その幸福に酔い痴れて・・・



・・・6ページ分の感想がえっらく長くなってしまった~~~~~
何時間掛かって書いてんだよ~~~~ってなことになってます・・・
0時過ぎてんじゃん~~~~~~~
まだフロはいってね~~よ!!
明日、じゃない・・・今日・・・休みじゃね~~~よ~~~~

・・・ってことで・・・
とーとつに終わります・・・
読んでくださった方いましたら
ありがとうございました~~~
よかったらコメしてね!!
愛してます

誤字脱字などは後で直します~~~ 








コメント
この記事へのコメント
ぐらたんさん、こんばんは♪
ついにアップされましたね~!(*^_^*)
PCが家人共有なので隙を狙ってやっとゲットしました;;
噂以上にすごかったですね!!クマ君にもオオカミさんにもうっとりです~
早く仲直りしてほしいですが、次々と萌えバクダンを投下して下さる先生のおかげで来年までじっくり待てそうですね!
2008/09/20(土) 20:10:40 | URL | 三日月 #-[ 編集]
三日月様★
コメント頂きありがとうございます~!!
ホントに想像を遥かに超えてましたね~★
クマ君の純真で一途な心が、オオカミさんに早く
届くといいな~と祈るような気持ちです。
森永君より先に、クマ君には幸せになってもらいたいな~。
でもどうやって仲直りするんだろ~??
ちょっと心配です・・・(;^^)
全力でクマ君を弁護したい気持ちです~★




2008/09/20(土) 21:00:37 | URL | ぐらたん #Neb3My6c[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する