ある日、森の中(恋する暴君)に 迷い込んだ、哀れなウサギさんの萌叫び・・・
暴君本専用BOX
連休だということで、姪っ子(小学3年生)が遊びに来てます。



勝手知ったるオバさんの部屋つ~ことで

あちこち探られ触られるので

めったなところにGUSHを置いておけません・・・

(興味津々って感じで見回してました・・・
 いろいろゴチャゴチャあるから・・・マンガだのマンガだのマンガだの・・・)








・・・だから・・・ってわけでもないけど

BL本専用に・・・↓・・・を買いました。



衣類用の収納BOXなのですが、非常に使い勝手が良いです。

心配なのは本の重みですが、なんとか耐えてくれてます。



以前、合板の押入れたんすの引き出しに本を収納してたら
・・・底が抜けました・・・

本って重いんだよね・・・



我が家には、本と名の付くもんが
(ハードカバーから雑誌の類まで含め)
ろくなもんはありませんが
数だけは死にたくなるほどあります・・・

今は亡き家族のものが一番多いのですが・・・
ダンボール箱に入ったまま、何年も放ってあるものもあって・・・
埃にまみれたままだったりしてるものもあって・・・
同じ内容の本がハードカバー、新書版、文庫版・・・揃ってたりして・・・

未読(たぶん・・・)の重たい全集なんかもあって・・・
昭和初期くらいの発行の茶色くなった・・・
触ったら・・・枯れた木の葉のように
こなごなに散ってしまいそうな古本もあって・・・
保存が良ければ売れそうなのに
正直・・・めちゃ・・・ばっちい・・・

正直・・・手を出したくない・・・



画集など絵に関するものは、私がもらいました。
辞書(やたら国語辞典がある・・・)も、私がもらいました。
春画(誰の趣味だよ~!?)も、私がもらいました。
(全然萌えない~・・・男女だし~・・・ありえね~体位だし~ありえね~大きさだし~
グロすぎて~笑うしかない~・・・でも一応「絵」なので私のモノってことになった・・・
売っぱらいたいが・・・古本屋に持っていく勇気が無い・・・)

マンガはもちろん、私がもらいました。

あとは・・・ほったらかし~・・・(趣味違うし)



それでもとりあえず・・・
自分のBL本くらいどうにかしようと・・・(なにしろ・・・危険物だし)
・・・今のところ際限なく増えていくのはBL関係だから・・・
(特に唯一買ってる雑誌・・・GUSH・・・が場所取るから~)
・・・ということで上記の収納BOXを買ったのです。

BOXの上には、ちっこいテレビ(まだアナログ)が置いてあります。
BOXの下の引き出しには、高永先生が挿絵を描いてる小説本と
暴君以外のコミックスが入ってます。
BOXの上のひきだしが暴君専用です。

以前・・・↓・・・こういうことがあったので引き出しに仕舞うことにしました。

怪談・・・その3


チャレ4冊、暴君4冊、森3冊、今年のGUSH4冊も入ってます。
まだまだ~~余裕がありますよ。

6章・・・いつ始まっても大丈夫~!!・・・くらい余裕すぺーす♪♪♪



・・・で・・・
今日の昼前・・・
姪っ子がダイニングで他の家族と遊んでいることに安心して
こっそり・・・
GUSHを読んでました。

まだGUSH6月号から、今月号まで通しで読んでなかったので
夢中になって読んでました。

「ね~」

・・・といきなり頭の上から
姪っ子の声がしました。

え~~~??!!

慌てて持っていたGUSHを、開いたままになっていた引き出しに落として
ぴったり閉め・・・
何食わぬ顔で

「何か用?」・・・と姪っ子に振り向きました。
色鉛筆が欲しかったみたいです。
自分で取って、焦ってるオバサンには全く頓着せず
さっさと戻って行きました。



は~~~~~~~~~~~~~

あぶなかった~~~~~・・・!!



でも・・・

姪っ子が行ったあと
引き出しを開けてみたら・・・

GUSH7月号のページが何ページか折り目が付いちゃってました・・・

ぎゃあああああああ@@@@@@@@@@~~~~~~~~~~

暴君じゃなかったから・・・まあ・・・いいけど・・・
でも哀しい・・・兄さんが傷ついたみたいで・・・



もう・・・一冊買うか・・・??



そうやって
また増えていくのかな・・・(ため息)























コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する