ある日、森の中(恋する暴君)に 迷い込んだ、哀れなウサギさんの萌叫び・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちいさいにいさん・・・その1



想像するしかないわけですが・・・

兄さんが・・・

まだ・・・「にいさん」じゃなかった頃

どんな子供だったのかなって・・・




                    















                  ちいさいにいさん1


「そうくん 良い子ね」・・・なんて褒められると

ちょっと頬染めて(嬉しいんだけど)

唇をきゅっと噤むような

口数の少ない・・・

男の子だったのかな~~~~なんて

思ったり・・・




誰かが苛められてたりすると

黙って

苛めっ子を打っ叩たいて

結構、他の子供達から

恐れられたりしていた・・・かも?・・・とか



遊びの仲間に入れなくても

ぜんぜん気にしてなくて

ひとり・・・もくもくと・・・砂の城なんか作ってたり

じっ・・・・・・とアリンコの行列を見てたり



そんな様子が

あんまり子供っぽくなくて

「変わった子だな」・・・って・・・

大人達からは思われていたかも・・・



でも

そうくんを

よく知る人は

そうくんが

どんなに優しい

あったかい

かわいい子供か

知ってたから

そうくんは

そうくん・・・って

呼ばれていたんだよね




そうくん

もうじきだね

もうじき

ここに

出ておいで





ここだよ





そうくん・・・






















森永君の誕生日はギリギリまで忘れてたのに
この違いはなに??・・・って
我ながら思う・・・(は~~~~~~


























コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。