ある日、森の中(恋する暴君)に 迷い込んだ、哀れなウサギさんの萌叫び・・・
「孤独死しても おまえとなんか くらさない!」

「孤独死しても おまえとなんか くらさない!」



ご存知、暴君4章・・・エピローグ・・・

家を焼かれた巽兄妹、森永君が一時身を寄せた
松田家のベランダでの兄さんと森永君の会話

・・・兄さんの台詞・・・



この書き文字の台詞には
どんな意味があるのか・・・

ふと・・・
思いついたこと
一言・・・








書き文字だし
コマワリの枠からもはみ出てるし
(ふとすると切れちゃうよ・・・あぶない、あぶない)
だから・・・たいした意味は無いのかもしれない


まんまな意味しかないのかもしれない


最初読んだ時・・・

そこまで森永君との同居が嫌なのか??!!兄さん!!!

・・・と・・・思っただけだけど
三連休の間にしみじみ4巻を読んでて
(あれ・・・??)って思って・・・

なんとなく引っかかるんですよね・・・


「孤独死」


なんて・・・穏やかならざる言葉じゃないですか?
このところ「死」という言葉に敏感になっているせいかな・・・?


時々新聞の片隅に・・・
独り暮らしの・・・
誰にも見取られず・・・
亡くなって何日か経っていたとか・・・
そんな記事があったりします。


どんなに大勢の家族に見守られた旅立ちだとしても
「死」は孤独なものです。
だから、誰かに傍についててもらいたい・・・
手を握ったり、名前を呼んだりしてもらいたい・・・

兄さんは、それが森永君じゃ嫌だって言ってるんですよね?

おまえにそんなことされるくらいなら
孤独死でいいと・・・


つまり・・・
兄さんの「老いた自分」のイメージは

「独り」

・・・なんでしょうか?

つまり・・・
兄さんには
「結婚」・・・のビジョンがないのでしょうか?



世間一般・・・ノーマルな男性の「老後」「死」のイメージは
奥さんに介護され、奥さんに看取られ・・・
若い未婚の男性でも、そういう漠然としたイメージを持っていると思ってました。

結婚している女性は
旦那より先に私は逝けない・・・って思ってますよね?
その反対に男性は、奥さんのほうが自分より
先に逝ってしまうとは思ってないんじゃないか・・・?



それはともかく・・・



「孤独死しても おまえとなんか くらさない」

・・・という兄さんの台詞に

兄さんは「結婚(もちろん女性と)」という、ビジョンを抱いてないのだろうか??

・・・ふと・・・疑問を持ちました。



つまりこの台詞には・・・

「俺は結婚しない」

・・・という暗喩が含まれているのではないか・・・??



つまり・・・

「孤独死しても おまえとなんか くらさない」

・・・という台詞を(都合よく)引っくり返すと・・・



「おまえと くらさないと 俺は 孤独死 しちまうんだよ!!」


・・・って言ってるように
聞こえてしまいました!!!!



つまり・・・

これって

うっかり・・・無自覚な・・・

兄さんの

森永君への

プロポーズ???





・・・考えすぎ???




















コメント
この記事へのコメント
面白い意見だと思いました!
そんな意味も含まれてるのかもしれませんね。

兄さんの頭の中に結婚の二文字が全く無いという状況は、森永くんにとっては本当に嬉しいことだろうと思います♪
2008/07/24(木) 23:25:54 | URL | kai #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/07/25(金) 05:34:55 | | #[ 編集]
kai様★
ご賛同頂けてうれしいです!!
ありがとうございます~★
兄さんが何処に逃げようが、森永君は
地の果てまでも追い掛けていくだろうから
兄さんの孤独死なんてありえなさそうです。


名無し様★
コメント頂きありがとうございました!!
ホントにすっごい無理矢理です(;;^^)
貴方の考えが正しいと思います。
ほんの妄想、希望ですから・・・
笑って読んでやってくださいませ。

でも、生活能力無いってどれほどなんだろう??
過去に、食事を作ろうとしてて、どんでもない
失敗したとか・・・なんか面白エピソード
ありそうですよね??!!
かなこちゃんにこっそり聞いてみたい。
2008/07/25(金) 17:33:06 | URL | ぐらたん #Neb3My6c[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する