ある日、森の中(恋する暴君)に 迷い込んだ、哀れなウサギさんの萌叫び・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「黒男」
「きみが恋に堕ちる」・・・のコミックスとドラマCDを

貸してくれた友人が

「結構いいよ~」と言っていたので

名前だけ覚えていた。

・・・「もう亡くなってる作家だけどね」・・・という言葉とともに・・・




いつだったか・・・

近くの本屋さんで見つけて

買ったんだけど

なんとなく

読まなかった・・・



 あとり硅子さんのコミックス

 「黒男」 






黒男 (ディアプラスコミックス)黒男 (ディアプラスコミックス)
(2001/10)
あとり 硅子

商品詳細を見る







ふと・・・

昨日、本の整理をしていて

「ああ・・・そういえば買ってたっけ・・・」

初めて読んでみました。



「幽霊」とか「死神」とか
「生霊」とか「守護霊」とか

あっちの世界の住人達と
こっちの世界の住人達との
魅力的な遭遇・・・

ゆかいで・・・ほのぼのとして・・・やさしい・・・
そしてせつない

買ったのに
なんで今まで読まなかったんだろう・・・

後悔したけど
でも人と人の出会いのように

人とものの出会いも
時期ってものがあるのかな・・・?

この本を買ったときの私には必要なかったけど
今の私に必要だから
「今」・・・出会えたのかな・・・??



見つけたら
また
あとりさんのマンガ、読んでみたいと思います。













コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。