ある日、森の中(恋する暴君)に 迷い込んだ、哀れなウサギさんの萌叫び・・・
命ってはかない・・・

今日・・・

すごく嬉しいことと

すごく悲しいことがありました。




嬉しかったのは

偶然・・・ふる~~~~~い友人に会ったこと・・・



悲しかったのは

その友人から

クラスメイトの死・・・を聞いた事・・・






学校を卒業してから
一度も会ったことがありませんでした。

クラス会にはいつも
「病気療養中のため欠席します」・・・と・・・

親しかった人なら
お見舞いに行こうという気にもなってたんでしょうけど
クラスメイトってだけで、親しかったわけでもないし・・・

そういえば・・・
背は高かったけど、色が白くて華奢な雰囲気の子だったな・・・
目のクリクリした可愛い子だった・・・

思い出らしい思い出はない・・・
何か話した記憶もない・・・

なのに
その子が
卒業文集に書いていた
「将来の夢・・・******」
・・・という文字が突然浮かんできて・・・

それを書いたときの幼かった彼は
自分がこんなに早く死ぬなんて思ってなかったんだろうな・・・



命ってはかない・・・

分かってはいるけど
それを実感することって
ホントに少ない

今・・・在る・・・一秒一秒が
死に向かっているなんて考えてたら
生きてなんかいらんない
だから・・・

でも・・・



(なにを書きたいんだったか・・・わからなくなった・・・混乱してます)




**くんの冥福を祈ります・・・













コメント
この記事へのコメント
偶然なのに
彼からのメッセージみたいですね…

周りから見たら、儚いとか、一瞬の、とか
思えてしまう時間でも
彼はきっと一生懸命多くの時間を持ったと思うんです。
だから悲しむだけでなくて
どういきていくか
という風に考えてくれたほうが彼も嬉しいのではないでしょうか…

元気出してください。
2008/07/21(月) 03:24:08 | URL | hねま #T0Gchsyc[ 編集]
自分と少しでも関わりのあった人がこの世からいなくなるって、本当に悲しいですよね。
世の中は何もかもが儚いですが、だからこそ、この瞬間瞬間を大切にしていきたいです。
ぐらたんさんのご友人のご冥福を、心からお祈りいたします。
2008/07/21(月) 13:15:00 | URL | kai #-[ 編集]
はねま様★
コメント下さって嬉しいです!!
はねまさんの仰る通りですね。
もう若くはないけど、まだまだ死ぬような年じゃないよ~って
ショックが大きすぎて、ずしって落ち込んでしまったんですけど、
そう考えるとすごく救われます。
そういえば、卒業後たった一度街で見かけて
「こんにちは」って言ったこと、思い出したんですよ~。

ありがとうございました!!★


kai様★
コメント頂き嬉しいです!!
こうしてる一瞬一瞬、二度とない時間なんですよね。
一期一会って言葉がすごく身に染みます。

忙しさに追われて「生きる」とか、ましてや「死」なんて
ほとんど考えませんけど、時々は立ち止まってみて
自分が今在る時間を愛おしんでみたいと思います。

はねまさん、kaiさん、ホントにホントにありがとうございました!!



2008/07/21(月) 18:09:38 | URL | ぐらたん #Neb3My6c[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する