ある日、森の中(恋する暴君)に 迷い込んだ、哀れなウサギさんの萌叫び・・・
女性の声で・・・

そういえば・・・
7月号のぐsh(変換前)の画像をアップするの
忘れてました・・・

遅まきながら・・・   ↓


GUSH (ガッシュ) 2008年 07月号 [雑誌]GUSH (ガッシュ) 2008年 07月号 [雑誌]
(2008/06/07)
不明

商品詳細を見る








隣室から聞こえてきたのは

男女の房事の音でした・・・

その女性の声で

兄さんは「へんな気分」になってしまいました・・・



それは、いかな清純な兄さんでも当然といえます。

男子の肉体はそういうふうに創られているのですから・・・

むしろ、そういう自然の欲求を我慢する方がよろしくない・・・

肉体的にも精神的にも、よろしくないと思います。


・・・では・・・

隣室から、聞こえてきたのが

男女でなかったら・・・


男同士だったら・・・

兄さんは・・・

へんな気を起こしたんでしょうか?


そこんとこ・・・どうなの????

むちゃくちゃ・・・気になります!!


チャレ時代の兄さんなら

隣接する壁をぶち壊していたかもしれません・・・

破壊された壁の向こうで「何事!??」と抱きあい怯えるほもカプを

ぶっ殺していたかもしれません・・・


そしたら・・・次の日の新聞にデカデカ載りそうです。

「ほもは皆死刑!!」・・・とか叫んでいる

痩躯の兄さんの姿が・・・(うっとり・・・)

この事件をきっかけに、世界中のほもフォビアから

カリスマと持ち上げられ「暴君党」が発足するかもしれません・・・
(兄さんは服役中・・・)



しかし・・・

現実の兄さんは

森永君を知っています。

森永君によって、兄さんの体はすっかり創り変えられてしまっています。

兄さんの本来の性がどうあろうと

兄さんの体はもう・・・兄さんの大嫌いな「ゲイの肉体」なんです。

森永君限定・・・ですが



そんな兄さん・・・

隣室から聞こえてきた女性の声・・・

だけでなく・・・

もしかしたら・・・

歓迎会をしていたクラブから出て来た時・・・

見てしまった男性同士の・・・ディープな抱擁・・・

それにも・・・

多少なりとも・・・潜在的に・・・刺激されて・・・





「でも

 相手はちゃんと女だ

 良かった・・・」




・・・良かったって・・・意味・・・そういうことでしたか?































コメント
この記事へのコメント
なかなか鋭い推察ですねー。
荒んだ心の私は
兄さんが自分を女の人の立場に置き換えたのかと
あらぬことを考えてしまいました。
ううっ、こんな大人になってはいけない、
見本のようなまるちゃんでした。
2008/06/13(金) 19:08:07 | URL | まるこめ #-[ 編集]
まるこめ様★
コメントありがとうございました!!
兄さんは肝心なことは常に「・・・・・・」で
語ろうとはしませんから、いろんなこと
考えてしまいますよね~★
妄想しがいがあるというか
妄想せずにいられない~!!!

2008/06/13(金) 20:19:34 | URL | ぐらたん #Neb3My6c[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する