ある日、森の中(恋する暴君)に 迷い込んだ、哀れなウサギさんの萌叫び・・・
暴君5章・・・plan2・・・感想★その3
いいかげんにしろよっ!!・・・と自分に言いたいの!!

でも、書きたいの・・・!!

どうしようもないの・・・!!



・・・それでは・・・暴君5章・・・plan2・・・感想・・・その3でありんす・・・




え・・・っと・・・(その2の最後と重複しますが)

兄さんの独り遊び・・・ソロ活動・・・(この言葉、発明した方・・・天才!!)

まだ・・・真っ最中・・・


苦しんでます!
かなり辛そうです!!
いけねえ、いけねえ・・・と喚いています!!!
大丈夫か?
大丈夫なのか??
下腹を押さえたまま、身悶えしています!!!


いけ!いくんだ!!そうくん!!!


・・・応援空しく(誰の)
そうくん・・・!
つったったまま全身蒼白で(たぶん)硬直してしまいました・・・!!
(このあたりは、たぶんこんなような状態なんだろうと・・・勝手な妄想です・・・
 こんな絵が描いてあるわけではありませんので、お間違いなく・・・)

 ・・・描いてあったらコワイって・・・

最大級に膨れ上がった(これも・・・たぶん・・・こうだろうと・・・)
別人格の我が身を手にしたまま・・・
宿主の兄さんはその原因を探っています。

過去のやり方を思い出そうとしています。
しかし・・・

兄さんの脳裏に浮かんだのは

兄さんを抱く・・・黒森永君の妖艶な微笑み・・・

森永君の巧みな愛撫に慣らされた身には
いかな過敏体質・・・全身性感帯な体を持ってして生まれた兄さんでも
ただの処理仕様のお触りでいける筈もありません。

でも、ここに・・・森永君はいません。
ならば・・・自分でするしかない・・・

森永君の「指」の動きを、必死で思い出そうとします。

「ここ・・・を・・・」  (どこ??)

「何か 今の・・・ きた」 

「もっ・・・もう少し・・・ッ」 



息は絶え絶え、体もがくがく震えだす
絶頂は見えているのにまだ・・・
何か足りない・・・

思い余って、左襟元を引き裂くほどの昂りで

左胸の突起を・・・
(そ、そんなに力入れたら痛いだけだろっ??!)

その瞬間・・・開放・・・!!

「やっと」・・・(楽になって良かったね そうくん)

「なんだよ これ こんなの・・・普通じゃない・・・」

(違うよ! これが普通なんだよ!!)

「抜けりゃ良かったハズ」・・・なんて方が異常だよ!!



「森永の奴が 

ムチャクチャすっから

オレの体

おかしくなっちまってるじゃねえかっっ」 




目に涙を浮かべて、さんざん悪態を付いた兄さん・・・

ひとこと・・・ 文句を・・・

しかし・・・


「お前のやり方思い出しながらじゃないと

イケませんでしたって」 



「言えるわけねエーーーーーーーーーーーーー!!!」 


言ってあげて下さいよ!!
森永君、発狂しちゃうよ!!!
森永君が狂ったら「色情狂」・・・って・・・今と変わらないか・・


それでも悪足掻きする兄さん

この「普通じゃない」状態を、体調のせいにしたり、久々故だと思い込もうとしますが・・・


「ちくしょ・・・ オレ  

どうなっちまったんだよ・・・ッ」 


そう嘆く兄さん・・・
涙は無いけど、涙目っぽい・・・
泣きはらしたかのように目の下が赤い・・・
ベッドに置いた右手は固く拳を握り、左手を顔に当てて・・・

この顔・・・ページの半分くらい使ったアップです。

・・・すごく・・・

可哀想・・・なんです・・・

だ・か・ら・めちゃくちゃ、可愛いいいいいいい・・・・・・んです・・・!!

今回一番の萌え表情です!!
(ワタクシ的にBEST・1!!)

ホントに・・・どうなっちまったんでしょうね?
こんなはずじゃなかった・・・よね?

ほもなんか大嫌いな人が・・・
撲滅したいと渇望するほど憎んでいた人が
男との性に落とされて、慣らされて・・・
もう・・・後戻り出来ないところまで来てしまったんだ・・・

どうしよう・・・兄さん
どうするの?・・・

不誠実な男なら
ここで・・・自分のノンケを証明してやろうと
無理矢理、女性と関係を持とうとするかもしれない・・・
・・・でも、兄さんにはそんなことは出来ない
思いつきもしないだろう・・・

兄さんは、自分で言っているような「淡白」な男じゃないと思う。
厳格なだけだと思う。

好き・・・にならなければ・・・そんな気持ちになれない
そんな関係を持てない
もし、そういう相手に出会わなければ
無垢なまま、研究三昧で一生を送ってしまったかもしれない

でも、出会ってしまったんだ・・・


それは兄さんが願っていた相手ではなかったかもしれない

でも、思い出して欲しい

「彼」を欲しがったのは・・・兄さんの方だ

報われぬ恋を諦めようとしていた「彼」を
兄さんは2度も
引き止めようとした・・・

自分の傍から彼が離れていかないように
兄さんが彼を縛ったんだ・・・

兄さんにはそんなつもりはなかったかも知れない
でも、結果的に兄さんは自分の体を使って
彼の身も心も占拠したんだ

彼はもう完全に兄さんものだ
彼は全身全霊を傾けて兄さんを一生愛するだろう

彼の未来は兄さんの手の中にある

兄さん・・・彼をどうするの?
      どうしたい?

ここまで夢中にさせて・・・
兄さんは・・・まだ覚悟出来ない・・・?
自分の身に起こったことに囚われて、うろたえて
彼の哀しみに気づく余裕さえない
全ての責任を彼に負わせて
兄さんはいつまで・・・彼への思いを封印したままでいるつもり?

兄さん

そういうの・・・魔性・・・っていうんだよ・・・

そういうの・・・自業自得・・・っていうんだよ~~~~~!!



さて・・・
ところは戻って・・・日本です。

兄さんからメールが来なかったと、落ち込んでる森永君

森永君にGUSH7月号を1000冊くらい送ってあげたいです。
兄さんの、あの時の動画のほうがいいでしょうか?(いうまでもなく)


教授に、学会用の資料を頼まれていたようですが
まだ用意出来てないと、申し訳なさそうな森永君。

・・・と森永君、学会が催しされる場所に何か引っかかるものを感じます。

学会は「シアトル」で行なわれると聞き・・・

実は兄さんとの同居を始めた当初
教授はシアトルの学会に、森永君を誘っていました。

なのに・・・兄さんと一日も離れたくないんでしょう・・・
森永君はそれを断っていました。

「君の好きなジャンルの発表もあるよ」・・・と誘う教授に

「いえ 行かないんです」

その気全くゼロ、研究者らしからぬ森永君・・・

(目が一本線)・・・兄さんのことしか見えてない・・・
かわゆいんだが・・・アンタ・・・それでいいんかい?

しかし・・・今は事情が違います!


「シアトルと言えば、カナダ国境のほど近く 

先輩に会えるかもーーーーーーーーーーッ」 


学会に・・・「連れてって下さい
        お願いしますーーーーーーーーっ」


まったくもう・・・現金な奴です・・・
教授・・・困ったなあ・・・と言ってますが
きっと連れて行ってくれるでしょう。


・・・これで・・・plan2・・・次回に続く~~~~~~~です。





・・・・・・はぁ~~~~~~~~~~おわった~~~

何日・・・何時間掛かって感想書いてんでしょう・・・私は・・・ゼイゼイ・・・




3回連載ですから・・・次回、最終回です★


シアトルで・・・学会で・・・二人・・・

出会いそうな気がします。

森永君は単純に喜び、兄さんに親愛の情を表すでしょうけど・・・

問題は・・・兄さん・・・


自分の体が、すっかり森永君仕様に変えられていると自覚した兄さん・・・

森永君を見た時、どんな顔をするのか
どんな態度をとるのか・・・


見ものですよね!!



そして・・・

二人は・・・どんな夜を(昼間でも構わないが・・・)迎えるのか・・・



私的には・・・

シアトルの学会の会場の何処かで
森永君から強引なキスを仕掛けてもらいたい・・・

・・・で・・・
兄さんのコンドミニアムに押しかけて
強引に・・・森永君の指で・・・兄さんの・・・を触って・・・
鮮やかにイカせて頂きたい・・・
(兄さんが森永君のやり方を今一度学べるように・・・)

・・・で・・・
日本に帰ってから、リビングのソファーで・・・
20ポイント実現してください!!
黒えんぜる君なら容易い!!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


しっかし・・・
「暴君」に何ページ与えられてるか・・・
GUSHの半分・・・暴君ならいいけど、P数に限りもあるので・・・


・・・何でもいいや・・・

えちがあることは確かなんで・・・・・・

あるよね?あるよね?あるよね?
最終回だもん!!

いくら今章の暴君の衝撃が、核爆弾クラスだとしても

えちが無い・・・

それはありえないよね?!



すごいの、せつないの、かわいいの・・・

期待していいよね?

ね?

兄さん★
























































コメント
この記事へのコメント
力作の感想文、ありがとうございました。
兄さんは、真面目だから、処理のために好きでもない人としたり
ましてや男としたりなんて
あり得んのでしょう。
森永君にがっしゅ1,000冊はいいアイデアです。
まじ、見せてあげたいです。
頑張りようによっては、
もっといい顔見れるかも。
2008/06/12(木) 15:10:52 | URL | まるこめ #-[ 編集]
まるこめ様★
コメントありがとうございます!!
次回は森永君に最善の頑張りで
兄さんをデュエット活動に巻き込んで
もらいたいですよね~★
楽しみ~~~~~~~!!
2008/06/12(木) 16:19:17 | URL | ぐらたん #Neb3My6c[ 編集]
ぐらたん様
長文感想&考察お疲れ様でした。

そうですよね!今の兄さんと森永君の関係というのは全て兄さんが望んだから・・・なんですよね!
森永君の一人相撲な訳じゃない、ホモなんて大嫌いなのにキスとカラダで森永君を引き留めたのは兄さん、あなた自身なんですよ~!!!!!!
結果としてこんな肉体改造は望んでいなかった・・・とは思いますが、いいじゃないですか?
あなた一人では到底たどり着けない快楽のステージに行けたんですから!!!

私達は兄さんの懊悩してる様を死ぬほど悶絶しながら愉しんでます!!!
もっともっとその魔性のカラダで振り回して下さい!!(*´Д`)ハァハァ
2008/06/13(金) 11:09:30 | URL | K★人 #-[ 編集]
K☆人様★
コメントありがとうございました!!
そうですよね~!!
森永君に出会っていなかったら
兄さんのフィジカルないろんな可能性★
宝の持ち腐れになるとこでした~!!
森永君も、もう兄さん以外とは駄目な体に
改造されていることでしょうから、お互い様
ということで、仲の好いところをこれからも目一杯
見せ付けてもらいたいです~!!
2008/06/13(金) 17:35:43 | URL | ぐらたん #Neb3My6c[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する