ある日、森の中(恋する暴君)に 迷い込んだ、哀れなウサギさんの萌叫び・・・
「同性愛」という言葉を初めて知ったのは?・・・その5

今日・・・

 今日・・・

   今日・・・

      今日・・・に

   なっちゃいました~~~~~!!
 
 



・・・でもまだ真夜中ですから!!



「同性愛」という言葉を初めて知ったのは?・・・

その5・・・

最終回(たぶん・・・)・・・これで終わりますから・・・









JUN創刊号



「JUN」・・・ざんすよ!

これをリアルタイムで読んでたアタシって・・・(;^^)



でも・・・まさか・・・そういう雑誌とは思わず・・・

「新しい少女マンガ雑誌が出たんだ?~~」くらいにしか思わず

買ったんですよ!!

表紙が「竹宮恵子」だったし・・・


開いてびっくり・・・みたいな・・・

でもでも・・・

今のBLに慣れた方にはたぶん・・・物足りないだろうな~~~


        ↓ 2号・・・
           買おうか買うまいか・・・
           ずいぶん悩んで・・・
           取りあえず買ったんですが・・・
           表紙が竹宮さんだったし・・・
           ・・・結局・・・
           これで食傷して、3号は買いませんでした。


           
JUN2号



           食傷したんですが・・・
           処分もせず、今まで保存してたってことは
           ・・・
           だって・・・JUNって・・・
           他の雑誌と比べて
           薄いのに高かったんです!!




           のちに・・・
           「JUNE」・・・と出会うのは
           かなり先・・・

           今でこそ
           BL雑誌は平積みになって
           かなりのスペースを取って売られていますが
           私が「JUNE」を買っていた頃は
           そういう雑誌は「JUNE」一誌しかなく
           売ってる本屋も限られ・・・
           あっても1、2冊・・・
           (見つかったら奇跡な感じ・・・)

            私が買ってた本屋さんでは
           「薔〇族」や「さ〇」
           ノンケの男性用オカズ雑誌と並んでました(;^^)
           ・・・一見、少女マンガ雑誌なのに
           そんなところに<隔離>されていたってことは・・・
           本屋の主人・・・「JUNE」を読んでたんだろうか??

           今もって謎です・・・・




           ・・・で「JUNE」も買わなくなって
           
           私がそういう世界から「足」を洗った気でいた間に
           あれよあれよと
           そういう雑誌が創刊・・・廃刊・・・創刊・・・廃刊・・・

           「BL」・・・という名で呼ばれて
           巷にあふれ・・・
           
           私が「ここに」戻ってきたきっかけが
           サイドバーに並べた

           「青の軌跡」シリーズ
           

           ・・・そして・・・
           運命の出会い★

           「恋する暴君」


          夢中になれるものが欲しい
          愛せるものが欲しい・・・

          ・・・っていつも願ってました。
          「青」や「暴君」に出会う前も・・・

          願いは叶いました★
         
          叶うと言うより・・・
          気が付いたら
          「落ちてた」・・・感じ・・・
         
          「恋に落ちる」ように・・・




          

・・・さて・・・

バーさんの昔話はこれでとりあえず終わりです。
(とりあえず・・・かい??)

ここまで読んでくださった方・・・

ありがとうございました★



   心ばかりの・・・


    <<^・^>>  =  
 

   だから!!  逃げなくても・・・!!










                      


            











           








            






           





           








コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する