ある日、森の中(恋する暴君)に 迷い込んだ、哀れなウサギさんの萌叫び・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「早く起きた朝は。」・・・感想・パート3

パート3・・・

たった9ページに、3つも記事書くって・・・異状事態ですよ!!



とりあえず・・・疑問・・・その1・・・(2があるかどうかは未定ですが)

森永君・・・

ホテルのベッドを汚してしまったと
ホテルの人に怒られると
すごく気にしてますが・・・





最大級の疑問・・・




殿方同士の睦み合いって

「確実にバレる」ほど、ベッドが「汚れる」もんなんですか???????










兄さんと森永君の関係も
6回目?(でしたっけ)・・・
路上で2分の一回・・・

・・・一回一回が「濃い」・・・らしいので
実際はもっと数こなしていると思われますが・・・


今回は兄さんから求めてのことだし(うわぁお★)
流血ざたにはならなかったと思うんですよね!

兄さんの小さな「腰」が乙女のごとく、森永君が巨***だったとしても
そういつまでも、流血ざたになってたんでは
テクニシャン・ブラック森永の名が泣くってもんです。


だから、今回は「何の用意もなかった」としても
血痕は残らないと仮定すれば・・・

あと残るものは、二人のs〇〇〇nですが・・・

森永君のものは、兄さんの中に呑みこまれてるだろうし・・・(うわぁおおお★)
「無理させちゃった」らしいので
最低3回以上・・・6回未満(どういう仮定だよ!)
兄さんのものが吐き出されたとしても・・・
(潤〇剤代わりに再利用されてもいるだろうし)・・・(うわぁおおおおお★)
涙とか唾液とか汗とか・・・
そういう時に否応無く分泌するものを全部合わせたとしても・・・

・・・ひと目でバレるほど・・・
ベッドがひどく汚れるものですか???

男同士って・・・????????



兄さんと森永君が、ホテルの2人部屋に一緒に泊まったってことは
その一室しか、部屋が空いてなくて
二人が入ったことで満室になってるんですよね?!

なら朝、リネン係りは忙しくて
一気にシーツを引っぺがして丸めて洗濯に持って行ってしまうと思うんです。

よほど、おびただしい汚れでなければ、いちいち気にしないと思う。
一部屋一部屋、一枚一枚、検分してるような、そんな暇はないです。

おびただしい汚れってのは・・・血痕とか、おねしょとか・・・

吐血や粗相でどろどろになったものでも
客に怒る・・・そんなことはしませんよ~。
サービス業ですから。

森永君、大丈夫だよ!

汚したシーツを畳んで、洗濯代のつもりか
いくらかお金を置いていく客もいるし
直接謝罪しチップを渡す客もいる。
たとえ黙って帰ったとしても、寝具とか寝巻きとかは
汚れて当然のものですから。

森永君、大丈夫だって!!

とにかく、ホテルとか旅館とかって商売は
人の裏側が見えてしまうところなので
そこで働くものは、客のプライバシーに関することには頓着しません。
サービス業に携わる者としての守秘義務もあるし。

たとえ、リネン係りの人に、二人の関係が怪しまれたとしても
ホテル中の人間に知れ渡るわけじゃない。
ホテルの外に漏れるなんてもっとあり得ない。

そもそも、リネン係りにはどの部屋にどんな客が泊まったかの
情報はないと思う。
家族だけでやっているような、小さな旅館や民宿ならともかく。
犯罪が疑われるような状態でもなければ、カウンターで直接
客と対面する者と、部屋のメンテナンスをする者同士が
客のプライバシーに関することで情報交換をすることはない。
客の噂をしそれを流すなんて、あってはならないことですもん。
んなホテル、誰も泊まりたくないよ。

だから、森永君、大丈夫!
心配いらないよ!!




・・・森永君が心配してるのは
そんなことじゃないね。

森永君としては、バレてもかまわないし
むしろ、バラしたい気分かも!

兄さんに
「この人は俺の恋人です!!」って
看板背負って歩いてもらいたいくらいな気分なんでしょう・・・



森永君が案じているのは・・・

兄さんが気にするんじゃないかって・・・
兄さんに迷惑を掛けたくないってことだと思う。

別のホテルのラウンジでさんざん大騒ぎして、兄さんを怒らせてるし・・・(3巻参照)


・・・でも・・・

森永君が寝入った後、目覚めた兄さん・・・
森永君が気にしてるようなこと
一言も言ってませんが・・・

兄さんとしては、それどころの騒ぎじゃない・・・

兄さんとしては、兄さん自身の目を誤魔化すのに必死で
自分に対して「理由」やら「言い訳」やら、探すのに必死で

・・・他人の目を気にする余裕はないみたいです・・・



まだ・・・



他人の目を意識したら
兄さん
もっと「か~~~~~~~~~~~~~」として
じたばたじたばた、恥ずかしがるんだろうな・・・・ qq(*^^*)pp



・・・ところで・・・

4巻のカバーイラスト
兄さんの視線が初めてカメラ目線になっているんですね。
1巻、2巻、3巻は微妙に正面から兄さんの視線が外れてます。

正面から迫ってくるものに驚いて
森永君に駆け寄った・・・

そんな感じのシチュに見えます。

兄さんの身体を受け止めようと、腕を伸ばした森永君
どさくさにまぎれて、兄さんのシャツをめくってます・・・

まさに、4巻の内容を一枚のイラストに表した
高永センセ、巧すぎます!!

・・・で・・・

タイトルのロゴ「恋する暴君」の
「君」の字の
左払い(というのかな?)・・・

兄さんの「腰」
狙っているように見えて・・・


見える私がヘンなんですが・・・(;;^^)




       長くなってしまった・・・ 
       恥知らずな疑問で・・・      



















コメント
この記事へのコメント
ぐらたん様
書き下ろし、ホテルリネンの事についての考察に笑いました。
そうですよね~、兄さんの中・・へと、再利用(爆笑)で使ってるハズなのに心配するほどって、どんだけ!!!と、言いたくなりますよね。
兄さんは森永君と同居後は全くソロ活動をしてなくて相当・・・と仮定しましょうか?(森永君は流石に我慢できずしてると思う・・)
それなら再利用に使っても、余った分が大変な事に・・??
いすれにしても、幸せな心配事ですよね( ̄∀ ̄ )

それはそうと、今回も自分で後始末したみたいですが、兄さんって指突っ込んで後始末って出来ないんじゃないの?伝わってくるのを拭う位?それだとしばらくは出てきちゃうから服着れないですね。

読み耽ってると、いつまでも感動と興奮と妄想がエンドレスで自分で自分が怖いです・・・。
2008/04/14(月) 12:10:03 | URL | K☆人 #-[ 編集]
こんにちは。素晴らしい考察で目からうろこ状態です。
いや、私は確実にばれるものだと思ってました(苦笑)
考えてみれば兄さんの1回目は1滴残らず森永くんが飲んでるでしょうし(笑)
2回目以降も再利用されてるでしょうし。
前触れは長そうですけど時間的にも体力的にも繋がってからはさほどの回数じゃないような気がしますし。
百戦錬磨な森永君はなんだかんだ言っても兄さんの中以外では出してなさそうですしね。
そうなってくると汚れる可能性があるのは、繋がってからの兄さんの数回だけなんですね(笑)
しかも白いシーツに白いものじゃぱっと見じゃ、お忙しいリネンさんは気づかない可能性が高いんですね!
・・・驚きました~!おそれいりました(ぺこり)

兄さんはなんだかんだと森永君のことだけでいっぱいいっぱいなんですよね。かわいいな~♪
森永君が周りにも色々気を配っているのと対照的で笑えます。
経験の差でしょうか。

それにしてもたった9Pなのですが、各方面に妄想や想像ができて楽しいですね♪
本日、4巻読んで初めての仕事だったのですが気づけば妄想の世界へダイブしそうで大変困りました(社会人失格)
2008/04/14(月) 22:09:29 | URL | 結衣 #WG3/H9bE[ 編集]
結衣さま★
コメントありがとうございます!!
森永君があんまり心配してるんで
可哀想になってしまったんですよ~
バレルかばれないか、実際のところは
わかりませんが、兄さんと森永君が
初めてお互い求め合って
結ばれた一夜ですから、そんなことで
悩むなよ!って言ってあげたいですよね~★
シャワーを浴びた後、チェックアウトぎりぎりに
なって森永君を起こすまで、
兄さん・・・何をしてたんだろう・・・
考えてたんだろう・・・
どんどん、妄想広がりそうです(^^)

2008/04/14(月) 22:37:22 | URL | ぐらたん #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/04/14(月) 23:45:45 | | #[ 編集]
k☆人様★
コメントありがとうございました!
チャットでもお世話になりました~★
9ページの書き下ろしで、大変なことに
なってますから(暴君ファンの誰もが)
5章が始まったら、どうなるんでしょう??
萌え屍累々になってるかも!!怖いぞ(^^)
2008/04/15(火) 20:37:38 | URL | ぐらたん #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/04/15(火) 22:54:41 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。