ある日、森の中(恋する暴君)に 迷い込んだ、哀れなウサギさんの萌叫び・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
恋する暴君、2017年7月号、11章~plan.2~実況~ネタバレ感想です!

ども!
ここのところ
らくてんぶっくすで予約しておくと
発売日に届くので
とっても楽ちんです!

では、さっそく実況ネタバレ感想~行かせて頂きます。

※ネタバレありますのでまだお読みでないかたは
ご注意ください。





まずタイトルページ~兄さんです!
あいかわらず眉間に皺が寄ってます。
自分の眉間の皺は頂けないけど、
兄さんの眉間の皺はいつもどんなときにも
美味しく頂けますよ!!!!

・・・なんか・・・
(くっそ!)(なんなんだ!)(・・・ったく!)とか
思ってそうな顔でございますですよ~
なにがあったんでしょうね?!
もちろんこの顔は実験がうまくいかなかったとか
培地がダメになったとか
そういうんじゃなくて・・・
頭文字Mの後輩君のことを考えてる顔であって・・・・

そんなテーブルに伏せて眉間にしわ寄せ
一心にM君のことを考えてる(たぶん)兄さんの横に
気になるあおり文句が・・・

《空き部屋は誰かに間貸しするからな!!》
《同棲解消の危機》!!!!

兄さんと森永君の攻防がはじまる予感です!

中身に~

おあぁあああ~~~~~~~;;(°°;)
絶句!してる森永君のアップから始りました。

大学の掲示板にルームメイト募集の広告が!!!!!
(男のみ、4月より、2ヶ月程度お試しから。)

兄さんと森永君のアパートの間取り・・・
(ココ)と矢印付きで森永君の部屋が貸し出しにされてます。

一昨日から貼ってあったのですが
森永君はやっと気づいたらしいです。
さっそく兄さんに抗議してますが
兄さんがそんな文句聞き入れるわけもなく・・・

契約書のことを言い出した森永君に・・・

つぎ~

兄さんはすでに大家さんと交渉し
許可を得ている模様です。
さすが兄さん!

それにしても大家さんご夫婦の信頼厚い二人。
さすがです!

大家の奥様は(女の子はダメよ 風紀的に)
注文をつけてますが・・・
すでに風紀を乱してますよ!この二人・・・
と、ちょっと告げ口したい気持ちです(笑)

とうとう森永君・・・兄さんを脅しに入りました。
「オレと同居してんの隠してるくせに
 あんな張り紙していいんですか・・・」

悪い顔してんなぁ~;;^^)

兄さんはあくまで
「あれはシェアハウスだって
 何度言ったらわかるんだ?
 シェ・ア・ハ・ウ・ス!!」
と主張します。

つぎ~

「へー じゃ今ここでオレと先輩は同居してますって
 叫んでもいいんですね?」
「てめぇ・・・
 つくづくキョーハク体質の男だな・・・」


脅迫体質!!(爆)

森永君がいくら凄んでもなんだかんだ理屈言っても
最後は兄さんのゲンコツが勝利を得るのです。

助手の二人は
(またなんか揉めてる)(かかわらないようにしよう)
二人との関わり方をすでに学習済みのようです(笑)

ん?
森永君は、掲示板の兄さんの広告に何かメモを貼ったようですよ。

つぎ~

森永君がどうしてこの二人のアパートにこだわるのか・・・
いっとき一緒に暮らせなくなっても、ここを残しておきたいのか・・・
森永君の不安と希望・・・

やっと・・・ここまで来たって気持ちがあるんだろうなぁ~
長い長い片思いから、思いが通じ合ってるのか通じてないのか
いまいちわからないながらも・・・
それでも、ひとつ屋根の下で一緒に暮らしてる・・・
この部屋は、森永君の思いの結晶のようなものになってたんですね。

だから・・・

(あの家はなんとか確保しておかないと・・・!)

森永君も譲れないんです。

知ってる人間に貸せればいいと思うんだけどな~
ゲイじゃないって・・・
こいつなら先輩と一緒にしといても大丈夫!って確信持てる相手に。

鬱々悶々とする森永君に声を掛ける者が・・・

つぎ~

声を掛けたのは山口君でした。
山口君、いい物件のシェアハウスがあると聞いて
掲示板を見に来たようです。

「シェア相手ってあの巽先輩なのか!?」

あの・・・って(笑)

森永君、兄さんと同じアパートに住むようになった経緯を
山口君に打ち明けます。
兄さんが周囲に伏せておきたいと言ったから
今まで打ち明けられなかったと弁解する森永君。

そして・・・
山口君にならいろいろ他の事情も話してもいいかなと
思う森永君・・・

つぎ~

兄さんが森永君とのシェアを他の人間に話したがらなかった訳を
山口君は山口君らしい解釈で納得します。
本当はぜんぜん違うんだけどね(笑)

「よく耐えたね お前
 お前は巽先輩大好きだから大丈夫なのか・・・」


まさかそれが
恋愛沙汰だといまだに気付かない山口君です。

森永君いつもあんなにあからさまなのに・・・
森永君がゲイだとはまさかとも思ってもみないんでしょうか~
森永君としても、そんな山口君なら
兄さんのシェア相手として安心ですが・・・

「バカいえ ムリムリ 安らげねぇ自宅なんて」

ですよね~~~~・・・;;^^)

さて・・・兄さんの心境としては
いつまでもこの部屋にこだわる森永君の気持ちがわからないし
ワンルームになったからといって何も変わらないと思っています。
たしかに・・・その方が現実的だし合理的だし・・・

うん・・・兄さんと森永君のさまざまな問題は
兄さんの揺るぎなさと
森永君の揺れる思い(自信のなさ)から
来てるんですよね・・・

兄さんは、自分が自分達がちゃんとしていれば
そこにいつでもホームはあるわけだし
別に箱物としての家があろうがなかろうが
そんなことはささいなことだと思ってる。
それはやっぱり自信があるからだと思うんだよね。

兄さんはさ・・・そういうことほとんど語らないし・・・
だから森永君に伝わっていかないし・・・

はぁ・・・じれったいなぁ・・・

つぎ~

シェアの応募がすがすがしいくらい来ないことに

(オレが相手だとしてもよ・・・)←一応自覚はある

という先生の突っ込みが(笑)

兄さんがシェアを募り
森永君がなにやら追加した掲示板の前で
人が集まってなにやらざわざわしてます。

兄さんが近付くと集まっていた人間がいっせいに逃げました。

つぎ~

森永君が何を書いて貼ったのか・・・明らかに!

《この物件のシェア相手は
 農学部の専制君主ミスター暴君
 巽宗一さんです!
 さぁ勇気あるものよ!
 おいでませ♡ 伏魔殿》



「森永てめぇ~~~~~~っっ」


兄さんは広告に、名字とメルアドしか書いてなかった模様です。

「あれじゃ誰か解らずうっかり応募する子羊ちゃんが
 でちゃう可能性が・・・」


だよね~~~~
生贄になる子羊ちゃんを守るため
はっきりしっかり書いておかないとね!(笑)

兄さんの研究室は
「ふくまでん巽研」と呼ばれてたらしいです!
知らなかったのは兄さんだけ・・・;;^^)

つぎ~

兄さんが森永君に詰め寄っているところを
見ていた助手さん二人・・・

な、なんと!

田所君が、
兄さんのシェアハウスに応募しようか迷ってたと
爆弾発言!

いやいや・・・条件の良い物件らしいので
別に不思議はないのですがみんなびっくりしてます。
田所君的には「巽さんの募集」というのが意外過ぎて
なにかの間違いかと思ってたそうです。

で、シェア相手が
「農学部の専制君主ミスター暴君」だと知った今・・・

どうすんだ?!
田所君!!

助手としてなんとかやっていけてるし・・・
何とかなるって思ってそうだなぁ~

そんな平常心の田所君です。

というところで・・・TO BE CONTINUED

田所君の人柄(性指向含めて)がいまいち不明なので
このあとの展開がさっぱり読めません;;

しっかし・・・ここで田所君がキーパーソンとして
前面に出てくるとは思ってもみなかったです。

森永君としては・・・
安心な相手なのか・・・どうなのか・・・

はぁ~~~~次回が待ち遠しいです!!!!

実況感想楽しかった!~次回もやりますよ!

最後までお付き合い下さってありがとうございました!
お茶していってくださいませね~~~


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。