ある日、森の中(恋する暴君)に 迷い込んだ、哀れなウサギさんの萌叫び・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フキダシの四角形が意味するもの

「ある日森の中」の不思議な透明感・・・







・・・・それは、クマ君の台詞が

    四角形の中に書かれているせいかもしれません。









モノローグだけでなく、話し言葉もほとんどが

四角いフキダシの中に書き込まれています。




それらは、クマ森永君の心の声のように感じられ

私達の耳ではなく、心に直接聴こえて来ます。



それが、メルヘンである「ある日森の中」世界を

より、不思議な空間に創り上げているようです。




・・・・オオカミ兄さんの台詞はふつうに丸いフキダシです。
    
    オオカミ兄さんとクマ森永の間に、ちゃんと会話も成立していることから

    心の声ばかりでないと知れるのですが・・・



    それでも、四角形の中に書かれた台詞は「心の声」と

    マンガを読む上での、私達の経験(学習)が

    不思議なものをそこに感じてしまうようです。





高永先生が意図したことを検証してみるのも

面白いかもしれません。

    














                  



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。