ある日、森の中(恋する暴君)に 迷い込んだ、哀れなウサギさんの萌叫び・・・
ちっさい兄さんが可愛すぎて・・・ツライ(*´д`*)

GUSH5月号~届きました!
発売日に届くとは思ってなかったので
ウレシイ~~~ヾ(^v^)k

今月号は暴君の連載10周年ということで
表紙が暴君、そして記念の特集ページが載ってました。

10ページ分の書き下ろし漫画
実況感想をしたかったのですが・・・
ついついいっきに読んじゃいました;;^^)

いやいやいや兄さんファンなら
止められなーーーいこの気持ち
わかってもらえるかと;*^^)

表紙が大好き過ぎるので並べてみた(笑)
ここ(楽天ブックス)の画像が一番きれいで拡大できるので
クリックすると本物よりデカイっすよ*^^)




以下ネタバレ感想になりますので
望まない方は
お気を付け下さいませm(_)m



暴君連載開始のタイトルページって
カラーだったのかな~?
暴君がGUSH表紙を飾ったイラストがずらーーーと
壮観ですが・・・できればカラーで載せて欲しかったです;;
私は2007年の6月号からリアルタイムに買ってます。
かならず買うようになったのは10月号からだけどね。
4章が連載してた頃です。

私にとってのピーク(萠えの最高値)は6巻かなと
感じます。6章が終わって6巻のコミックスが出て
その書き下ろしマンガ『跡。』を読んでた時が
たぶん一番しあわせだったんじゃないのかな・・・

なんてね;^^)

ちょっと振り返ってしまいました・・・


で・・・


今回の書き下ろしもそういう感じの
ショートショートストーリーです。

兄さんがお風呂から出てくると
森永君がテレビを見てて・・・
その見てる番組が<10周年>ということで
お互いの10年前に思いを馳せてみています。

どんなテレビ番組がよくわからないけど
バラエティーっぽい(あるいは歌番組?)
森永君ってけっこうお笑い系好きそうだよな~
兄さんにしても森永君にしても
ものすごく集中力のいる研究を日夜してるので
あっけらかんと笑えるようなバラエティ番組って
いいストレス解消なのかもなと思ったりします。

兄さんは(あんま見ねーけど)だそうです。
兄さんは自分の興味あること以外は
まったくアンテナ向けないタイプだろうな・・・;;
兄さんらしい・・・*^^)

森永君の10年前・・・
(ゲイって自覚したばっかくらいの頃)だそうで・・・
いったいなにかきっかけが・・・???
やっぱ・・・あの方の存在が・・・
優しくされてドキドキしたりとか
夢に見ちゃたり・・・とかあったんだろな。

(家族バレもしてなくてそこそこ仲もよかった)・・・
でも(いい思い出が出てこない)って・・・
そうとう根が深そうです・・・・゚・。。・゚(゚T◇T))゚・。

それはともかく・・・
今回の大目玉は兄さんですよ!!奥さん!お嬢さん!

森永君が15歳の兄さんを見たいと言ったら
兄さんのアルバムは燃えて残ってないと・・・
そうだよね・・・(T^T)・・・
憎っくきストーカーめ!
巽家を燃やしやがって~~~~~~~~~~~

ゆいいつ残ったものは
森永君が命を掛けて火の中から守ったもの

兄さんのお母さん、巴奈さんのアルバム

そのアルバム・・・の一部が・・・!

小学校入学時のスーツ着て半ズボンの兄さん
海水浴でのスナップ(宗仁さん、巴奈さん、ちっさい巴君、ちっさい兄さん)
巴くんと兄さんのツーショット
そしてそして・・・

兄さん、三つくらいかなぁ~
巴奈さんの膝に抱かれて
おにぎり食べてますーーーー(*^▽^*)

かわいいかわいいかわいいかわいい~~~~~~
•v(*´∀`*)v•(っ*´∀`*)っ•(*´ω`*)ヾ(o✪‿✪o)シ•(´。✪ω✪。`)•(。◕ ∀ ◕。)

森永君も
(かわいかったなぁああ
たまらんようぅ~って顔してますw


「そもそも俺写真嫌いだから」
ああ・・・やっぱりねぇ~w

「もし火事がなくても
 昔の写真なんてあとは卒業写真くらい・・・」
だそうで・・・
森永君は学校に行けばそれを見られるんじゃないかと
兄さんを誘います。

そして兄さんの母校~(どこだろう?気になる・・・)
制服、スーツかぁ・・・
愛知県内で優秀な高校というと県立A丘高校が即浮かぶんですが
校舎の感じが違うしA高校は女子はセーラー服だしね(たしか)
今は私服でもよかったんだっけ?
M和高校もいいかも。歴史ある学校だし(でも、ここもセーラー服)
なんて妄想が膨らむ学校探索w


この頃、巴奈さんはもう亡くなってると思うし
弟も妹も小さいし
私立(T海高校)に行った可能性も低い気がします。
偏差値うんぬんより
家から通いやすい学校に行った可能性もありますよね。
根拠はないけどwなんとなくね。

あ、間違えた!!15歳だから中学校だね!;;^^)
中学なら近くの学校かな~


(´-`).。oO(・・・いや、たしか兄さん中学校の制服・・・学ランのはず;;)
でも途中で制服変わることもあるしね・・・



※<12日、追記1>
先生のブログを読まれた方はもうご存じと思いますが
ブレザーの制服を着た卒業アルバムの兄さんは
高校生でしたー!!

(私の勘違いじゃなかった・・・;;*^^)
 なんか先生には申し訳ないけどホッとしました
 やっぱり高校生だったんだなとw)

以降の感想・・・中学生と書いてあるのは高校生と訂正しますね。


その母校の高校に
(なんかいつの間にか森永に丸め込まれて)
来てしまった兄さん・・・

いやいやいや・・・
森永君に一生懸命うるうるお願いされたら
イヤとは言えない体になっちゃってる
・・・んですよいいかげん自覚しようねw

でで・・・

高校時代の兄さん~~~~~

なんつーーーか・・・
嫌々写ってますw
正面向いてるけど目が逃げてます(;^^)
幼い頃はとりあえずカメラ目線(でも笑ってないw)
ですが高校になってからは
カメラ目線のものがほとんど・・・ない・・・;;
兄さんらしくて
ももうもうもうもう~~~~泣ける・・・(つД`)・゚・

「先輩・・・ 若いなぁーー・・・」

おい森永君、若いはないだろっ若いはっw
(かわいい~~~っかわいいなぁっ)
ハートが飛び交ってる森永君の内心ww

人前だから誤解されるようなことは言わないのねえらいえらい
誤解されても誤解じゃないけどね・・・w

兄さんの昔が見られてご満悦な森永君。
写真くらいなことでなにが嬉しいんだか納得いかない兄さん。

「オレはまだ生きてるだろ」

「どんなに頑張っても
 オレは10年前の先輩には
 もう会えないですもん」


自分が知らない時間の中の好きな人の姿は
嬉しい反面、切ないものもありますよね。

お互いに知らず生きてきた時間、思い出を
埋めるすべはないんですもん。

でも・・・


「これからは俺達もいっぱい写真撮りましょうね
「は? 写真は嫌いだと言っとるだろうが」
「二人のアルバム作りましょうよ!」
「2人のとか言うな! キモい!」  
「10年後も2人で
 若いなーとか言い合いましょうよ」
「言い合わない!!」
「今日帰ったら早速一枚撮りましょうね
「撮らん!!」 


微笑ましく言い合いしながら帰る道すがら・・・

(数え切れないくらいの
 写真を撮って
 大切なアルバムにしまいたい
 10年後だけじゃなく
 20年後も30年後も
 2人で懐かしいなって
 笑っていられたら)


*** THE END ***

うんうん!そうであって欲しいな~
お前百までわしゃ九十九まで
共に白髪に(森永君は禿げるかもだけど←w)なる日まで
兄さんはツンデレてて
森永君は口説き回ってて欲しいです*^^)

写真ってさ・・・
たとえば大切な人に先立れたとき
長い間会えないとき・・・
ずーーっと時が経ったとき

本当に救いになるものだよ・・・
生き残った者にとって
さみしいときに
病んだときに

好きな人の面影でも
ときが経てばあいまいになる
一枚の写真(できれば笑ってるもの)が
あれば、その瞬間を永遠にだってできるんだよ
私はそういうこと
リアルですごく実感したんで

写真の大切さって
森永君と同じように感じるんだよね。

兄さんと森永君は時間を共有して
思い出を積み重ねていって欲しいです。

その証のひとつがアルバムだし・・・
いつかきっと
救いになるから・・・
喜びになるから
宝物になるから・・・

ところで
兄さんの学校で卒業アルバムのコピーを許され
気をよくした2人は
巴君やかなこちゃんの学校にも行ってみようと約束します。

(巴くん、かなこちゃん・・・
 兄弟3人、中学違うんだ?・・・
 高校が違うのは不思議じゃないけど
 中学まで別の学校だというのは珍しい気がしてw)



<追記12日>これも高校のことなら
巴くんと学校が別なのは不思議じゃないし
かなこちゃんのことは小学校のことですね。
小学校や中学校にも行けばいいのにね~


兄さんは巴君とかなこちゃんのことなんで
あっさりと承諾w

その時の森永君の嬉しそうなこと!

森永君は四六時中兄さんといるのに
兄さんと出掛けるのが嬉しいんですね!

兄さんと一緒になにかすることが
どんなことでも新鮮でどんなことでも
幸せな記憶(心のアルバム)になんだろうなぁ~・・・




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する