ある日、森の中(恋する暴君)に 迷い込んだ、哀れなウサギさんの萌叫び・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
B5サイズケース買ってみた。

大掃除の季節ですね~;;


 

森永君は今頃せっせと
大学での兄さんの助手と日常の家事の合間に
あちこちピカピカに磨いてるに違いない。

「先輩にきれいな部屋で
 お正月を迎えてもらいたいものね!」

とかなんとか甲斐甲斐しくつぶやきやがら・・・

いいなぁ~・・・
兄さんは家事スペックの高い、こいび・・・もとい;;
同居人が居て・・・ww

いやいや今回は兄さん達の話ではなくて
単なる日常話です・・・;;^^)


B5サイズの本が入る収納グッズを探していて
先日  こんなの買ってみました。

伊勢藤 雑誌ケース B5 ブルー伊勢藤 雑誌ケース B5 ブルー

ISETO (伊勢藤)

商品詳細を見る


最初はあまぞんじゃなくて・・・らくてんで
<収納袋>を検索してたんだけど
B5サイズというのは見付からなくて

<B5 収納>だとダンボールくらいしか
引っかからなかったんです。
ダンボールに収めるというのはね~・・・

なんか収納じゃなくてそのまま死蔵になりそうで;;^^)

文庫本は不織布の収納袋に入れて棚に並べてあるので
それが私としては使い勝手がよかったんだけど・・・
衣装用の不織布袋だと大きすぎるし
そこに本なんか納めたら重くて持ち上げた途端
壊れそうだしね・・・

で、いろいろ検索試していたら
これが  引っかかって・・・



<同人誌専用収納ケース>・・・
えええ???~専用のものがあるんだぁ~
とかなり衝撃;;
いや・・・「今更何驚いてんの?!」と呆れてる方も
多いと思いますが・・・
そんなに薄い本を漁るタイプじゃないので
専用のものがあるとは・・・
今の今まで知らなかったんですよ~~~~~;;^^)

私が持ってる薄い本は「森」と高永先生のジョー本くらいしかないので;;
それより昔買ってた<JUNE>(大JUNEと呼ばれてた
B5サイズ版)を収納したかったんですよ。
(70冊くらいあるんで・・・ほほほ・・・;;)

で、とりあえず一個だけこの同人誌用のケースを買ってみました。
らくてんだと一個だけというのは送料が同じくらい掛かっちゃうので
あまぞんで売ってるブルーの方を買ってみました。
ブルーのほうは一個でも送料無料です。

で、それがさっそく届いてさっそくJUNEを入れてみました。
これがもうピッタリ~~~~~

初期のJUNEはけっこう薄いので一個に17冊入りました。
段々増ページになっていくのでそのうち14、5冊くらいしか
入らなくなるかもだけど、4、5ケースあれば
全部収まりそうだな~と思って6ケース追加注文してみましたよ。

ただ一つこのケースに不満なのは
底に行くにしたがって多少サイズが小さくなるのね。
まっすぐならGUSHと同じサイズの本も入るのにね~。
(向きが同じだとスペースに無駄がでるから
 向きは変えて・・・ということです、もちろん;;)

上げ底にすれば入らないこともないかな?上に余裕があるから。

このケースだと持ち上げて移動させるのが楽~にできて
(重さをあんまり感じない)そこも感動でした。
黒い方もたぶん同じもの・・・かな?(メーカーが同じ)
安心のメイドインジャパンです(笑)
ブルーのほうは<雑誌ケース>となってました。
黒いほうは<同人誌ケース>となってるらしい・・・
でも商品に貼ってあるシールはかんたんに剥がせましたよ。
不透明ではなくて多少透けます。
透けた方が便利ですよね。透け透けは困るけど(笑)
衣装ケースも透明のもの考えた人、天才だと思うよ。

年末押し迫ってきましたが・・・
なんとか一気にお片付けしたいなぁ~~~
といっても本はなかなか捨てられないので
少しでもキレイで便利な
死蔵にならない収納法、工夫したいです。

BL関係の本はキャスターの付いた衣装用の
引き出しボックスに入れて
すぐ手元に置いてありますよっ(笑)
でも衣装用のものは本を入れるには強度が弱いのね。
引き出しを引くときに無理が掛かって
持ち手の角が折れてしまったものがあるので
いろいろ考えて変えてゆこうかなと思ってるんです。

そんなこんなの慌しい今日この頃・・・

ちょっとまだ早いですが

年末年始は仕事があるので・・・;;T▽T)
もしかしたらこれが今年最後の記事になるかも・・・です。

今年一年、訪問して下さってありがとうございましたm(_)m

佳い年をお迎えくださいね~


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。