ある日、森の中(恋する暴君)に 迷い込んだ、哀れなウサギさんの萌叫び・・・
GUSH2013年3月号~『恋する暴君』~実況ネタバレ~感想~★

ども。

7日、夕方からの仕事前、いつもGUSHを買ってる本屋に行ったら
マンガコーナーの本の配置がすっかり変わってまして;;

うろうろ探すのも面倒で店員さん捕まえて
「今日発売の・・・ありませんか?」「え?」
「えっ」とか聞き返さないで下さい~~~・・・;;TT)
「あのビーエル雑誌の・・・」「あ~はいはいBLのGUSHね」
大きい声で言い直さなくていいですから~~~~~~;;

「あ、売り切れてますね ここにあったんですけど」
「え・・・」・・・ ガーン( ̄□ ̄;)!!


急遽、家に戻りネットで注文しました。
それがやっと今日届きました。
発売日の昼頃にもう売り切れってはじめて・・・;;
田舎の本屋なのでBL雑誌みたいなマニアックなものは
入荷量がもともと少ないようなんですけどね。
書店の数も少ないし、こういう時は都会っていいなぁと思います。

前置きはそれくらいにして・・・

では行かせて頂きますね~! 恋する暴君~実況ネタバレ感想です~★

※注※ネタバレしていますので未読の方はご注意ください。



表紙を開いて口絵ピンナップの裏
『チャレンジャーズ』1~4巻のフランス版プレゼント
お知らせがありました!
ツンギレ(悪役w)時代の兄さんがフランス語喋って登場するのか~*^^)
森永君がフランス語で兄さんに告白するのか~*^^)
兄さん、フランス語でゲロ吐くのか~*;^^)

当たらないだろうけど欲しい!
フランス版チャレ&暴君!

それはともかく
ページをパラパラぱらぱら・・・

おーーーー!

タイトルページの兄さんが美人ってのは聞いてたけど
マジ美人!!
カッコイイーー!!
惚れる!! 今以上に!

「先輩、先輩のそばにいるのは俺だけですーーーー」
・・・とはいかない現状。研究室助手問題、勃発!?


あ~・・・来たよっ! やっぱりね。
研究室での兄さんの、信頼の置ける有能な助手の座。
森永君としては誰にも渡したくないよね。

ではめくります~

まだ夜も明けてない時間に兄さんが大学院に出かける様子です。
前回、教授の紹介で助手に入ってた森永君の後輩達の失敗で
台無しになってしまった実験の遅れを取り戻すべく
ここ数日はずっとこんな感じなんだそうで・・・

そんな兄さんをみて森永君も一緒に出かけます。
「お前にあいつらまかせるから仕込んでくれ」
助手として力不足と思っても教授の紹介じゃ無下にもできませんよね。
そういうとこは兄さんも無茶なことはしないんだなぁ~とか意外に思ったり(笑)

「とりあえずは臨時だが・・・
 将来的には使えるよーうになってくれんと困るわ」


それを森永君に託すと言う兄さん。
うん、兄さんは後輩を育てるってのは向いてなさそうだもんね・・・

しかし二人が研究室に着くと
そこには誰もいなかったようです。

昨日の今日だし後輩達、まだボロボロで憔悴し切っているのでは・・・?
それとも森永君が戻ったから安心しちゃっているとか・・・?
教授に(もう巽先輩の助手は無理です)~と泣きついているとか・・・?


次~

「遅刻しないことだけが取り柄だったのに・・・
 それすら・・・」

兄さん、オドロ文字でぶるぶる怒ってます・・・;;

「今日からは俺も入るし楽になると思うよ
 先輩のやり方も教えるし慣れれば大丈・・・」


森永君のフォロー空しく・・・
森永君が後輩達を探して訪ねると
三人とももう兄さんの助手は無理と
蒼い顔をして逃げていってしまいました。

「・・・そんなことだろうと思った
 いいよ ほっとけ」


今頃<巽先輩の助手>の過酷さが
院全体に伝わってるんでしょうか?;;^^)

つぎ~

(もったいない・・・
 そりゃ先輩は厳しいけど・・・
 その分すごく勉強になるし
 タメになるのに・・・)


ものごとを評価できるのは同等か同等以上のものを
持ってないと無理なので
あの後輩達はまだ兄さんの研究を理解したり価値を共有する
レベルに達してないってことなんじゃないのかな?
優秀な学生だからってことだけではダメなこともあるのかも。
それともそういうことをわかっててもなお
助手はカンベンってことは・・・;;
兄さん、どんだけ~(もう古いなこのギャグ;;)

「足を引っぱられるくらいなら(助手なんか)いない方がいい」

という兄さんの健康を案じて
「だめですよ!
 先輩は放っとくと無理するんだから!」

(これは・・・っ オレがなんとかしないと!)


森永君、自分の跡目探しに立ち上がりました!

おーカッコイイよ! 
森永君がんばれ!!!

森永君自ら兄さんの助手を探そうという
気持ちになるとは思わなかったよ。

つぎ~

お~~~~~~~~~すごーーーーい!!!!!!!!
兄さん、意外(←ww)と人気者!!!!!!!!!!!!!!!

兄さんの助手候補にたくさんの学生達が研究室に集まっていました。

「巽さんの理不尽さは有名だからムリかなーと
 思ったけど・・・ それ以上に実績とコネがあるから
 案外喰いつく奴多かったぞ」

とは候補探しを手伝ってくれた山口君の弁。

兄さんのコネってなんだろ?
兄さんの助手をやると箔がつくとかw
(巽くんの助手がやれたんならもう何処に行っても耐えられるな)とか
教授からの評価が高くなるとかとかとか~?wwww

「なにしようってんだ!?」
と吃驚&怒ってる兄さんに
「先輩の助手候補の面接じゃないですか

兄さんが人気者ですごく嬉しそうな森永君です!

「またお前 余計なことしくさって!!」
森永君の首をぎぎぎと締め上げる兄さん・・・;;

つぎ~

森永君と山口君ふたりがかりで説得し
とりあえず面接に応じることになった兄さん。

「・・・やる気だけあったって仕方ねぇんだぞ
 仕方ねぇんだからな!」


兄さんが面接官って・・・(*^^*)ホワァ~~~

つぎ~

きたよっこれ!!

イケメン来たらぜったい森永君が取り乱すと思ってたけど
やっぱ来たよっすごいイケメンだよっ!!
でもってもしゲイだったら・・・攻めだよっ・・・ってなタイプ!!w

さわやか~~~なオーラを放ってるそのイケメン君。
そうだな~高永先生の今までのキャラだと
礼一郎さんと鬼島さんと桜木さんと加賀見さんを足して4で割った感じ。
涼やかな目もとの美青年です!

これは絶対以後の暴君にレギュラーで登場してもらいたいわっ
で、森永君をもっともっとギリギリさせてもらいたいわっww

(この面接
 オレの卒業後ずっと先輩と一緒に居る奴を
 選んでるってことじゃないかーーーーー!!)


森永君やっとそれに気付いたようです。

(審査基準見直さないと・・・ッ)オレ的基準をッ

森永君的基準って何?
まさかノンケかゲイかって聞けるわけもないしね~w

「彼のテーマは・・・先輩のとは
 ちょっと方向性が違いません・・・?」


イケメン君を落とすべくケチを付け始めた森永君。

つぎ~

森永君、ささっとイケメン君の書類を候補から外した模様ですw
この小ズルイ顔した森永君がかわいいわw

次の候補生は美女!! 
「巽先輩の論文拝見して・・・すごく感銘を受けました!
 ぜひ研究ご一緒したくて・・・


(超!! キケン!!人物!!)
森永君もう目がまっしろwwww

イケメンとは言いがたい「愚鈍そう」な人物のときには
積極的にプッシュ!!!

いや~わかんないよーーー人は見かけじゃないよ~~www

つぎ~

森永君の挙動不審な態度に訝り
いったん面接を休憩し
兄さんは森永君をすみっこに引きずって行きました。

「よし じゃあ 何考えてるかじっくり聞こうか・・・」
「なっ何も 変なこと考えたりしてないですけどっ」
「うそつけ 
 あからさまに挙動不審じゃねぇか・・・
 正直に言わんと今晩家に入れんからな」
 

怒ってる兄さん、かっこいいわー*^^)

すみっこに追いやられた森永君。
泣きながらぼそぼそ呟きます。

「イケメンとか美人なんて・・・キケンすぎるし・・・」
「ああ? 聞こえんぞ?」
「イケメンや美人じゃセンパイが
 心うごかされないともかぎらないく・・・」
「もっとハッキリ言え!!」


ここって研究室のすみっこだよね・・・
研究室から出たわけじゃないとこでこんな
いちゃいちゃ(これも二人のイチャだからw)してて大丈夫なの?

つぎ~

「だから~~~~
 イケメンと美人はNGなんです~~~~!!」

「死ねッッ」


とうとう兄さんの強烈な鉄拳を受ける羽目に・・・;;^^)
なんか血しぶきが飛んでるような・・・;;

(俺・・・森永とは親友だけど
 時々何考えてるか解らん時あるな・・・)

山口君の冷静なつぶやきがおかしい・・・www

「もうお前の意見は一切聞かねーからな!!」

選考員から外された森永君・・・
面接はその日の夜までかかったということです。

というところで<TO BE CONINUED>

いったい希望者、何人いたんだろう?
すっごい狭き門なんだな~

解決策は
イケメン君と美人と二人とも採用すればいいんじゃない?

ふたりきりがキケンなんで三人ならね。
イケメン君と美人の間に恋が芽生えれば
兄さんは完全に安全圏ですぞ。

ただし助手の仕事に支障が出るかもしれんけどw
いやいや優秀な二人ならそこはプライベートと研究。
きっちり線引きできるよね。
兄さんと森永君みたい・・・に・・・

まてよ・・・
研究の最中でも森永君はよからぬことを
考えてたっけ・・・;;^^)

イケメン君と美人と
二人とも兄さんを追っかけまわすはめになれば
危険度も二倍ですがw

いっそ愚鈍くんも入れて三人採用すれば
兄さんの負担もかなり軽くなると思いますよ。
その愚鈍くんが一番キケンだったり
優秀だったりするかもだし~



ということで~~~~~~~~~~~~

今回は森永君の迂闊さと残念さが
いっきに発揮された回でしたね!

エロはなかったね! 
でもこういう暴君が好き!!
こういう二人の関係性が
ときにエロより萌えるな~~~~~~
・・・としみじみ思った今回の暴君でした。


ではでは~
最後までお付き合い下さってありがとうございました!

お茶して行ってね!



コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/02/11(月) 20:38:36 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する